全解説頻出英文法・語法問題1000のレベルと使い方を、予備校講師が解説


ややマイナーな問題集「英頻1000」を勉強して早稲田大学に合格した私が、特徴や使い方を詳しく解説していきます!

英頻1000

実際に英頻1000を開いて、中身を見ていきながらレビューや使い方の紹介をしていきます!

記事と筆者の信頼性

・筆者は受験生の時に英頻1000を勉強し、早稲田大学に合格

・手元に英頻1000を用意して、中身を見ながらレビュー

・大量の参考書、問題集を分析している「参考書マニア」

・予備校講師として、2,000人以上の受験生を指導

評価の高い大学受験用の英文法の問題集はたくさんあって、どれを使えば良いか迷ってしまいますよね。

NextStageVintage、スクランブル、アップグレードなどなど、どれも評判が良いですよね。

全解説頻出英文法・語法問題1000(英頻1000)は他の問題集にはない特徴を持っていて、正しく勉強していけば大きく偏差値を伸ばすことができます。

予備校講師としてもこの英頻1000は、たくさんの受験生に紹介してきました。

「英頻1000と有名な問題集との比較」、「英頻1000のレベル」、「英頻1000の効果的な使い方」の3点を、どこよりも詳しく解説していきます!

実際に全解説頻出英文法・語法問題1000を使って、早稲田大学に合格した私だからこそ、伝えられることがたくさんありますので、ぜひ読んでください!

>>1ヶ月で早稲田慶應・難関国公立の英語長文がスラスラ読めるようになる方法はこちら

 

英頻1000のレベル/難易度と特徴

英頻1000の特徴まとめ表

全解説頻出英文法・語法問題1000(英頻1000)は、1000題の英文法の問題をガンガン解ける、英文法の総合問題集です。

形式はオーソドックスな4択の選択問題で、入試問題でも頻出。

下の写真のような問題が大量に収録されています。

英頻1000の中身

 

他の問題集と比べればやや解説が詳しいですが、あくまでアウトプット用の問題集なので、イチから詳しく解説してくれるものではありません。

レベルはとても高く、東大・京大・早稲田慶應といった最難関大学の英文法も攻略できるようになっています。

そのため英文法の基本がしっかり固まっていないと、歯が立たないでしょう。

間違っても1冊目の英文法の問題集として、いきなり取り組んでいくものではありません。

 

英文法が苦手な受験生は、まずは講義形式の参考書を使って英文法を深く理解しましょう。

(基礎レベルなら「大岩のいちばんはじめの英文法」、標準レベルなら「深めて解ける英文法INPUT]など)

そのあとでUPGRADEやNextStageなど、基礎的な英文法の問題集でアウトプット力をつけてください。

基本的にはここまでの作業を完璧に行えば、かなりの英文法力が身についています。

日東駒専・産近甲龍レベルはもちろん、GMARCHや関関同立あたりでも合格点を狙えるでしょう。

過去問に取り組んでみて、さらに高い英文法力を身につけたいと思ったときにのみ、英頻1000に取り組んでください。

問題集はあくまでアウトプット用なので、英文法を理解してから取り組みましょう。
先生

「英文法の問題集が多すぎて、どれを使えば良いか分からない」という質問も受験生からたくさんいただくので、下のように図にしてみました。

問題集選びの参考にしてください!

英文法の問題集のレベルの比較

英頻1000の問題数は1,300問ほどとかなり多く、目次は「第1章 動詞とその周辺」「第2章 形容詞・副詞とその周辺」「第3章 名詞とその周辺」「第4章 関係詞・接続詞・前置詞とその周辺」「第5章 その他の重要項目」。

NextStageやVintageなどはイディオムや会話なども多く含まれていますが、全解説頻出英文法・語法問題1000は文法・語法がメインなので、ここを徹底的に鍛えられます。

また対策がおろそかになりがちな、正誤や整序(並び替え問題)の問題も解けるようになっています。

 

英頻1000のおすすめポイント

英頻1000は問題と解答・解説の冊子が分かれているので、問題集だけ分けて持ち運ぶことができます。

こんな感じですごく薄くて、問題も解きやすいんです。

ネクステやスクランブルなど、解説も一緒になった分厚い問題集だと、ページを抑えながら解くのがしんどいですし、答えを隠すのも面倒。

受験生の時の私にとっては、問題集が分かれているというだけでも、めちゃめちゃ嬉しかったことを覚えています笑

 

