【大学受験エバースタディ】~大学受験の勉強法~

京都大学/京大英語の対策&勉強法!傾向と難易度、使う英語の参考書【和訳/英訳】


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

428秒で読めます。

京都大学の英語で合格点を取る対策法

 

京都大学の英語

 

京都大学の英語の出題傾向と難易度

 

文学部、法学部、経済学部、教育学部、総合人間学部

理学部、工学部、医学部、薬学部、農学部

と学部がありますが、英語の問題はどの学部も共通。

 

空所補充問題のみ、選択肢が用意されていることもありますが、問題のほとんどが英訳和訳

英語長文が2題、英作文が2題の計4題。

制限時間は2時間あるので、慣れればさほど厳しいとは感じないでしょう。

リスニングの試験は、例年は出題されていません。

>>英語の偏差値が40から70に上がる方法、知りたくないですか?➡

 

京都大学の英語の対策&勉強法

 

大問1,2:長文の対策法

 

京都大学の英語長文は、文構造が複雑なうえに、抽象的な文章が多いです。

「この文、何を言ってるんだろう・・・」となりがち。

そんな難しい文章の和訳問題や、内容を説明する問題が出てくるわけですから、難易度は高いですね。

そんな京都大学の英語長文を攻略するためには、4つの力が必要になります。

「語彙力」、「推測力」、「精読力」、「筆者の主張をとらえる力」の4つ。

>>あなたは天才?凡人?「勉強センス診断」はこちら

 

語彙力

 

京都大学の英語長文は抽象的な文章が多く、文構造が難しいですから、単語・熟語が大きなヒントになります。

覚えておくべき単語・熟語を知らない状態で、京大の長文を読んでも、ほとんど何も分からないでしょう。

まずは基礎~標準レベルの英単語英熟語を、瞬時に言えるようになるまで鍛え上げてください。

基礎~標準レベルの英単語英熟語に穴があるようでは、京大と戦うのはかなり難しくなってしまいます。

標準レベルまでの語彙をマスターしたら、時間が許す限り、たくさんの語彙を覚えてください。

 

京都大学の英語長文では難しい語彙が多く出てきますから、知っていれば知っているほどヒントになります。

知らない語彙や読めない文が出てきたときには、推測していかなければいけないのですが、推測するためにはまずは、語彙力が必要なんです。

知っている語彙をもとに、推測していかなければいけませんからね。

 

推測力

 

京都大学の英語長文は難しいですから、分からない部分は自分で推測していかなければいけません。

トレーニング方法としては、普段から英語長文を読む際に、分からない文や語彙を調べる前に、自分で推測すること。

100%正しい答えを出す必要はなく、意味が通ればOK。

 

知っている単語と前後の文脈から推測して、なんとなく意味をつかんでいく。

この感覚がとても大切なんです。

推測した語彙や文が見当はずれになっていないか、必ず答え合わせもしましょう。

徐々に正確に推測できるようになっていくはずです。

推測力が磨かれれば、長文が読みやすくなるのはもちろん、京大の和訳問題の得点力も上がります。

 

京大の和訳問題では難しい語彙が使われるうえに、前後の内容を理解していないと解けないケースが多いです。

ですから推測力がないと解けませんし、大学側も推測力を求めています。

日ごろから推測力を鍛えるトレーニングを積み重ね、得点力を上げていきましょう。

 

精読力

 

京都大学の抽象的な長文を読み取るためには、まずは1文1文をしっかり読めるようにしなければいけません。

1文1文が読めない状態では、京大の長文とは戦っていけませんからね。

精読力を鍛えるためには、英文の文構造を深く理解する必要があります。

そのためには何度もペンを使って英文にSVOCなどの構文を振って、慣れていくしかありません。

最終的には、無意識に文構造を読み取れる状態を目指しましょう。

精読力を鍛えるための具体的なトレーニング方法については、「精読力UP!!スラッシュリーディングのやり方」をご覧ください。

 

筆者の主張をとらえる力

 

京都大学の英語長文は抽象的ですが、それでもテーマをしっかりと把握し、文章の要点をとらえなければいけません。

全体像が捕まえられないと、「文章が読めているはずなのに、内容が頭に入ってこない」という現象に。

大切なのは、3つ。

 

・文章を1文1文がつながった、ストーリーとして理解する

・常に筆者の主張を考えながら読む

・テーマが分かるまでは、ゆっくりじっくり読んでいく

 

この3つを意識して、日ごろから長文を読んでいきましょう。

そうすれば自然とクセがついて、抽象的な文章も読めるようになっていきます。

詳しいトレーニング方法は、「論理的に読もう!パラグラフリーディングのやり方」をご覧ください。

 

大問3,4:英作文の対策法

 

京都大学の大問3,4は英作文。

和文英訳の問題が出題されることもあります。

 

まずは基本的な英文が書けることが大前提。

そのためには有名な構文を使った例文を、たくさん暗記してしまいましょう。

例文ごと暗記してしまえば、頻出の「型」をインプットできますから、後はアウトプットするだけ。

例文を暗記して、たくさん問題を演習して、英作文を攻略しましょう。

詳しいトレーニング方法は、「例文暗記がカギ!英作文の対策法」をご覧ください。

 

英訳問題は、英作文よりも厄介。

日本語を英語に書き換える問題です。

京都大学の英訳問題を攻略するためには、英訳する文の意味を変えずに、自分がかける内容に書き換える必要があります。

問題となる日本文は、「書きにくいなぁ」と感じるような、ひねられた文が多いです。

いきなり英語に直そうとすると、違和感のある英文になってしまうでしょう。

 

意味を崩さないように、問題文を自分なりに理解してかみ砕いて、書きやすい日本文に直しましょう。

それから英語に訳していきます。

 

過去問や練習問題をたくさん解いて、日本文を易しく置き換える練習をしてください。

東北大学や新潟大学で、和文英訳問題が出題されています。

練習用にぜひ解いてくださいね。

 

京都大学の英語の対策法まとめ

 

ここまでお伝えした通り、京都大学の英語は頭を使う、難しい問題が多いです。

入試の直前から対策をしても、間に合わないでしょう。

できる限り早く過去問に目を通し、「どんな力をつけなければいけないのか」を知っておいてください。

必要な力を頭に入れたうえで勉強を進めていくことで、京大合格へ近づいていけるでしょう。

 

>>安定して合格点を取る!最強の過去問演習法はこちら

>>京都大学の英語長文がどうしても読めない方はこちら

>>英語の偏差値が40から70に上がる方法、知りたくないですか?

>>60秒でできる!あなたの勉強センス診断はこちら





⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡
大和@受験講師
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。
英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。

しかし、浪人期にインターネット上で 「誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法」 を発見し、偏差値を77.7まで上げ、早稲田大学に合格。
通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。

自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。
開発した「英語長文専用勉強法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。


⇒【天才?凡才?】60秒勉強センス診断はこちら!
⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら➡

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡



無料で、英語 長文の読み方を公開中


無料メールマガジン:英語 長文専用勉強法

たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める方法



単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値70.4、全国22位まで登りつめました。
その具体的な「英語 長文の読み方」を、無料でお伝えしています。
短期間で一気に偏差値を上げ、色々な人に自慢したいあなたはぜひ登録してください。







3:54 PM