竹岡の英文法・語法ULTIMATE/アルティメット600題のレベル/難易度と使い方【MARCH/早慶】


竹岡の英文法・語法ULTIMATE/アルティメット600題

受験生
ランダム形式の問題集の鉄板「竹岡アルティメット600題」について詳しく解説していきます!

記事と筆者の信頼性

・筆者は模試の優秀者として掲載され、早稲田大学に合格

・手元に「竹岡アルティメット600題」を用意して、中身を見ながらレビュー

・大量の参考書、問題集を分析している「参考書マニア」

・予備校講師として、2,000人以上の受験生を指導

 

竹岡の英文法・語法アルティメットとは

竹岡アルティメット600題の特徴まとめ表

竹岡の英文法・語法アルティメットはランダム形式で演習できる、英文法の問題集。

下の写真のように、ランダム形式で問題が掲載されています。

竹岡アルティメット600題の中身

NextStageVintage、スクランブルと言った英文法の問題集は「仮定法」「比較」など、分野ごとに問題が分かれています。

ですから「この章は比較だからerがついてるのが正解だな」など、なんとなく答えが予想できてしまうんです。

そして入試本番や模試でランダムで英文法の問題が出題されると、答えられない

受験生に共通する悩みで、差がつくポイントでもあります。

だからこそ「竹岡の英文法・語法アルティメット」がおすすめ。

オーソドックスな形式の英文法の問題がランダムで600問も演習できるので、英文法の得点力がグッと上がります。

 

解説がとても詳しい

英文法の問題集は解説が簡素なものが多いですが、竹岡の英文法・語法アルティメットはとても解説が詳しいので、疑問を残さずに先へ進んでいけます。

下の写真のように、たった2問でこれだけの解説量があります。

竹岡アルティメット600題の解説

1問1問の解説がとても詳しいうえに、「アルティメットルール」の部分で補足の情報まで学べます。

>>1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた「秘密のワザ」はこちら

 

問題冊子を取り外せる

竹岡アルティメット600題は問題冊子を取り外せるので、分厚い参考書を押さえつけながら解く必要がありません。

竹岡アルティメット600題の問題冊子

この工夫は意外と大きく、ストレスなく問題を解き進められます。

ちなみに解説がとても詳しいので、解説だけで下の写真くらいの分厚さがあります!

竹岡アルティメット600題の解説

>>1ヶ月で早稲田慶應・難関国公立の英語長文がスラスラ読めるようになる方法はこちら

 

竹岡の英文法・語法アルティメットの難易度

竹岡の英文法・語法アルティメット600題は、基礎~上智・MARCH・関関同立レベルの問題が多くなっています。

早慶や東大京大といった、難関国公立レベルとなると、やや不足する部分もあります。

対象の偏差値は55~63ほどで、基本的な英文法の総復習にもってこいです。

 

取り組む前の注意点

培ってきた知識をチェックして、穴を見つけるという目的の問題集なので、英文法の土台が固まっていない状態で取り組んでもほとんど意味はありません。

基本的な英文法のインプット・アウトプットをしてから取り組みましょう。

講義形式の参考書で英文法を理解したうえで、NextStageやVintageなどの問題集を1冊完璧にマスターして、まずは土台を固めてください。

その上で竹岡の英文法・語法アルティメットがマスターできれば、大学受験における一般的な英文法の問題はかなりカバーできるようになります。

>>1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた「秘密のワザ」はこちら

 

竹岡の英文法・語法アルティメットの使い方

ステップ①時間を測って問題を解こう

竹岡の英文法・語法アルティメットは20問1セットで、30ユニットあります。

1セット当たり10分ほどを目安に解き進めると、入試本番でも時間内に解き切る力が身に付きます。

時間を意識して解くようにしないと、入試本番の時間制限に焦って、ミスが多くなってしまうでしょう。

 

