英語スラッシュリーディングの正しいやり方と効果的な参考書練習法【大学受験】








537秒で読めます。

スラッシュリーディングの参考書を使った練習法とやり方

 

英語スラッシュリーディングの正しいやり方と効果的な参考書練習法【大学受験】

この記事にたどり着いた方は、英語の長文がなかなか読めず、苦労しているかもしれません。

その打開策として、スラッシュリーディングに取り組もうとしている方も多いでしょう。

私も現役の時は英語の長文がどうしても読めず、スラッシュが書いてある長文をたくさん読んで、何とか乗り越えようとしました。

しかし結果は全く出ずに、偏差値は40ほど、日東駒専を含む12回の受験はすべて失敗。

スラッシュが書かれた文を読んでいるときは、なんとなく読めるようになっている気がするのですが、初見の少し難しい長文が全く読めませんでした。

 

そんな状況から浪人して、自分なりに「英語の長文が読めるようになる方法」を徹底的に研究。

たった1ヵ月で40だった偏差値は70を超え、早稲田大学にも合格できました。

「スラッシュリーディングに取り組めば、長文が読めるようになるかもしれない!」と考えている受験生は、注意が必要です。

長文の読み方を根本から理解して、正しいトレーニングを積み重ねていかないと、長文は読めるようになりません。

↑のボタンから友達追加をして頂ければ、すぐに無料で「私の英語長 文の読み方」をお教えします!

このLINEアカウントに登録して、自動的に料金が発生することは一切ございません。

「追加」と「トーク」のボタンが表示されますが、必ず「追加」を選んでください。

 

スラッシュリーディングに取り組む前に

 

スラッシュリーディングに取り掛かる前に、英語の文章を読むことについて、もう一度考えてみてください。

英語の文章は結局、1文1文が正しく訳せていれば、問題なく理解できるんです。

しかしその一番大切なところを飛ばして、パラグラフリーディングやスラッシュリーディングなど、テクニックに頼ってしまいがち。

現役の時の私が良い例ですが、英文が読めない状態でどんなテクニックに手を出しても成績は上がりませんし、魔法のような読解法など存在しません。

それを理解したうえで浪人してからすぐに、「1文1文を正確に、正しいルールのもとに読んでいく」ことだけを考えて、1ヶ月間トレーニングを積み重ねました。

すると一気に英文が読めるようになり、英語の偏差値は急激に上がり、英語の勉強が本当に楽しくなっていきました!

だからこそ皆さんにも、ありもしない魔法のようなテクニックに頼ろうとするのではなく、まずは「正しく英文を読む」ことに力を入れて頂きたいんです。

>>私から「正しい英文の読み方を身につけるトレーニング」を教わりたい方はこちら

 

スラッシュリーディングは必ず必要?

 

私は「1文1文を正確に読む」ためのトレーニングをしただけで、MARCH過去問では安定して8割以上取れるようになり、偏差値も70を超えました。

そこからはより深く英語の文章を理解するために、論理的な読解法を身に付け、早稲田大学にも合格。

つまり難関大学に合格するために、必ずしもスラッシュリーディングが必要だということではないんです。

一定のレベルの読解力が身に付いて、さらにスラッシュリーディングが必要だと感じれば、取り組んでみてください。

まずは1文1文を正確に読めるようにし、MARCHや関関同立レベルで難なく合格点を取れるようにすることが最優先です。

>>1ヵ月で偏差値70を超えた、スラッシュリーディングよりも重要な勉強法はこちら

 

そもそもスラッシュリーディングとは?

 

スラッシュリーディングはその名の通り、スラッシュを文の区切りの部分に打っていくことで、1つの文を細かく分けて読む方法です。

英文が理解できない最大の原因の1つは、「1文を左から右へ、ただ読み流してしまう」ことにあります。

1文を目で追って読んでるつもりなのに、読み切ったときにイマイチ理解しきれていない。

文章を最後まで読み切っても、なぜか頭に内容が入っていない。

そんな受験生におススメなのが、スラッシュリーディングです。

 

スラッシュリーディングの練習法としては、「英語長文ハイパートレーニング」など[/]が振ってある文を音読するのが一般的です。

スラッシュが補助となっているので、英文がとても読みやすくなっています。

 

ただしこのスラッシュを、自分で書けるようにならないと意味がないんです。

私も現役時代、ひたすらスラッシュの振られた文を音読し、長文がスラスラ読めるような感覚になりました。

しかし実際に入試本番や過去問で初見の長文を読んで見ると、読めない・・・。

当然初見の文はスラッシュが振っていませんから、音読していた時のようには読めないんですね。

感覚でスラッシュを書きながら読んでいましたが、それではダメなんです。

感覚で書いたスラッシュは、英文を読みやすくしてくれるどころか、英文を間違った解釈でとらえてしまうんです。

 

そうならないように、自分で正しくスラッシュを書けるようにしましょう。

そうすれば1文1文を読み流すことなく、理解しながら読めるようになります。

文章を読み切ったとき、内容が頭にバッチリ入っているでしょう。

結果、設問にも自信をもって答えられるようになりますよ。

>>英語の偏差値が40から70に上がる方法、知りたくないですか?➡

 

どうすれば、正しくスラッシュが書けるようになるの?