またネクステージやヴィンテージなど他の問題集と比べれば、解説が詳しいのも良い点。

難易度が高い問題が多いので、解説が詳しくないと理解しにくいですからね。

★ネクステージの解説

ネクステージの解説

★英頻1000の解説

英頻1000の解説

2つの解説を比べてみると、英頻1000の方が詳しいことが分かります。

 

後は「整理」という項目と「拡充」という項目が解説にあり、こちらも良かったです。

全て覚えるのはさすがに厳しいですが、これまでの知識の確認ができますし、プラスアルファでちょこっと覚えられますからね。

英頻1000の整理

英頻1000の拡充

プラスアルファの問題として「Extra問題」が用意されていて、こちらはさらに難易度が高いです。

Extra問題ではオーソドックスな4択の空所補充問題ではなく、正誤問題と並び替え問題になっています。

入試で出題されて受験生がミスしやすいポイントなのですが、意外と対策がおろそかになっている形式なので、ここをしっかりと対策できるのは素晴らしいです!

★Extra問題はこんな感じ

英頻1000のExtra問題

並び替え問題や正誤問題は配点が高いので、Extra問題で対策しておきましょう。
先生

>>1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた「秘密のワザ」はこちら

 

他の英頻シリーズとの比較

英頻1000以外にも、いくつか英頻シリーズがあります。

今回の内容ではあまり重要なポイントではないので、ざっと紹介していきます。

 

・大学入試ベストポイント英語頻出問題740

→英頻シリーズでは最も易しい問題集で、文法・語法を中心に勉強できる。

 

・大学入試New基礎英語頻出問題総演習 (即戦ゼミ (8))

→基礎~標準レベルの問題集で、文法だけでなく幅広くカバー。

 

・大学入試英語頻出問題総演習 (即戦ゼミ) 最新六訂版

→問題量が2,400問と飛びぬけて多く、カバーできる範囲はかなり広い。

レベルもなかなか難しいので、1冊終えるにはかなりの根気が必要。

今回紹介する全解説頻出英文法・語法問題1000と難易度は同じくらいで、文法・語法に絞って演習できるという形になっています。

 

全解説頻出英文法・語法問題1000に取り組む時期

「いつから全解説頻出英文法・語法問題1000をやるべきですか?」というご質問をよく頂きます。

私の場合は受験が直前に迫ってきた、1月ごろに取り組みました。

MARCHや関関同立の過去問では英文法が安定して8割以上は取れてたのですが、早慶レベルになるとミスが多かったので、1ランク上の英文法を攻略するために勉強しました。

また1月までに色々な勉強を進めていたので、英文法の重要な部分にもいくつか抜けが見えてきて、最後に補強しなければいけないと感じたのも大きな理由です。

英頻1000の勉強の進め方

全解説頻出英文法・語法問題1000に取り組んで、最後に大量の問題を解いたことにより、自分の弱点が明確になりました。

基礎が出来ていない状態で勉強しても全く効果はなかったでしょうし、最後の確認として活用したのは大きな力になりました。

最終的に早稲田大学でも英文法で得点を稼いで合格できたのも、全解説頻出英文法・語法問題1000で総復習したおかげもあったでしょう。

ですからみなさんも、最後の総復習として、受験の終盤に英頻1000を取り組むのも良いと思います!

>>偏差値が1ヵ月で40から70に!私が実践した「たった1つのワザ」はこちら

 

全解説頻出英文法・語法問題1000が難しい場合

受験生
英頻1000がかなり難しいと感じる場合は、どうしたら良いでしょうか?

英頻1000に取り組んでみて、あまり問題が解けない場合、やや難しい英文法の講義の参考書に取り組みましょう。

深めて解ける英文法INPUTなどで、標準~応用レベルの英文法の知識を理解することで、アウトプットできるようになります。

基礎的な英文法の参考書しか勉強していない、もしくはひたすら問題集を解いていただけだと、難しいの英文法の問題でつまずいてしまいます。

英頻1000の使い方と勉強法

問題が難しいにもかかわらず、解説がとても詳しいというわけではないので、理解できない部分もあるかもしれません。

インターネットで検索したり、Forestなど辞書的な参考書を勉強したりして、分からない部分を解決していきましょう。

私は勉強に関して分からないことがあったら、いつもGoogle検索で情報を収集していました。
先生

 

