超効率大学受験独学勉強法まとめブログ

UPGRADE英文法・語法の使い方と勉強法!【センター~早稲田慶應レベル】


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

314秒で読めます。

UPGRADEで早稲田レベルの英文法を得点源にする使い方&勉強法

 

UPGRADE
アップグレードは、NextStageやスクランブルなどと並ぶ、有名な英文法の問題集です。

この問題集は、網羅性が高いうえに、前置詞や接続詞などの細かい部分の解説も非常に詳しいです。

そして、出題頻度の高い問題を厳選しているので、点数のアップに直結します。

白黒ではなく、カラー印刷されています。

重要事項もみやすくまとめてあり、解説も非常に詳しいので、途中で受験生が挫折しずらくなっています。

 

UPGRADEのレベル

 

対象とする受験生のレベル

 

アップグレードは問題集なので、文法を1から勉強する受験生には向いていません。

基礎が出来ていない状態で問題を解いても、答えの丸暗記になってしまうからです。

まずは講義系の参考書を1冊勉強してからアップグレードに入っていきましょう!

 

到達レベル

 

英文法の問題はどこの大学も基礎的な問題が多く、基礎が完璧になっていれば合格点が取れます。

そのため、アップグレードを1冊完璧にすれば、全国の私立大学から国公立または難関私立大学まで全てをカバーできます。

応用問題は過去問をやっていく中で覚えていくことで、基礎と応用の両方の力が身につきます。

 

>>【たった1カ月で】難関国公立・早慶の英語長文がスラスラ読めるテクニックはこちら

 

アップグレードは文法だけじゃない!

 

世にある有名な英文法の問題集は、大抵のパートが文法パートの対策になります。

しかしアップグレードは違います。

発音やリスニング対策のための会話パートも付いています。

したがって、アップグレードを1冊完璧にすれば、受験英語の基礎を幅広くガッチリ固める事が出来ます。

今まで高校で習ってきた英語の復習と共に、単元を進めて勉強していくにつれて、少しずつ基本から中級レベルまでの受験英語を身につくことができます。

終盤になると、やや高度で複雑な文法の問題も出てくるので、詳しい解説を読み、更に実力を伸ばしてください。

ここまできたらもう大概の難関大学までの受験英語を幅広くカバーできています。

 

UPGRADEの最強の使い方&勉強法はこれ!

 

学校や予備校などでしっかりと長い時間をかけて英文法の講義を受けてから、アップグレードなどの英文法の問題集に取り組むのが一般的です。

しかし、この勉強法だと、長い時間かけて講義を行うので、アウトプットを始める時には、大部分を忘れてしまっています。

空の状態でアウトプットすることになるので、答えの丸暗記になってしまいます。

本来成績を上げるために最も大切なアウトプットがおろそかになってしまうのです。

結果、センターレベルの文法の問題はある程度解けても、肝心な英語長文を読むための英文法力や、難関大の英文法を解く力はつきません。

これはUPGRADEの間違った使い方・勉強法です。

 

そうならないために、講義系の参考書を1テーマ学習し終えたら、アップグレードの同じテーマの部分を解いてください。

インプットしてすぐにアウトプットを行うので、知識がしっかりと定着します。

暗記ではなく理解して英文法を吸収することができます。

 

また、アップグレードは入試問題から抜粋しているため、簡単な問題ばかりではありません。

初見で解けなくても気にしすぎずに、最終的にすべての問題に正解できるようになっていればOKと考えてください。

アップグレードには左側に問題があり、右側には解答と解説があります。

初めの数回はまずは解答や解説を見ないでできる限りの力で問題を解きます。

アップグレードは非常に分量が多く、一回こなすだけで完璧にすることはできません。

1周目→ミスした問題をチェック
2周目→1周目でミスした問題を解く
3周目→2周目でミスした問題を解く

と言うように、ミスした問題をピンポイントで勉強してください。

それを繰り返すことで、やっと1冊が完璧になります。

2回や3回、一通り解き終えたから終わりという使い方・勉強法は厳禁です。

 

右側の解答解説ページの内容は入試でも頻出ですので、答え合わせをするだけでなく、しっかりと熟読してください。

英文法力をアップグレードでしっかりと鍛えることで、英語長文の読解力にもつながっていきます。

 

UPGRADEの使い方&勉強法まとめ

 

アップグレードを何周も学習し、完璧になったら、実践的な演習に入っていきます。

アップグレードは「仮定法」、「比較」など、分野ごとに問題がまとまっているため、ランダム形式の英文法の問題集を解く必要があります。

「全解説実力判定英文法ファイナル問題集」がオススメです。

日々過去問演習を行い、アップグレードで身に付けた力を土台にして文法力をどんどん上げていきましょう。

これで大学受験の英文法対策は完璧と言えます。

現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。
英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。

しかし、浪人期にインターネット上で
誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法
を発見し、偏差値を77.7まで上げ、早稲田大学に合格。
通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。

自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。

開発した「英語長文専用勉強法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。

⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら



無料で、英語 長文が読める勉強法を公開中


無料メールマガジン:英語 長文専用勉強法

たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める勉強法



単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値77.7、全国4位まで登りつめました。
その具体的な勉強法を、100名限定・無料でお伝えしています。
短期間で一気に偏差値を上げ、色々な人に自慢したいあなたはぜひ登録してください。













-大学受験 英文法の対策と勉強法

合わせて読みたい記事!



⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら