【法学部英語】早稲田大学法学部の英語の傾向と対策&参考書勉強法


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら


⇒【天才?凡人?】3分勉強センス診断はこちら


この記事は44秒で読めます。

早稲田大学法学部の英語で合格点を取る対策&勉強法

 

 

早稲田大学は言わずと知れた難関大学。

その中でも法学部は、慶應大学経済学部・法学部・早稲田大学政治経済学部、と共に私大最難関であり、合格難易度は非常に高いです。

そんな法学部に合格するためには、徹底した対策を練らなければいけません。

丸腰で試験に挑んでも、不合格になるのは目に見えています。

 

この記事では、「早稲田大学法学部の英語で合格点を取る対策と勉強法」をお伝えします。

絶対に合格したい受験生は、最後までしっかりと読んでください。

 

>>【たった1カ月で】難関国公立・早慶の英語長文がスラスラ読めるテクニックはこちら

 

早稲田大学法学部英語の最強の対策&勉強法

 

早稲田大学法学部英語の問題は

長文2題

文法2題

英作文1題

自由英作文1題

の計6題です。

長文2題で50分、文法2題で10分、英作文が15分。

そして最後の自由英作文が15分といった時間配分を目安にしてください。

問題の難易度も高いうえに、時間制限も厳しいです。

 

長文問題の対策&勉強法

 

長文の難易度が非常に高いですが、それに加えて素早く読み切らなければいけません。

1文1文が非常に長いので、普通に読んでいては意味が取れなくなってしまいます。

なので、まずは1文1文を細かく、正確に読み取っていく必要があります。

英語長文レベル別問題集」、「英語長文ハイパートレーニング」などの、構文が詳しく解説してある問題集を解き、解説と同じように構文をふれるようにしてください。

 

そうすれば、1文1文を細かく読めるようになるので、法学部のような、文構造が複雑で1文1文が長い文章も意味が取れるようになります。

次の段階として、素早く読み切れるようにしなければいけないので、たくさん過去問演習をしてください。

1文1文を読めるようにしてから、速く読めるようにするという、段階を踏んだ勉強が必要になります。

 

また、法学部の長文は、段落要約問題です。

段落要約問題で必ず意識しなければいけないのは、選択肢を見る前に自分で要約を作り、それに一番近い選択肢を選ぶことです。

そうしないと、選択肢に引っ張られてしまい、元々は考えてもいなかったようなおかしな選択肢を選んでしまうことがあります。

「必ずこれが正解だ」とわかる選択肢がいくつかあるので、必ず先にそれらを確定します。

そして、確定した選択肢と同じ段落の内容の選択肢を消すことが出来ます。

このように1つ1つ選択肢を消していくと、それだけで正答率は大きく上がります。

 

2つ、3つに絞った選択肢から1つ正解を確定させる方法としては、

・具体的過ぎて言及する範囲が狭くなっている選択肢
・話が大きく、抽象的になりすぎてしまっている選択肢

を選ばないようにして、そのパラグラフの要点をそのまま書いてある選択肢を選ぶことです。

 

これはやや感覚的な部分も出てくるので、過去問を解く→解説を読むを繰り返して、パラグラフ要約問題の正解になりやすい選択肢のパターンを何度も何度も研究する必要があります。

この研究を行えば、感覚的に正解の選択肢がわかるようになります。

2択、3択で迷った時に悩んで時間をかけずに、スパっと正解を選べるようになるので、時間短縮にもなります。
(たとえ間違ったとしても、考える時間をカットできるので、それだけでも収穫です)

また、パラグラフを読み終えた後に、パラグラフのはじめ(スタート)とパラグラフの終わり(ゴール)をもう一度読むことで、要点をつかみやすくなります。

 

文法問題の対策&勉強法

 