 

そもそもスラッシュは、どんなルールに沿って書かれているか知っていますか?

スラッシュは英文の構造、つまりSVOCや前置詞を基準に書かれているんです。

つまりスラッシュリーディングとは、簡単に言えば構文をしっかりと理解しながら読んでいくということなんですね。

自分で無意識に構文が取れるようになれば、スラッシュが書かれている文を読んでいるのと同じ感覚で、入試本番の英語長文が読めるんです。

周りの受験生と比べて、圧倒的に有利ですよね?

入試本番で英語長文をスラスラ読めるようにするために、構文を取れるようにしましょう。

>>【無料LINE講座】無料で英語の勉強法を教わりたい受験生はこちら

 

どうすれば、構文を取れるようになるの?

 

構文を取れるようにするためには、まずは5文型を理解しましょう。

英文の成り立ちを知るところからです。

そのうえで自分で、構文を何度もペンで書きこむことで、体に覚えこませていきます。

おススメの参考書は「英文解釈の技術」や「英文熟考」です。

詳しく構文の振り方が書いてあるので、頑張れば頑張るほど構文が振れるようになりますよ。

>>「英文解釈の技術」の正しい勉強法はこちら

>>「英文熟考」のハイレベルな使い方はこちら

 

構文が振られた長文を、たくさん読もう

 

構文が振れるようになったら、後はどんどん読み込んでいきます。

自分で構文を振った文や、「英語長文ハイパートレーニング」や「英語長文ポラリス」などの構文が振ってある長文を、繰り返し読みましょう。

ちょっと大げさに感じるくらい、構文を意識しながら文を読んでいってください。

この作業は「英文を1つ1つ理解する」ことが目的です。

何度も何度もその作業を繰り返すまでは、音読をしてはいけません。

声に出して読みながらだと、そっちに意識が集中してしまうので、「理解」の精度が落ちてしまう可能性がありますからね。

>>「英語長文ハイパートレーニング」の勉強法はこちら

>>「英語長文ポラリス」の正しい使い方はこちら

 

構文を取りながらその文章をスラスラ読めるようになったら、やっと音読に移ります。

ここまで理解した文を音読するからこそ、効果があるんです。

最終的には初見の長文を読んだときに、目で見て自然と構文が取れるようになることを目標にしましょう。

 

ここまで英語の文章の読み方を詳しくお伝えしてきましたが、もっともっと深く勉強して、成績を大きく伸ばしたいという受験生の方。

LINEにて無料で英語の勉強法をお伝えしているので、ぜひ登録してみてください!

このLINEアカウントに登録して、自動的に料金が発生することは一切ございません。

「追加」と「トーク」のボタンが表示されますが、必ず「追加」を選んでください。

 

英語スラッシュリーディングの効果的なやり方と練習法まとめ

 

・スラッシュリーディングは、英文を読み流しがちな人におススメ

・やみくもにスラッシュリーディングをするのは危険

・自分で構文が取れるようになれば、自然と英文がスラスラ読めるようになる

>>英語長文の読み方をもっと詳しく知りたい受験生はこちら


↑のボタンから友達追加をして頂ければ、「無料」で私が英語の偏差値を40から、70.4まで上げた勉強法をお教えします!
このLINEアカウントに登録して、自動的に料金が発生することは一切ございません。

⇒センター試験の英語で「満点」を狙う回答テクニックはこちら

⇒時間がない!合格を諦めかけている受験生はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡

⇒【無料LINE講座!】受験英語を無料で教わりたい受験生はこちら

>>30日で早慶・国公立の長文が読めるようになる方法はこちら

受験エキスパート
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。
英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。

しかし、浪人期にインターネット上で 「誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法」 を発見し、偏差値を77.7まで上げ、早稲田大学に合格。
通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。

自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。
開発した「独自の英語長文読解法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。
センター試験の英語の対策法も研究し、無料で公開している。






⇒今日から使える!センター英語の回答テクニックはこちら























【無料】LINEで英語長文の読み方を教えています!


たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める方法


単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値70.4、全国22位まで登りつめました。
その具体的な「英語長文の読み方」を、無料でLINEにてお伝えしています。
短期間で一気に偏差値を上げ、色々な人に自慢したいあなたはぜひ登録してください。


↓の「友達追加」を押した後、「追加」を押してください。
【登録者限定!】無料でセンター試験の英語で満点を取る回答テクニックもプレゼント中!


Copyright© 大学受験の偏差値が上がる勉強法 , 2019 All Rights Reserved.