【大学受験エバースタディ】~大学受験の勉強法~

パラグラフリーディングのやり方と勉強法のコツ!参考書で大学受験の英語長文攻略


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

440秒で読めます。

パラグラフリーディングの”正しい”やり方と勉強法

 

パラグラフリーディングのやり方と勉強法のコツ!参考書で大学受験の英語長文攻略

 

パラグラフリーディングは武器になる

 

入試英語で必ず出題される長文読解。

対策として必ず挙げられる「パラグラフリーディング」。

あなたはパラグラフリーディングを、ちゃんと理解できているでしょうか。

英語長文がニガテな受験生は、ぜひパラグラフリーディングを学んでください。

英語長文って、こうやって読めば良いんだ」と分かれば、今までよりもずっと読みやすくなりますよ。

>>英語の偏差値が40から70に上がる方法、知りたくないですか?➡

 

そもそもパラグラフリーディングって?

 

パラグラフリーディングとは、段落ごとの要点をしっかりと捉えながら読み進めていく読解法のことです。

「逆説が出てきたらチェックをつける!」、「人の主張が来たら重要!」というように、パターンを決めてチェックをつけるのが一般的。

ただしこの方法は、一歩間違えれば抜けるのが大変な大地獄にハマってしまう可能性があるんです。

 

私もその一人でした。

英語長文が読めず、何か魔法のようなテクニックはないかと探し、パラグラフリーディングに出会いました。

「Howeverやbutが来たら印をつける!」などと、テクニックを勉強して、いざ長文を読んでみる。

なんとなんと、今までよりさらに読めなくなってしまっていたんです!!

今まである程度は読めていた、センター試験レベルの英語長文まで苦戦するようになってしまいました。

英語長文が読めない状態で無理やりテクニックだけ覚えても、もっともっと混乱してしまうだけなんです。

 

パラグラフリーディングを学ぶのは、危険と隣り合わせだという事が分かっていただけたでしょうか。

テクニックにおぼれて本質を見失わないよう、パラグラフリーディングを深く理解していきましょう。

>>「センター試験の英語は読まずに解く!?」真相はこちら

 

パラグラフリーディングを勉強する前に

 

パラグラフリーディングは、パラグラフの要点をつかんでいく読解法。

つまり1文1文を読めていることが大前提なんです。

パラグラフリーディングを勉強する前に、まずは精読力を鍛えましょう。

1文1文が読めるようになる!スラッシュリーディングのやり方」をご覧ください。

 

精読力がつくまでは、パラグラフリーディングに頼ろうとしてはいけません。

英語を読むのではなく、小手先で点数を稼ぎにいこうとする変な読み方が身についてしまう可能性があります。

そんなクセが一度ついてしまうと、治すのはとても難しいです。

そして入試本番で、大崩れしてしまう危険性も秘めています。

>>あなたは天才?凡人?「勉強センス診断」はこちら

 

パラグラフリーディングのやり方と勉強法

 

ここでお伝えするパラグラフリーディングは、テクニック的なものではありません。

英語長文を読む力を、真っ向勝負で向上させるものです。

1文1文の英文が読めるようになったら、さらにその上を目指すために取り組んでいきましょう。

 

パラグラフリーディング手順①冒頭と結論を先に読む

 

まずは最初と最後のパラグラフに目を通して、文章全体の流れを把握しましょう。

テーマと結論が先に把握できれば、「このテーマの話を進めていって、最後にこう結ばれるんだな」という予想ができます。

そうするとその流れに沿って読んでいけるので、文章が頭に入ってきやすくなるんです。

頭から読み進めている場合に比べて、ヒントが多くなるという事ですね。

 

例えば冒頭で「英語は世界中で使われている言語だ」と述べていて

最後の段落で「どの言語も等しく大切で、自国の文化や伝統は守らなければいけない」と書いてあったとします。

そうするとなんとなく、「最初の方では英語が広まっていて、とても大事な言語だ。」という事が話されて、途中から、「しかし自国の言語や文化、伝統も大切にしなければいけない」という話に移っていくだろうな。という事が分かるでしょう。

 

テーマが取れない場合

 

冒頭を読んでも、テーマが書かれていない場合もたまにあります。

その時はテーマが分かるまで、いつも以上に丁寧に英文を読んでいってください。

テーマを捉える前にガンガン読み進めてしまうと、何も分からないまま最後まで読み終わってしまう可能性が高くなります。

 

パラグラフリーディング手順②要点を考えながら読む

 

テーマと結論を頭に入れたうえで、文章を読んでいきます。

大切なのは常に、「要点を捉えながら読む」のを意識することです。

「この文章は何が言いたくて書かれているんだ?」と常に考えながら読んでいきましょう。

そうすると自然と、「ここが大切だな」、「ここはあんまり重要だじゃないな」というのが分かるようになります。

「Howeverがついているから大切!」と考えるのではなく、「この流れで来て、逆説もついているから絶対に重要だ」と理解しながら読めるようにならなきゃいけないんです。

 

現代文でも同じです。

スマホを見ているときや、本を読んでいるときなど。

入試以外の文章を読むときに「しかし」がついているから重要だ!なんて考えるでしょうか?

要点というのは、文章を読み進めていく中で分かるものであって、接続詞に記号をつけて捕まえるものではないですよね。

そして仮に文章を読まずに要点を捕まえられたとしても、そこまでの流れが頭に入っていないと、全く使い物にならないんです。

ですから常に、「この文章は、何が言いたいんだ?」というのを考えながら文章を読む訓練をしてください。

そうすれば自然と、長文を理解するが身についていきますよ。

 

パラグラフリーディング手順③要約を作る

 

文章を読み終えたら、要約を作る訓練をしましょう。

①意味段落ごとの要約

②文章全体の要約

この2つを作っていきます。

 

意味段落とは、文章を大きくいくつかに分けたもの。

1つ1つの段落ではなく、文章を大きく分けた時の段落の塊のことですね。

意味段落の要点を捉えられるようになると、文章の論理展開が理解しやすくなります。

 

そして文章全体の要約も作りましょう。

私大でも国公立でも、文章を要約させる問題は頻出。

文章を読む力だけでなく、得点力も上げられるのでおススメですよ。

作った要約は解説と見比べて、しっかりと要点が捉えられているかを確認しましょう。

>>さらに読解力を上げたい方は、「正しい音読のやり方」をご覧ください

 

パラグラフリーディングの”正しい”やり方と勉強法まとめ

 

・パラグラフリーディングは、1文1文が読めるようになってから取り組む

・テクニックに頼るのではなく、要点を捉えながら読む力を身につける

・常に「この文章は何が言いたくて書かれているんだ?」という事を考えながら読む

>>もっと詳しく英語長文の読み方を勉強したい受験生はこちら

 

>>英語の偏差値が40から70に上がる方法、知りたくないですか?

>>60秒でできる!あなたの勉強センス診断はこちら





⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡
大和@受験講師
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。
英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。

しかし、浪人期にインターネット上で 「誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法」 を発見し、偏差値を77.7まで上げ、早稲田大学に合格。
通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。

自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。
開発した「英語長文専用勉強法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。


⇒【天才?凡才?】60秒勉強センス診断はこちら!
⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら➡

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡



無料で、英語 長文の読み方を公開中


無料メールマガジン:英語 長文専用勉強法

たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める方法



単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値70.4、全国22位まで登りつめました。
その具体的な「英語 長文の読み方」を、無料でお伝えしています。
短期間で一気に偏差値を上げ、色々な人に自慢したいあなたはぜひ登録してください。







11:18 AM

人気記事一覧