NextStage/ネクステとVintage/スクランブル/アップグレード/英頻どっちがおすすめ?レベル/難易度比較


ネクステやVintage、スクランブル、アップグレード、英頻比較

上の写真は私が持っている、問題集の数々です!これらの中身を見ながら、比較していきましょう。
筆者

大学受験用の英文法の問題集、たくさんありすぎて困ってしまいますよね。

私も受験生の時は、どの問題集を使うべきかとても迷いました。

受験生からも「ネクステとヴィンテージ、どっちが良いですか?」「どの問題集を使えば良いですか?」といったご質問を、本当に良く頂きます。

そこでここでは、参考書マニアで予備校講師としても長い間指導している私が、有名な英文法の参考書を比較していきます!

もうこれで、問題集選びに迷うことはなくなりますよ!

記事と筆者の信頼性

・筆者は模試の成績優秀者に掲載され、早稲田大学に合格

・大量の問題集を手元に用意して、中身を見ながら比較

・予備校講師として、最新の受験のシステムを常にチェック

・これまでに2,000人以上の受験生を指導

>>1ヶ月で早稲田慶應・難関国公立の英語長文がスラスラ読めるようになる方法はこちら

 

英文法の問題集の難易度/レベルの比較

英文法の問題集のレベルを、大まかにまとめた図を見てください!
筆者

文法問題集のレベル

早慶上智→英頻1000/英頻

MARCH上位~早慶上智→スクランブル,Vintage

MARCH/関関同立→NextStage,PowerStage

日東駒専・産近甲龍→Engage,スクランブルBasic、UPGRADE

レベルを大まかに分けると、このような形になります。

現在の自分の実力と、志望校のレベルを埋められるように問題集を選びましょう。

早稲田や慶應などを目指す受験生と、日東駒専などを目指す受験生では、使う問題集も変わってきます。

 

まずは基礎固めから

基礎が出来ていない状態でいきなりヴィンテージに取り組んでも理解ができないので、アップグレードなどから始めると良いでしょう。

Engage(エンゲージ)やスクランブルベーシックを完璧にすれば、日東駒専・産近甲龍レベルでは合格点が狙えるようになり、偏差値も60ほどまで到達するようになります。

早稲田や慶應でも基礎的な文法問題は出題されますから、志望校が高くても、現段階で基礎が固まっていなければ、基礎的な内容からステップアップしていきましょう。

大学受験は背伸びをして、基礎をおろそかにしてしまったら絶対に失敗してしまいます。

私も中学レベルの文法から勉強して、早稲田大学に合格しました!
筆者

>>1ヶ月で早稲田慶應・難関国公立の英語長文がスラスラ読めるようになる方法はこちら

 

有名な英文法の問題集の問題数

問題集はレベルだけでなく、それぞれ問題数にも差があるので見ていきましょう!
筆者

文法問題集の問題数

大学入試英語頻出問題総演習(英頻)→約2,400問

Scramble(スクランブル)→約1,700問

Vintage(ヴィンテージ)→約1,600問

NextStage(ネクステ)→約1,500問

PowerStage(パワーステージ)→約1,400問

UPGRADE(アップグレード)→約1,300問

頻出英文法・語法問題1000→約1,300問

Engage(エンゲージ)→約1,200問

スクランブルBasic→約750問

解説が詳しい問題集ほど問題数が少ない傾向にあります。

解説が多くなればそれだけ、問題を掲載できるスペースが少なくなりますからね。

初中級者は解説が詳しく、問題数が少ない問題集からステップアップしていった方が良いですね!
筆者

 

英文法の問題集を選ぶポイント

受験生
英文法の問題集がたくさんあることは分かったのですが、どれを選べば良いのでしょうか?