文法問題はオーソドックスな文法問題と、前置詞を埋める問題が出題されます。

「なぜがわかる英文法の授業」を1冊熟読し、英文法を理解してください。

その後で、「NextStage」、「スクランブル」、「英頻」などの英文法の問題集を1冊完璧にしてください。

文法の問題集の勉強法は下記の記事を参考にしてください。

 NextStageの使い方&勉強法はこちら

英頻の使い方&勉強法はこちら

また、英単語英熟語を覚える際には、セットの前置詞も一緒に覚えるようにしてください。

そうすれば、頻出の前置詞を埋めさせる問題にも対応できるようになります。

 

英作文の対策&勉強法

 

英作文は、和文英訳の形で出題されます。

簡単そうに見えるけどなかなか書けないといった印象を受けます。

これは、英文を和文に訳す演習はたくさんしているのに、その逆はしていないからです。

だから、いざ英語にしてみようとしても、なかなか出てきません。

なので、「英作文ハイパートレーニング」を1冊しっかりと勉強し、英作文に慣れてください。

和文を英訳に直す時のコツやパターンがわかるようになります。

 

自由英作文の対策&勉強法

 

早稲田大学法学部の英作文は、与えられた議題に対して、反対か賛成かを述べるものです。

この問題も英作文と同じように、簡単そうでなかなか書けません。

なので、「自由英作文ハイパートレーニング」を勉強してください。

 

この参考書は、早稲田大学法学部の自由英作文の問題にピッタリです。

・反対か賛成を述べるにはどうしたらよいか。

・その意見をどうやって膨らませていくか。

・最後はどう締めていけば良いか。

をしっかりと学ぶことができます。

このポイントを押さえて自由英作文をかけるようになったら、後は何度も先輩や先生に添削をしてもらって、修正し続けてください。

 

早稲田大学法学部英語の対策&勉強法まとめ

 

ここまでが、早稲田大学法学部英語の対策と勉強法です。

普通に勉強していてはいわゆる「頭の良い受験生」しか合格することはできません。

しかし、ここまでしっかりと対策をしていれば、多少偏差値が低くても、滑り込める可能性は十分にあります。

「早大生」の称号を手にし、早稲田キャンパスで最高の4年間を過ごしたいあなたは、まずはもう一度この記事を読み直して、今日からの勉強法を考えてみてください。

⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら


⇒【天才?凡人?】3分勉強センス診断はこちら


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら


大和@受験講師

投稿者の記事一覧

現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。
英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。

しかし、浪人期にインターネット上で
誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法
を発見し、偏差値を77.7まで上げ、早稲田大学に合格。
通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。

自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。

開発した「英語長文専用勉強法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。

関連記事

  1. 【法学部英語】一橋大学法学部の英語の傾向と対策&勉強法
  2. 【理工学部合格勉強法】早稲田大学理工学部の英語の傾向と対策!
  3. 【総合政策学部英語】中央大学総合政策学部英語の難易度と傾向と対策…
  4. 【京都大学総合人間学部英語】京大総合人間学部の英語の対策法と勉強…
  5. 【経済学部英語】名古屋大学経済学部の英語で合格点を取る勉強法
  6. 法政大学スポーツ健康学部の評判と英語の傾向と対策用参考書
  7. 大学別対策!各大学の英語を徹底研究!
  8. 【理工学部英語】近畿大学理工学部の英語で上位10%に入る対策法

勉強法メニュー

勉強法メニュー

勉強法メニュー

勉強法メニュー

勉強法メニュー

勉強法メニュー

勉強法メニュー

ピックアップ記事

ピックアップ記事

ピックアップ記事

ピックアップ記事

ピックアップ記事




各大学で8割を超える対策法!

志望校の過去問を徹底分析した最強の対策法を伝授!これで8割越えは間違いなし!狙え特待生!

各教科で偏差値70を超える勉強法!

文系科目も理系科目も、全ての教科で偏差値70超えを目指す!勉強法から参考書の使い方まで!

不安スッキリ!大学受験Q&A!

受験に対する悩みや不安をスッキリ解決!これで受験勉強に集中できる!