【大学受験エバースタディ】~大学受験の勉強法~

英文法の問題集/参考書のおすすめランキング【センター基礎~早稲田慶應レベル】


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

435秒で読めます。

英文法の問題集/参考書のおすすめランキング【センター基礎~早稲田慶應レベル】

 

英文法の問題集/参考書のおすすめランキング【センター基礎~早稲田慶應レベル】

 

英文法の参考書って、色々ありますよね。

NextStageVintageForestスクランブルなどなど・・・

それぞれの参考書には、特色や狙いがあって、全ての受験生に対応しているわけではありません。

ぜひここでそれぞれの英文法の参考書の特徴やレベルを知って、自分の成績を上げてくれるものを選んでくださいね。

 

英文法の参考書は、大きく分けて3種類ある

 

英文法の参考書は大きく分けて、「講義型の参考書」、「辞書型の参考書」、「総合問題集」の3つに分かれます。

このうちのどれか1冊しか持っていない受験生がとても多いですが、それでは英文法の力は身につきにくいです。

それぞれの「目的」をしっかりと理解して、参考書を選んでいきましょう。

 

①英文法の講義型の参考書

 

英文法の5文型や比較、仮定法など、英文法を理解させてくれるのが、講義の参考書です。

語り口調で、講師の方が指導してくれているようなイメージで勉強できるので、1からでも英文法を深く理解できます。

NextStageやVintageといった、英文法の総合問題集は持っているけれど、講義の参考書は一切触れていないという受験生が、とても多いです。

しかし学校や予備校で受けた英文法の講義を一度受けただけでは、インプットの部分で抜けがかなりあるでしょう。

ですから既に講義を受けた受験生も、そうでない受験生も、講義の参考書は必ず1冊勉強するようにしましょう。

 

大岩のいちばんはじめ英文法【超基礎編】

 

大岩のいちばんはじめ英文法【超基礎編】

 

中学生レベルから、とにかく丁寧に解説してくれているのが、「大岩のいちばんはじめ英文法」です。

いままで英文法はそんなに勉強してこなかったけれど、これから本気で受験勉強に取り組みたいという受験生にぴったり。

英語があまり得意でない受験生も、「大岩のいちばんはじめ英文法」でじっくりと英語を学びなおせば、「英語分かる!」という感覚になり、英語が好きになっていくかもしれませんよ。

 

大岩のいちばんはじめの英文法の使い方&勉強法 大岩のいちばんはじめの英文法の特徴 大岩のいちばんはじめの英文法は、東進ブックスから発行されている英文

 

関先生が教える世界一わかりやすい英文法の授業

 

関先生が教える世界一わかりやすい英文法の授業

 

中学レベルの英文法はしっかり理解できていたのに、高校に入ってからちょっとずつついていけなくなってしまった・・・。

という受験生におススメなのが、「関先生が教える世界一わかりやすい英文法の授業」です。

インターネット上のレビューでも、「解説が詳しくて、とにかくわかりやすい」と評判。

細かい所を漏らさずにというよりは、全体像を理解させてくれるので、高校の英文法を勉強する1冊目の参考書に最適です。

 

関正生の世界一わかりやすい英文法の使い方と勉強法 有名講師の「関正生」先生が執筆した、超わかりやすいと評判の「関正生の世界一わかりやすい英文法の授業」。

 

深めて解ける! 英文法 INPUT

 

深めて解ける! 英文法 INPUT

 

英文法を「理解」することに特化した参考書で、丸暗記ではなく、理屈を教えてくれます。

「なるほど、そういう事だったんだ!」という発見が多く、今まで勉強した英文法の知識も、一気に磨き上げられます。

かなり分厚く、勉強量も多くなりますが、センター試験はもちろん、難関国公立・早稲田慶應レベルの英文法とも、しっかりと戦える英文法力が身につくでしょう。

 

②英文法の辞書のような参考書

 