ここまでたくさんの英文法の問題集を紹介してきましたが、「自分に合ったレベル」の問題集を選ぶことを一番に考えてください。

問題集によってレベルは大きく異なるので、自分の現在の力や目標とする大学を考慮して選びましょう。

例えば英文法が苦手な人は、まずは基礎的な問題集から取り組んでいかないと、途中で挫折してしまうケースが多いです。

逆に文法の問題が得意な人は、基礎的な問題を解くよりも応用的な問題へ進んだ方が良いですね。

 

書店で中身を見て選ぼう

参考書や問題集を選ぶときは、必ず書店に足を運んで中身を見てください。

例えば「NextStageとPowerStage(パワーステージ)、どっちにしよう」と迷ったら、書店で中身を見てみます。

レイアウトや解説、問題数など実際に見ないと分からないことがたくさんあります。

それらを考慮したうえで「これなら勉強が進められそうだな!」という、モチベーションにつながる1冊を選びましょう。

受験勉強はやる気を出して頑張っていかないと前へ進めませんから、自分が実際に見て選んだ問題集に取り組むことが大切なんです。

>>偏差値が1ヵ月で40から70に!私が実践した「たった1つのワザ」はこちら

 

注意!問題集はあくまでアウトプット用

受験生
文法が苦手なので、とりあえず書店に行って問題集を買ってくれば良いですか?

英文法の問題集はインプットした知識をアウトプットするためのものですから、英文法が理解できていることが大前提になります。

いきなり問題集を解いても、答えを丸暗記するだけになってしまい、ほとんど効果はありません。

例えば仮定法はどういうものかきちんと説明出来ない場合は、まだ問題集に取り組むべきではないんです。

 

講義形式で詳しく解説してくれる参考書で英文法をしっかりと理解してから、問題集でアウトプットしていきましょう。

理解してからアウトプットするから、「自分が苦手な分野」が分かりますし、今後どうしていけば良いかも分析できます。

 

おすすめの講義形式の参考書

おすすめの英文法の参考書

基礎レベル

・大岩のいちばんはじめの英文法

・安河内の英語をはじめからていねいに

応用レベル

・深めて解ける英文法INPUT

・英文法の核

・今井の英文法教室

上記が有名な、講義形式の英文法の参考書です。

>>1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた「秘密のワザ」はこちら

 

辞書型の参考書もあると便利

英文法の辞書型の参考書

問題集は解説が詳しくないので、Forestやビジョンクエスト、エバーグリーンなど、辞書型の分厚い参考書も1冊用意しておくとより効果的です。

解説を読んでも分からない時に、Forestなどを開いて、深く理解していきましょう。

辞書型の参考書は講義形式のものよりも、細かな情報まで網羅されていて、分からない部分をピンポイントで学習できます。

受験生
それにしても、すごい参考書の量ですね!
受験生の指導のために参考書を買いそろえていたら、ものすごい量になってしまいました笑!
筆者

 

解説が詳しい英文法の問題集

英文法ポラリス

ここまで紹介したヴィンテージやネクステージのように、問題量がとても多く、解説が少ない問題集が一般的。

一方で問題量が少ない分、解説が詳しい英文法の問題集もあります。

解説が少ない問題集が苦手な人も多いと思いますので、下記のような問題集もおススメです。

解説が詳しい問題集

・英文法ポラリス

・世界一わかりやすい英文法・語法の特別講座

・全レベル問題集 英文法

これらはNextStageなどと比べて問題の量が少ないので、演習量の面でやや不足してしまいます。

上記のような問題集で文法を深く理解してから、NextStageなどの問題量が多い問題集へ進むのも良いでしょう。

>>1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた「秘密のワザ」はこちら

 

ランダム形式の英文法の問題集

ランダム形式の英文法の問題集

ヴィンテージなど総合的な文法の問題集は、比較や仮定法などで分野ごとに分かれています。

各分野を徹底的に固められるのでとても良いのですが、1つ弱点もあります。

分野ごとになっているので「比較の章だから比較級の選択肢が正解だな」など、なんとなく予想がついてしまうんです。

入試本番の問題を解こうとすると、どの分野の問題なのかが分からず、得点ができないというケースがあります。

ランダム形式の問題集を解くことで、入試本番を想定した実践的な演習ができます。

ランダム形式の問題集

・全解説実力判定英文法ファイナル問題集標準編&難関編

・竹岡の英文法・語法ULTIMATE/アルティメット600題

・英文法・語法良問500

・英文法・語法問題ベスト400

・英文法・語法ランダム演習/セレクト600

上記の問題集はどれもランダム形式になっていて、実践的な演習ができるようになっています。

NextStageなどの総合的な問題集を終えてから、ランダム形式の問題集で総復習をするのが良いでしょう。

その時に「自分は時制が苦手だな」などとニガテ分野が見つかったら、講義形式の参考書などで復習してください。

>>1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた「秘密のワザ」はこちら

 