小まめに丸付けをしよう

1セット解いたら答え合わせをして、解説を読みましょう。

一気に問題を解き進めてしまうと、丸付けや解説の理解があいまいになってしまいます。

1セットが完璧になったら、次のセットへと進んでいき、30ユニットを制覇しましょう。

ミスをしてしまった問題には、必ずチェックをつけておいてください。

2周目以降で、重点的に復習できるようにするためです。

>>1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた「秘密のワザ」はこちら

 

ステップ②復習しよう

最後まで解き終えたら、ミスしてしまった問題を必ず解きなおしましょう。

チェックした問題だけをピンポイントで復習することで、より効率的に文法の力を伸ばせます。

全ての問題をミスなく答えられるようになったら、竹岡アルティメット600題は完璧です!
筆者

>>1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた「秘密のワザ」はこちら

 

ステップ③弱点の補強

竹岡アルティメット600題を解いてミスした問題の、傾向を分析してみましょう。

例えば仮定法の問題にミスが集中していれば、仮定法を勉強しなおします。

仮定法のルールを深く理解した後、問題をたくさん解いてください。

弱点をあぶり出して補強することこそ、ランダム形式に取り組む目的でもあります。

>>1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた「秘密のワザ」はこちら

 

竹岡の英文法・語法アルティメットが終わったら次は

竹岡の英文法・語法アルティメットが終わったら、英文法の力はかなり磨かれています。

後は過去問演習を繰り返して、志望校別の問題傾向に慣れていきましょう。

問題を解いていく中で「知らない知識」を1つ1つ追加していくことで、解ける問題がどんどん増えていきます。

入試本番までにどれだけ問題を解けるかで、文法の得点力が決まりますよ。

もう1ランク上のランダム形式の問題集では「英文法ファイナル問題集 難関編」があるので、こちらに取り組むのも良いでしょう。

 

竹岡の英文法・語法アルティメットのレビューまとめ

ポイント

・ランダムで英文法の問題を解ける、とても解説が詳しい問題集

・英文法の土台をガッチリ固めてから取り組む

・1ユニットごとに完璧にしていって、30ユニットを制覇しよう

・ミスした問題には必ずチェックをつけて、全ての問題を固めよう

・自分の弱点を分析して、補強していくことが大切





⇒【秘密のワザ】1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた方法はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら

⇒【速読】英語長文を読むスピードを速く、試験時間を5分余らせる方法はこちら









この記事も読まれています

1

私は受験生の時に、全国記述模 試で22位にランクインし、早稲田大学に合格しました。 そして自ら予備校を立ち上げ、偏差値30台の受験生を難関大へ合格させてきました。 早稲田大学卒という学歴があるため、今 ...

2

大学受験の勉強を始めるときに誰もが思うのが、「受験勉強って、何をすれば良いの!?」ということ。 「勉強を頑張るぞー!!」という気持ちはあっても、どう動けばよいか分からない。 そして少しずつ熱も冷めてし ...

3

大学受験の勉強、いつから本気出そうかな。 いつから受験勉強を始めれば、志望校に合格できるんだろう。 私も高校2年生の時、こんなことをいつも考えていました。筆者 高校がさほど頭の良いところではなかったの ...

4

模試の結果が返ってきて、良ければもちろん嬉しいですし、悪いとやる気がなくなってしまいますよね。 私が受験生の時も、模試の返却はビッグイベントで、結果を見るときはとても緊張したことを覚えています。 受験 ...

5

赤本の使い方と復習ノートの作り方!いつから何年分解く? 受験生受験勉強と言ったら赤本ですけど、いつから解くのか、どうやって復習するか全然分からないです・・・。 「赤本」は受験勉強の中で、合否に1番関わ ...

6

インターネットでは「ニッコマは超余裕」なんて書き込みを、目にすることが多いです。 私が受験生の時も「日東駒専は滑り止めにしよう」と、少し見くびってしまっていました。 現役の時の受験の結果はMARCH1 ...

7

志望校を決めるときに、国公立大学にするべきか私立大学にするべきか、悩みますよね。 少し学力の高い高校だと「国公立大学は私立大学よりも優れている」、「国公立大学を目指すべきだ」という先生方も多いです。 ...

Copyright© 予備校PISTA , 2020 All Rights Reserved.