講義の参考書は、教えて理解させることが目的なので、細かい部分にはどうしても手が届かないことが多いです。

細かいところまで解説しすぎると、かえって分かりにくくなってしまいますからね。

そのため英文法を細かく解説した、辞書のような参考書を1冊持っていると、つまずいたときに役立ちますよ。

 

Forest

総合英語Be

・VisionQuest

ブレイクスルー英語総合

・基礎からの新々総合英語

 

といったところが、有名な辞書的な参考書です。

どれを使っても大差はありませんので、デザインが好きなものを1冊、大切に勉強していきましょう。

 

③英文法の総合問題集

 

インプットした英文法の知識をもとにして、本番で得点できるアウトプット力をつけていくのが、英文法の総合問題集です。

そのため解いて深く理解するというよりは、とにかくたくさん問題を解いて、体を慣れさせていくイメージです。

 

NextStage

スクランブル

Vintage

 

これらの3つは、有名な英文法の総合問題集です。

どれも分量が多く、1冊を全部マスターするというのは、とても大変な作業です。

ですが1冊で良いので、マスターしてしまえば、大学受験の英文法の問題は、得点源にできるほどの力が身に付きます。

とにかく大切なのは、「どれでも良いので、1冊をしっかりとマスターすること」です。

 

全解説頻出英文法・語法問題1000

 

全解説頻出英文法・語法問題1000

 

上記3つの英文法の総合問題集に比べて、ワンランク難易度が高いのが、「全解説頻出英文法・語法問題1000」です。

NextStageなどを1冊マスターした後、もっと英文法の得点力を上げて、英文法で点数を稼ぎたいという受験生におススメです。

これまで勉強した内容の抜け漏れを、総復習できるという意味でも、受験の直前期におススメです。

 

英頻とネクステどっちがいい?正しい使い方と勉強法 全解説頻出英文法・語法問題1000(英頻)は、NextStage(ネクステ)やVintage、スクランブ

 

全解説実力判定英文法ファイナル問題集

 

全解説実力判定英文法ファイナル問題集

 

「仮定法」、「比較」など、単元ごとに分かれておらず、全ての問題がランダムになっているのが、「全解説実力判定英文法ファイナル問題集」です。

単元ごとに分かれていると、どうしても「この単元だから、これが正解だろう」と、なんとなく予想が立てられてしまいます。

ですが実際の入試問題では、全ての単元がランダムで出題されるので、戸惑う受験生も多いんです。

ですから最後の演習として、「全解説実力判定英文法ファイナル問題集」に取り組んでおくと、得点力がグッと上がるでしょう。

 

全解説実力判定英文法ファイナル問題集の使い方&勉強法 全解説実力判定英文法ファイナル問題集の特徴 この問題集は、大学入試レベルの英文法・語法・イディオム・会

 

英文法の問題集/参考書のおすすめランキングまとめ

 

英文法の参考書には、それぞれ種類があるという事が、分かっていただけたと思います。

同じレベルで、同じ種類のものを何冊も持っていて、どれもうろ覚えになっているという受験生が、とにかく多いです。

何冊の参考書に取り組んでも、1冊をマスターできていないと、どの参考書でも同じ部分がニガテになっていて、結局のところ力はつきません。

そうならないように、同じ種類・レベルの参考書は1冊で良いので、それを何度も繰り返して勉強するようにしましょう。



⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら




大和@受験講師
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。
英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。

しかし、浪人期にインターネット上で 「誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法」 を発見し、偏差値を77.7まで上げ、早稲田大学に合格。
通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。

自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。
開発した「英語長文専用勉強法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。
⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら



無料で、英語 長文の読み方を公開中


無料メールマガジン:英語 長文専用勉強法

たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める方法



単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値77.7、全国4位まで登りつめました。
その具体的な「英語 長文の読み方」を、無料でお伝えしています。
短期間で一気に偏差値を上げ、色々な人に自慢したいあなたはぜひ登録してください。










2:14 AM