英頻1000の使い方&勉強法

ここまでお伝えした通り、まずはNextStageやUPGRADEなどのこれまで取り組んだ英文法の問題集が本当に完璧になっているか、必ずチェックをしてください。

1問でもミスがあるようですと、抜けている知識も多いはずなので、全ての問題に根拠を持って答えられるまでやりこみましょう。

そこまで勉強しても、さらに英文法の力を伸ばすべきだと感じたら、全解説頻出英文法・語法問題1000に取り組んでください。

英頻1000を通して「ここは勉強したはずなんだけど、抜けちゃってたな」「これは知らなかったな。覚えておこう

といった具合に、自分の弱点が見えてきます。

入試直前にうろ覚えになっていた部分や、忘れかけていた部分が、アップデートされるので、英文法の力がグンと上がります。

入試本番で「勉強したはずなのに思い出せない」、とならないように、全解説頻出英文法・語法問題1000に取り組むというイメージですね。

>>1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた「秘密のワザ」はこちら

 

ミスした問題には、必ずチェックをつけよう

問題数がとても多く1300題ほどもありますから、全ての問題を解けるようにするためには、ひと工夫必要です。

ポイントは「ミスをした問題番号に、チェックをつける」こと。

全ての問題を3周、4周としていたら5,000問以上も解くことになり、とんでもなく時間がかかってしまいます。

受験の直前の復習で使うとすると、他の勉強ができなくなってしまいますよね。

そして浅く広くの勉強になってしまうので、ニガテな問題を克服できずにミスし続けてしまうでしょう。

 

そうならないようにミスした問題番号にチェックをつけ、2周目以降はミスした問題だけを解くようにしてください。

2回以上ミスした問題はかなりのニガテとなり、本番でもミスする可能性が高くなります。

復習ノートにまとめるなどして、入試本番までに何周も確認しましょう。

苦手な問題だけを、ピンポイントで復習できるので、演習の効率がグッと上がります。

 

下の写真は私が受験生の時に、チェックをつけたものです。

同じ問題を何回も繰り返しミスしていることがわかります。

ミスした問題は何周も復習しないと、なかなか克服できないんですね。

 

全解説頻出英文法・語法問題1000の答え合わせをする中で、ミスが集中してついている分野に注目しましょう。

その分野は、あなたのニガテ分野です。

例えば仮定法にミスが集中していれば、仮定法が深く理解できていない可能性があります。

入試本番でも該当の分野の問題をミスしてしまうケースが考えられるので、絶対に強化しておかなければいけません。

講義の参考書をもう一度読み込んだり、基礎的な問題集を復習したりして苦手をつぶしましょう。

「英頻1000を解く」→「弱点を発見」→「強化する」のステップで進めましょう。
先生

>>1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた「秘密のワザ」はこちら

 

メリハリをつけて問題を解いていこう

受験生
英頻1000って問題数がものすごく多くて、最後まで終わらせるのが大変そうですね・・・。

問題数が1,300問も問題がありますから、一気に解き進めようとすると雑になってしまいます。

たくさんの問題を一気に答え合わせをすると、解説を読むのも大雑把になってしまうでしょう。

そうならないように1章、50問などと区切りを決めて、それが終わったら答え合わせをするようにしてください。

1問1問を大切に復習するためには、このメリハリがとても大切です。

 

1章が終わるごとにテストを行い、本当に定着しているかを必ず確認してください。

ミスが無くなるまで復習したら、次の章へと進んでいきます。

最終的に全ての章の問題がミスなく解けるようになったら、英頻1000は完璧です!

うろ覚えにならないよう、復習やテストを繰り返して、記憶に定着させることが大切です!
先生

 

スピードを意識して問題を解いていこう

入試本番は時間制限との勝負となり、1分1秒でも速く解けるように考えていかなければいけません。

英文法の問題を解くときは意外と意識していないかもしれませんが、日ごろからスピードの強化を目指して取り組んでいくことが大切です。

特に全解説頻出英文法・語法問題1000に取り組む受験生が目指しているような、早慶などの英語はかなり時間の制限が厳しくなります。

日ごろから問題を解くときにストップウォッチを用意して、1問あたり20~30秒ほどで解けるようにトレーニングをしてください。

これを意識しているかどうかで、入試本番での解くスピードが大きく変わります。

英語の時間が足りないことが多い人は、特に取り組んでみてください。

受験生
これまで時間を測って文法問題を解いたことがなかったですが、明日から実践してみます!

