超効率大学受験独学勉強法まとめブログ

古文は読まずに解く!最強古文長文読解法【早稲田レベル攻略】


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

146秒で読めます。

古文が全く読めない受験生必見!最強の読解法!

 

「単語と文法を勉強しても、古文が読めません。」

多くの受験生からこんな声を聞きます。

あなたもそんな悩みを持っているかもしれません。

そんなあなたも、この記事を読み終わったときには、そんな不安は一切消えています。

古文に対する苦手意識は消え、点数もグッと上がるでしょう。

明日から楽しく古文を勉強している自分を想像しながら、この記事を読んでください。

 

「正しい」古文の読解法はこれだ!!

 

まず、大学受験の古文は「読めない」のを恐れないことが大切です。

なぜなら、読めないような難しい文も多く出題されるからです。

英語や現代文のように大部分を読めることを前提として解くことがまず、間違っているのです。

なので、これからは古文を「読む」という意識よりも、古文を「解く」と言う意識に変えてください。

 

>>あなたは天才?凡人?「勉強センス診断」はこちら

 

古文は知識の吸収が命!

 

そして古文を「解く」ためには、今まで以上に古文単語や古文文法といった知識を入れていかなければいけません。

これらの知識がなければ、古文を「解く」ことが出来ないからです。

逆に言えば、古文は「知識を暗記して解く」ことが出来れば、しっかりと合格点を取ることができるのです。

 

古文単語に関しては、「古文単語ゴロゴ」を使って、ゴロで効率よく暗記してください。

古文文法に関しては、「富井の古文文法をはじめからていねいに」を使ってください。

助詞・助動詞の表が最も大切になりますので、付属のCDを使って歌で覚えていきましょう。

古文単語・古文文法が完璧になれば、それらの知識だけで解ける問題は確実に取れるようになります。

 

古文の読解は「ゴリ押し」で行け!

 

これらの知識に加えて、文章理解が必要な問題も出てきます。

これに関しても、「主語」を意識しながら現代文と同じようにゴリ押しで読んでいけば、意外といけるものです。

古文アレルギーの受験生が多く、鼻っから読めないと決め付けてしまいがちですが、単語と文法が入っていれば、後はゴリ押しで読んで、解いて、合格点を取ることができます。

 

先ほどもお伝えしたとおり、読めない部分が多いことを忘れないでください。

「しっかりと知識を入れること」

「読めないことを前提に、主語を意識してゴリ押しで読む事」

を念頭において、古文の勉強に励んでください。

そうすれば、周りが苦手な古文を自分だけ得意分野にして、入試を圧倒的に有利に進めていけます。

その先には間違いなく夢の志望校合格が待っています!

現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。
英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。

しかし、浪人期にインターネット上で
誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法
を発見し、偏差値を77.7まで上げ、早稲田大学に合格。
通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。

自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。

開発した「英語長文専用勉強法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。

⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら



無料で、英語 長文が読める勉強法を公開中


無料メールマガジン:英語 長文専用勉強法

たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める勉強法



単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値77.7、全国4位まで登りつめました。
その具体的な勉強法を、100名限定・無料でお伝えしています。
短期間で一気に偏差値を上げ、色々な人に自慢したいあなたはぜひ登録してください。













-大学受験 古文の対策と勉強法

合わせて読みたい記事!



⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら