深めて解ける英文法INPUT&OUTPUTの使い方&勉強法【早慶レベル】




⇒1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた「秘密のワザ」はこちら

深めて解ける英文法の評判と使い方

深めて解ける英文法INPUT&OUTPUT

 

深めて解ける英文法の評判と特徴

 

深めて解ける英文法INPUTは、英文法を「理解」させてくれる参考書です。

語り口調になっているので、予備校の授業を受けているような感覚で進んでいきます。

オールカラーで印刷されていて、イラストも豊富なので、楽しく学んでいけるでしょう。

知識を詰め込むだけでなく、根本から理解できるので、英文法を使いこなせるようになります。

 

深めて解ける英文法OUTPUTは、学んだ知識をアウトプットするための問題集です。

問題数は1300問ほど。

NextStageVintage,スクランブルなどと似ていますが、こちらの方が解説が詳しいです。

理解した英文法が得点につながるようになるので、偏差値がグッと上がるでしょう。

INPUTもOUTPUTも、「なんだこれは!?」と思うほど分厚いです笑

>>偏差値が1ヵ月で40から70に!私が実践した「たった1つのワザ」はこちら

 

深めて解ける英文法のレベル

 

深めて解ける英文法は高校入学レベルから、東大京大・早慶レベルの英文法をマスターできる参考書です。

ただしどちらも量が多い分、英文法が基礎レベルからかなり危ういという受験生には、少し難しいかもしれません。

「成川の「なぜ」がわかる英文法の授業」という、同じ筆者が執筆した、より初心者向けの参考書があります。

こちらを先に取り組むと、深めて解ける英文法をより効果的に学べるでしょう。

>>「成川の「なぜ」がわかる英文法の授業」の詳しい解説はこちら

>>あなたは天才?凡人?60秒勉強センス診断はこちら

 

深めて解ける英文法の使い方

 

ステップ①まずは3周学ぼう

 

深めて解ける英文法INPUTを使って、まずは英文法を深く学びましょう。

「勉強するぞー」という感じではなく、英語を語学として学んでみよう」という意識で取り組んでください。

 

最初の1周目は、頑張って覚えようとしなくてOK。

読み物として、楽しく英文法の全体像を理解しましょう。

2周目はじっくり、重要な部分を記憶しながら読んでいってください。

3周目は細かい部分も覚えられるように、気合を入れて読み進めましょう。

ただし細かい部分まで全て覚えようとしていてはキリがないので、大事な部分を理解したら、OUTPUTを取り組んでいきます。

 

ステップ②OUTPUTへ

 

INPUTで学んだ知識を、OUTPUTで得点につなげていきます。

問題数が1300問と多いですが、最終的に全ての問題に正解できるようにしましょう。

 

深めて解ける英文法OUTPUTの素晴らしい所は、別冊でランダムの問題集がついていること。

NextStageやVintageなど、一般的な英文法の問題集は、「仮定法」、「動名詞」など単元ごとに分かれています。

これだと「動名詞の章だから、ingがつくだろう」と、予想ができてしまうんです。

深めて解ける英文法OUTPUTを使う際には、ランダムの問題集の方を解いて、より実践に近い演習をしていきましょう。

 

問題を解く際のポイントは、「ミスした問題には必ずチェックをつける」こと。

1300問以上の問題がありますから、2周も3周もしていたら、とんでもない時間がかかってしまいます。

ですから1周目でミスした問題にチェックをして、2周目以降はミスした問題だけを解いて、ニガテをつぶしていきましょう。

全ての問題に正解できるようになったら、英文法は相当な力がついています。

センター試験MARCHレベルの英文法は、かなり簡単に感じるでしょうし、難関国公立・早慶レベルの英文法とも戦えるようになっているはずです。

>>1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた「秘密のワザ」はこちら

 

深めて解ける英文法の使い方まとめ

 

・英文法を深く理解できる参考書

・3周読んで、じっくり学んでいこう

・ランダムの問題集を解いて、実践的に学ぼう

・ミスした問題には必ずチェックをつけて、全問正解できるようにしよう

 

>>【英文法の勉強法完全版】中学生レベルから早慶・難関国公立攻略!

>>もう迷わない!英文法の参考書・問題集の比較表はこちら



⇒あなたは天才?凡人?60秒勉強センス診断はこちら

⇒偏差値が1ヵ月で40から70に!私が実践した「たった1つのワザ」はこちら

⇒1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた「秘密のワザ」はこちら



⇒あなたは天才?凡人?60秒勉強センス診断はこちら

⇒偏差値が1ヵ月で40から70に!私が実践した「たった1つのワザ」はこちら

⇒1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた「秘密のワザ」はこちら


>>あなたは天才?凡人?60秒勉強センス診断はこちら

受験エキスパート
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。 英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。浪人期に図書館にこもって研究し、 「誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法」 を発券し、偏差値を73まで上げ、早稲田大学に合格。 通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。開発した「独自の英語長文読解法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。 大学入学共通テストや英検、TEAPの対策法も研究し、無料で公開している。
⇒あなたは天才?凡人?60秒勉強センス診断はこちら

⇒偏差値が1ヵ月で40から70に!私が実践した「たった1つのワザ」はこちら

⇒1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた「秘密のワザ」はこちら


>>1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた「秘密のワザ」はこちら


>>偏差値が1ヵ月で40から70に!私が実践した「たった1つのワザ」はこちら









この記事も読まれています

1

東大/京大/早慶の英語長文の読み方・解き方のコツを大暴露   このページの途中で、あなたの「勉強のセンス」を診断する簡単なテストがありますので、興味がある人はチャレンジしてみてください! は ...

Copyright© 大学受験の偏差値上がる勉強法 , 2020 All Rights Reserved.