>>偏差値が1ヵ月で40から70に!私が実践した「たった1つのワザ」はこちら

 

英頻1000が終わったら次は?

英頻1000が終わったら次は

全解説頻出英文法・語法問題1000が終わったら、オーソドックスな英文法の問題はかなり得意になっているでしょう。

英頻1000以上に難しい文法の問題集はほとんどありませんから、後はとにかく復習してください。

そして過去問演習に入っていき、志望校の過去問で解けない部分をさらに強化していきます。

例えば文法の正誤問題や並び替え問題、会話問題、英作文などなど。

こういったやや特殊な問題にも、英文法の力を応用できるように、トレーニングを重ねていきましょう。

 

「全解説実力判定英文法ファイナル問題集」などで、ランダム形式に英文法の問題を解いていくのも効果的。

基本的に英文法の問題集は「仮定法」「比較」と章が分かれているので、ある程度は答えが予測出来てしまいます。

入試本番を想定して演習するために、ランダム形式の問題集を1冊取り組んでおくと、なお心強いですね。

 

またこのレベルまで英文法を勉強して、英文法では得点を稼げるようになっても、英語長文が読めないという受験生もいるはずです。

私が現役の受験生で受験に失敗してしまった時も、英語長文が原因でした。

文法はやった分だけ結果が出やすい分野ですが、長文は「正しい読み方」と「正しいトレーニング方法」を知らないと成績が上がりにくいんです。

単語を覚え、文法もしっかり勉強したはずなのに英語長文が読めないという事がないよう、文法と並行で英語長文もどんどん勉強していってください。

英語長文の正しい読み方やトレーニング方法を詳しく知りたい方は、下のリンクをご覧ください。

私がどのように英語の偏差値を40から70まで伸ばしたか、詳しく解説しています。

>>1ヶ月で早稲田慶應・難関国公立の英語長文がスラスラ読めるようになる方法はこちら!

 

英頻1000のレベルと使い方まとめ

ここまで英頻1000の中身を実際に見ながら、レビューや使い方をお伝えしてきました!

最後にここまでの内容を箇条書きでまとめましたので、復習してください。

ポイント

・英頻1000は難易度が高い英文法の問題集

・英頻1000をやる前に、英文法の基礎をガッチリ固めよう

・英頻は1000は受験期直前に、最後の総復習として使うのが効果的

・ミスした問題には必ずチェックをつけて、全てを完璧にしよう

・スピードを意識して、1問20~30秒で解けるようにしよう





⇒【秘密のワザ】1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた方法はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら

⇒【速読】英語長文を読むスピードを速く、試験時間を5分余らせる方法はこちら









この記事も読まれています

1

1ヶ月で東大京大・早 慶の英語 長文を攻略する勉強法とは はじめまして。 私は受験生の時に、全国記述模 試で22位にランクインし、早稲田大学に合格しました。 そして自ら予備校を立ち上げ、偏差値30台の ...

2

大学受験勉強は何から始める?何からすればいい? 大学受験の勉強を始めるときに誰もが思うのが、「受験勉強って、何をすれば良いの!?」ということ。 「勉強を頑張るぞー!!」という気持ちはあっても、どう動け ...

3

大学受験勉強はいつから準備すれば間に合う?始める時期は?   大学受験の勉強、いつから本気出そうかな。 いつから受験勉強を始めれば、志望校に合格できるんだろう。 私も高校2年生の時、こんなこ ...

4

模試の判定の受け止め方。E判定、D判定、C判定の場合の対処法   模試の結果が返ってきて、良ければもちろん嬉しいですし、悪いとやる気がなくなってしまいますよね。 私が受験生の時も、模試の返却 ...

5

赤本の使い方と復習ノートの作り方!いつから何年分解く? 受験生受験勉強と言ったら赤本ですけど、いつから解くのか、どうやって復習するか全然分からないです・・・。 「赤本」は受験勉強の中で、合否に1番関わ ...

6

日東駒専は普通にむずい!私がニッコマに落ちた体験談   インターネットでは「ニッコマは超余裕」なんて書き込みを、目にすることが多いです。 私が受験生の時も「日東駒専は滑り止めにしよう」と、少 ...

7

国公立大学と私立大学の特徴と違い!おすすめはどっち?   志望校を決めるときに、国公立大学にするべきか私立大学にするべきか、悩みますよね。 少し学力の高い高校だと「国公立大学は私立大学よりも ...

Copyright© 予備校PISTA , 2020 All Rights Reserved.