NextStage/ネクステージの評判と使い方と勉強法【ネクステ/NextStageで文法レベルアップ】






532秒で読めます。

NextStage(ネクステージ)の最強の使い方&勉強法

 

NextStage/ネクステージの評判と使い方と勉強法【ネクステで早稲田レベルの文法力】

受験生
Next Stageはすごく有名なので、一応持っているのですが、上手く使いこなせていません。
分厚い問題集だし、取り組むのは結構大変だよね。NextStageの特徴と成績を伸ばすための使い方を詳しく解説していくよ!
先生

 

NextStage(ネクステージ)は超有名な英文法の問題集です。

いったいどれほど多くのの受験生が、NextStageに取り組んでいることでしょうか。

しかし私は数多くの受験生がNextStageを使っているのを見てきましたが、そのうちのほとんどの受験生が、センター試験英文法で8割以上の得点が稼げていませんでした。

これは大問題です。

NextStageをしっかりと勉強すれば、センター試験の英文法であれば安定して8割以上を取れるようになります。

MARCHや関関同立レベルの英文法でも、合格点が取れるでしょう。

 

つまり9割以上の受験生が、NextStageを勉強しても力が伸びていないんです。

原因はただ1つ。

「勉強法が間違っているから」です。

 

私も現役時代にNextStageを3周しましたが、センター試験の英文法で5割を切ってしまいました。

しかし浪人して、もう一度正しい勉強法でNextStageに取り組むと、センター試験の英文法では安定して8割を超えるようになったんです。

あなたも「次はスクランブルだ、Vintageだ」とどんどん次の問題集に手を出す前に、まずはNextStageを1冊完璧にしましょう。

そのためにここでは「NextStageで英文法を得点源にする使い方と勉強法」をお伝えします。

>>まずは先に「英文法の勉強法」を知っておきたい方はこちら

>>早稲田大学の卒業生が語る!最強の英語の勉強法はこちら➡

 

Vintageやスクランブル、アップグレードとはどう違うの?

 

Vintageスクランブルに比べて、やや問題のレベルが易しいのがNextStageです。

アップグレードはレベルはさほど変わりませんが、やや問題数が少なくなっています。

とは言えこれらの問題集のどれを使っても、1冊をしっかりと完璧にすれば、センター試験の英文法で8割以上を取れる力が身に付きます。

NextStageにこだわる必要もありません。

まずはどれか1冊でOKです。

>>これがおススメ!英文法の参考書を紹介します

 

NextStage(ネクステージ)の使い方と勉強法

 

受験生
いよいよ、NextStageの使い方を教えてくれるんですね!
想像よりも大変かもしれないけれど、正しい使い方でちゃんと勉強して成績を伸ばしていこう!!
先生

 

使い方ステップ①まずは講義の参考書を勉強しよう

 

多くの受験生が、英文法を復習する前にNextStageに取り組んでしまいます。

学校や予備校で教えてもらった英文法の知識なんて、もうかなり抜けてしまっているはずですよね?

その状態でアウトプットしても、答えを丸暗記するだけになってしまうんです。

NextStageは解説もさほど詳しくないですから、解説を読んでも納得できないことも多くなってしまいます。

 

そうならないように、講義の参考書を1冊用意しましょう。

関正生の世界一わかりやすい英文法の授業」や「深めて解ける英文法INPUT」がおススメです。

もし中学生レベルから抜けがある場合は、「くもんの中学英文法―中学1~3年 基礎から受験まで」や「中学 英語を もう一度ひとつひとつわかりやすく。」を先に一通り読んでから。

これらの参考書でもう一度、英文法を理解しなおしてください。

>>センター試験が廃止!3分でわかる共通テストの解説はこちら

 

使い方ステップ②問題を解こう

 

講義の参考書を一気にすべてインプットするのは、なかなか難しいです。

ですので1分野講義の参考書をインプットしたら、同じ分野をNextStageでアウトプットしましょう。

そうするとインプットした内容をすぐアウトプットできるので、記憶に定着しやすくなります。

 

