【大学受験エバースタディ】~大学受験の勉強法~

漢文の読み方と勉強法、解き方のコツ教えます【センター~早稲田対策】


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

46秒で読めます。

漢文の読み方のコツと勉強法、解き方教えます【センター~早稲田対策】

 

漢文の読み方のコツと勉強法、解き方教えます【センター~早稲田対策】

 

漢文って、難しそうでなんだか勉強したくないですよね。

なんでわざわざ、中国の文を読まなきゃいけないんだ~!笑

問題として出されてしまうわけですから、そんなことを考えていても仕方がありません。

1つのゲームとして、いかに時間をかけずに漢文を攻略していくかを考えていきましょう。

 

漢文は国語という教科の中の、1つの分野にすぎません。

そして古文現代文に比べて、配点は小さいことが多いです。

ですので漢文はサクッと攻略して、配点の高い英語や現代文に時間をかけたいですよね。

そこでここでは、2カ月でゼロからセンター試験で8割以上、早稲田レベルの漢文も攻略する勉強法をお伝えしましょう。

漢文の読み方、解き方がしっかりとマスターできて、漢文が得意分野になること間違いなし!

 

最速で偏差値を上げる漢文の読み解き方と勉強法

 

漢文の勉強法ステップ①句法と漢字を覚える

 

英語は英単語英文法英熟語を覚えますよね。

漢文は「句法」漢字を覚えていきます。

英単語は2000個くらいは覚えなきゃいけないですが、漢文の漢字は100個くらいです。

句法だって70個くらい覚えれば、しっかりと点数が取れるようになります。

そんなに大変ではないので、安心してくださいね。

句法と漢字を覚えるために、「漢文ヤマのヤマ」や「漢文早覚え速答法」など、漢文の参考書を1冊用意しましょう。

 

漢字については、参考書に掲載されている100個ほどの漢字を、すべて覚えればOKです。

志望校の過去問を先に見て、漢字を書かせる問題が出題されるかどうかだけは、先に確認しておいてください。

漢字を書かせる問題が出題されないのであれば、その分、漢字の勉強は楽になりますからね。

基本的には「読み方」「意味」の2つを覚えておけば、問題ありません。

 

句法は、入試問題で問われる3つのパターンを想定して、勉強していきましょう。

丸暗記するよりも得点に直結するので、漢文の勉強にかかる負担を減らせます。

 

①特定の句法を使った文をの訳を問う

②特定の句法が含まれた文を、書き下し文にさせる

③返り点の正しい振り方を問う

 

の頻出3パターンに沿って、対策をしていきます。

 

①特定の句法を使った文をの訳を問うケースは、参考書の句法の訳を覚えて、例題を使って実践的にアウトプットしましょう。

 

英単語と違って、訳と意味を丸暗記しても、いざ文章を訳そうとすると難しいのが漢文の句法です。

実際に例題を訳して、「覚えた句法は、こうやって使うんだ」というのを学びましょう。

 

②特定の句法が含まれた文を、書き下し文にさせるケースは、たくさんアウトプットすることで身につけましょう。

漢文早覚え速答法には、「いがよみ」というものがあります。

句法の漢字以外の部分の読みが、ハイスピードで覚えられるようになっています。

「いがよみ」繰り返し音読することで、自然と頭にインプットされていき、書き下し文に直す力が身に付きます。

 

漢文ヤマのヤマを使う場合は、付属の演習ドリルを解きましょう。

入試本番のように、実際に書き下し分に直させる問題がたくさん掲載されているので、実際に解いて力をつけましょう。

 

③返り点の正しい振り方を問うケースは、自分でガンガン返り点を振って力をつけていくのが、一番の近道です。

参考書の例文や例題の文を、別紙に白文の状態で書き出して、自分で返り点を振っていきましょう。

ちょっと大変な作業ではありますが、間違いなく得点に直結します。

早稲田大学を中心に、難関大学では白文に返り点を振らせる記述問題が頻出です。

配点も高いので、しっかりと対策しておきましょう。

 

漢文の勉強法ステップ②漢文の読み方を学ぶ

 

句法と漢字をインプットしたら、漢文の読み方を学んでいきましょう。

基本的にはここまで学んできた漢字と句法に沿って、読み進めていきます。

ポイントは2つです。

 

1つ目のポイントは、「漢文は読めない部分も多い」という意識を持つこと。

英語長文であれば、ほとんどの文が読めて、頭に内容がバッチリ入っていることも多いでしょう。

しかし漢文は、覚えた漢字も少ないですし、読める部分はそう多くはありません。

ですので覚えた漢字と句法をフルに活用して、「点数を取る」ことにフォーカスしましょう。

スラスラ読めることが目的ではなく、あくまで点数を取れればOKと考えてください。

 

2つ目のポイントは、「情景をイメージしながら読む」こと。

漢文は読める部分が少ないわけですから、その分自分で補いっていかなければいけません。

情景をイメージしながら、臨場感を持って読んでいると、「ここは読めないけど、この状況だから、きっとこんなことをしたってことだろう」と推測できるようになります。

覚えた漢字と句法に加えて、推測力を働かせて、「ゴリ押し」で読んでいきましょう。

少々読めないところがあっても、毎回立ち止まるのではなく、力技で読み進めてください。

 

漢文の勉強法ステップ③問題演習で、読み解き方を身につける

 

必要な知識をインプットしたら、後はアウトプットをするだけです。

漢文の問題をたくさん読み解き、今までインプットした知識を、得点につなげられるようにしましょう。

漢文はこれまでの人生で、ほとんど触れることがなかったはずですから、とにかく問題演習をしまくることが大切なんです。

そうすればいつの間にか、漢文に対する苦手意識やアレルギーがなくなっていくでしょう。

徐々に「漢文って、こうすれば点数が取れるんだな」と、漢文の解き方が分かるようになってきますよ。

 

【現代文の勉強法】解き方のコツと読み方。センター満点/早稲田大学も対策 現代文はどう読んで、どう解いていけば良いか。 そしてどんな風に勉強していけば

 

古文/古典の読み方と勉強法と解き方のコツ。早稲田大学満点&センター試験9割 ちょっとは勉強したはずなんだけど・・・ 「古文が読めない!!もはや呪文に見える!

 

センター試験の小説読解法!解き方と読み方のコツ&勉強法【国語現代文】 小説の勉強法が分からない・・・ 点数が全く安定しない・・・ 小説ってセン

 



⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら




大和@受験講師
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。
英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。

しかし、浪人期にインターネット上で 「誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法」 を発見し、偏差値を77.7まで上げ、早稲田大学に合格。
通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。

自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。
開発した「英語長文専用勉強法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。
⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら



無料で、英語 長文の読み方を公開中


無料メールマガジン:英語 長文専用勉強法

たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める方法



単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値77.7、全国4位まで登りつめました。
その具体的な「英語 長文の読み方」を、無料でお伝えしています。
短期間で一気に偏差値を上げ、色々な人に自慢したいあなたはぜひ登録してください。










11:40 PM