整序問題の対策も重要

整序・並び替え問題におすすめの参考書

英文法の問題でニガテ意識を持つ受験生が多いのは、「並び替え問題」。

Nextstageなどの問題集ではやや演習量が足りないので、慣れていないのでしょう。

入試では整序問題は頻出ですし、配点も高いので必ず対策してください。

整序の問題集

・英語整序問題精選600

・英語整序問題200

・頻出英語整序問題850

これらの問題集を使って、並び替え問題の対策をしていきましょう!
筆者

 

取り組む問題集は完璧に固める

英文法の問題集を買ったら、すべての問題に正解できるようになるまで突き詰めてください。

どの問題集も量がとても多いですから、1周解いただけではほとんど覚えられていないでしょう。

だからこそ完璧になっていない状態で、次の問題集に進んでしまって、うろ覚えの成績が伸びない人が多いです。

問題数がとても多い英文法の問題集、どうすれば完璧に固められるのでしょうか。

正しい問題集の取り組み方を、これから詳しく解説します!
筆者

 

ミスした問題には必ずチェック

1周目でミスした問題には必ずチェックをつけて、2周目以降はチェックのついた問題だけを解くようにしてください。

そうすればニガテを確実につぶせるので、効率的に演習ができるようになります。

1度ミスした問題は何度もミスする可能性がありますし、入試本番でも失点してしまう可能性があります。

だからこそニガテな問題をピンポイントで、何周も対策していくことが大切なんです。

>>1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた「秘密のワザ」はこちら

 

英文法の問題集のレベル/難易度の比較まとめ

ポイント

・問題集を選ぶ際は「レベル」に注目

・背伸びをせずに、基礎的な問題集から取り組もう

・講義形式の参考書と並行で進めることが大切

・取り組んだ1冊を、完璧に固めていこう

・ランダム形式の問題集や、整序の問題集も重要





⇒【秘密のワザ】1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた方法はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら

⇒【速読】英語長文を読むスピードを速く、試験時間を5分余らせる方法はこちら









この記事も読まれています

1

私は受験生の時に、全国記述模 試で22位にランクインし、早稲田大学に合格しました。 そして自ら予備校を立ち上げ、偏差値30台の受験生を難関大へ合格させてきました。 早稲田大学卒という学歴があるため、今 ...

2

大学受験の勉強を始めるときに誰もが思うのが、「受験勉強って、何をすれば良いの!?」ということ。 「勉強を頑張るぞー!!」という気持ちはあっても、どう動けばよいか分からない。 そして少しずつ熱も冷めてし ...

3

大学受験の勉強、いつから本気出そうかな。 いつから受験勉強を始めれば、志望校に合格できるんだろう。 私も高校2年生の時、こんなことをいつも考えていました。筆者 高校がさほど頭の良いところではなかったの ...

4

模試の結果が返ってきて、良ければもちろん嬉しいですし、悪いとやる気がなくなってしまいますよね。 私が受験生の時も、模試の返却はビッグイベントで、結果を見るときはとても緊張したことを覚えています。 受験 ...

5

赤本の使い方と復習ノートの作り方!いつから何年分解く? 受験生受験勉強と言ったら赤本ですけど、いつから解くのか、どうやって復習するか全然分からないです・・・。 「赤本」は受験勉強の中で、合否に1番関わ ...

6

インターネットでは「ニッコマは超余裕」なんて書き込みを、目にすることが多いです。 私が受験生の時も「日東駒専は滑り止めにしよう」と、少し見くびってしまっていました。 現役の時の受験の結果はMARCH1 ...

7

志望校を決めるときに、国公立大学にするべきか私立大学にするべきか、悩みますよね。 少し学力の高い高校だと「国公立大学は私立大学よりも優れている」、「国公立大学を目指すべきだ」という先生方も多いです。 ...

Copyright© 予備校PISTA , 2020 All Rights Reserved.