そしてミスした問題には、必ずチェックをつけてください。

NextStageは1000題以上も問題がありますから、何周もしようとするとものすごい時間がかかってしまいます。

そして1000題以上もの問題を、全て正解できるようにするのは想像以上に難しいことです。

ですからミスした問題にチェックをつけて、ミスした問題だけをピンポイントで復習しなければいけないんです。

>>【LINE講座】英語の勉強法を教わりたい、相談したい方はこちら

 

使い方ステップ③解説を読もう

 

NextStageの各問題の解説を読んで、なぜ該当の選択肢が正解になって、その他の選択肢がミスになるのかを理解しましょう。

もし理解が足りないと感じた場合は、すぐに講義の参考書に戻って勉強しなおしてください。

 

使い方ステップ④チェックの付いた問題を解きなおそう

 

チェックが付いた、つまりミスした問題だけをもう一度解きなおしましょう。

2周目でもミスした問題は色ペンでチェックするなどして、特に苦手だということが分かるようにしてください。

この作業を何周も繰り返すことで、やっとNextStageの1000題以上もの問題に、全て根拠をもって答えられるようになります。

ここまでできるようになれば、センター試験の英文法で8割以上が安定して取れるようになりますよ。

受験生
今まで2周くらいしましたが、成績が伸びなかったのは、ミスした問題の復習が甘かったからかもしれませんね。
ミスしたニガテな問題は、2,3回復習しただけじゃ定着しないんだ。チェックをつけて10周くらいは復習しよう!
先生

 

NextStage(ネクステージ)が終わったら?

 

NextStageが終わったら、「全解説頻出英文法・語法問題1000」に進んでいきましょう。

全解説頻出英文法・語法問題1000はNextStageの上級レベルバージョンのような感じです。

次は講義の参考書に頼らずに、自力で解いていってください。

全解説頻出英文法・語法問題1000も同じように完ぺきになれば、選択式の英文法の問題はもう怖いものなし。

英文法マスターと言えるでしょう。

>>全解説頻出英文法・語法問題1000で英文法マスターになる方法はこちら

 

文法と並行で英語長文も勉強しよう

 

英文法はもちろん大切ですが、それ以上に配点が高いのは英語長文

英文法は努力次第で点数が伸びやすい分野ですが、英語長文は「正しい勉強法」を知らないとどんなに勉強をしてもなかなか成績が伸びていきません。

また英語長文は時間がかかる分野なので、英文法と並行で毎日トレーニングを繰り返していきましょう。

英文法でもしっかりと得点出来て、配点の高い英語長文も解けるようになれば、偏差値もグッと上がって志望校合格も見えてくるはずです。

>>難しい英語長文もスラスラ読めるようになる方法、知りたくないですか?

 

NextStage(ネクステージ)の使い方と勉強法まとめ

 

ポイント

・まずは1冊、どれでも良いので英文法の総合問題集を完璧にしよう

・必ず講義の参考書と並行で勉強して、丸暗記にならないようにしよう

・ミスした問題には必ずチェックをつけて、何度も解きなおそう

>>英文法を勉強しても、英語長文が読めるようにならない受験生はこちら

>>英文法はこうやって勉強する!英文法の問題を全問正解したい受験生はこちら


⇒センター試験が廃止!3分でわかる共通テストの解説はこちら

⇒時間がない!合格を諦めかけている受験生はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡

⇒【LINE講座!】受験の英語をLINEで相談したい受験生はこちら

>>30日で早慶・国公立の長文が読めるようになる方法はこちら

受験エキスパート
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。 英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。 浪人期に図書館にこもって研究し、 「誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法」 を発券し、偏差値を73まで上げ、早稲田大学に合格。 通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。 自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。 開発した「独自の英語長文読解法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。 センター試験の英語の対策法も研究し、無料で公開している。


⇒センター試験が廃止!3分でわかる共通テストの解説はこちら























LINEで英語長文の読み方を教えています!


たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める方法


単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値70.4、全国22位まで登りつめました。
その具体的な「英語長文の読み方」を、LINEにてお伝えしています。
勉強や受験に関する相談も受け付けています!



Copyright© 大学受験の偏差値上がる勉強法 , 2020 All Rights Reserved.