英語の並び替え/整序問題の対策と解き方のコツ!難問にも効果的。おすすめの参考書/問題集も


英語の並び替え/整序問題の解き方のコツ!

センター英語の並び替え/整序問題の解き方のコツ!難しい!

大学入試の英語で出てくる、並び替え問題(整序問題)、なかなか難しいですよね。

そのうえ配点も高いので、絶対に間違えられない。

大学入試の英語で高得点を取るためには、並び替え問題は徹底的に対策が必要です。

 

ここでは大学入試の英語の並び替え問題を解くための、すぐに使えるテクニックをお伝えします。

次に過去問を解くときや、模試を解くときには、並び替え問題で満点が取れるかもしれない、それくらい即効性のあるテクニックです。

ぜひ並び替え問題のテクニックをマスターして、点数を稼いでいきましょう。

 

並び替え問題の解き方や、勉強に関するご相談をLINEで無料でお受けしています。

私の英語の偏差値が40から70を超え、早稲田大学に合格できた勉強法も無料でお伝えしていますので、下のリンクをご覧ください。

>>偏差値が1ヵ月で40から70に!私が実践した「たった1つのワザ」はこちら!

 

旧センター試験で過去に、実際に出題された問題を例にして、一緒に解き方をマスターしていきましょう。

 

並び替え問題

語句を並び替えて空所を補い、文を完成させよ。

Children of six ______ (______) ______ (______) ______ they are with an adult.

①are not permitted ②and under ③to use ④unless ⑤the swimming pool

 

並び替え問題はこのような形で、英文の一部が空白になっていて、そこに複数の選択肢を並び替えて挿入していく形がメイン。

パッと見ると選択肢が多くて、「難しそうだなぁ」という印象を持つ方も多いでしょう。

この問題は他の空所補充型の文法問題と比べて、配点が2倍となっていて、高得点を取るためのキーとなっています。

では具体的にこの並び替え問題をどう解いていけば良いか、詳しく解説していきましょう。

 

並び替え問題の解き方①選択肢を減らす

 

並び替え問題を解く際、どこにどの選択肢を入れればよいのか迷い、頭がこんがらがってしまいがち。

これは受験生を迷わせるために、できる限り選択肢を分解して、難しく見せているからです。

ですからまず初めに、選択肢同士をくっつけ、選択肢を減らしていきましょう。

 

例えば今回の問題。

 

「permit to  A(動詞)で、Aをすることを許す」

①are not permitted→③to use

 

これで選択肢が

①are not permitted to use ②and under ③unless ④the swimming pool

と4つになります。

かなり難易度が下がったと思いませんか?

 

さらに

「use=~を使う」

ですから、useの後には「使うもの」、つまり目的語を置かなければいけません。

「~を使う」の目的語となるものは、もちろん名詞です。

今回の場合は、名詞は④the swimming poolしかありません。

 

①are not permitted→③to use→④the swimming pool

 

これで選択肢は

①are not permitted to use the swimming pool ②and under ③unless

なんと3つになってしまいました!

3つの並び替え問題だと考えれば、かなり難易度は下がりますよね。

ポイントは「文法的にこれしか考えられない」という選択肢を先につなげることです。

選択肢を整理して、ムダなミスを無くすことで、正答率が上がります。

>>1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた「秘密のワザ」はこちら

 

並び替え問題の解き方②最初と最後を埋める

 

並び替え問題

語句を並び替えて空所を補い、文を完成させよ。

Children of six ______ (______) ______ (______) ______ they are with an adult.

①are not permitted to use the swimming pool ②and under ③unless

 

選択肢を減らせるところまで減らしたら、空欄の最初と最後を埋めましょう。

空欄の最初と最後は、元の文とつながっているので、ヒントが多く与えられています。

逆に真ん中の部分は、ヒントがまったくないので、ここに選択肢を埋め込んでいくのは危険ですね。

 

今回の場合は、最後の空欄を見てみましょう。

空欄の後ろが[they are]

つまり、主語述語があるので1つの文が成り立っています。

1文の途中で主語述語が出てくるのですから、この前には「接続詞」が入りますよね。

今回の場合は③unless(~でない限り)しかありません。

 

すると残る選択肢は、

①are not permitted to use the swimming pool ②and under

の2つだけになりましたよ!

 

ここでのポイントも、「空欄の最初と最後に、文法的にこれしかありえない」選択肢を入れることです。

1つ1つステップを踏んで問題を解き進めていくと、並び替え問題は意外と難しくないと感じるでしょう。

>>1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた「秘密のワザ」はこちら

 

並び替え問題の解き方③選択肢を並び替える

 

並び替え問題

語句を並び替えて空所を補い、文を完成させよ。

Children of six ______ (______) ______ (______) unless they are with an adult.

①are not permitted to use the swimming pool ②and under

 

ここまできたら、やっと選択肢を並び替えていきます。

ここで大切なのは、「すべての選択肢、文を訳す」ことです。

やってみましょう。

 

Children of six=6歳の子供

unless they are with an adult=彼らが大人と一緒でない限り

①are not permitted to use the swimming pool=水泳用のプールを使うことは許されない

②and under=???。

 

こんな感じです。

②and underは、文脈によって訳し方が変わりそうなので、「???」としておきます。

 

ここまでの要素をつなげると、

「6歳の子供は、水泳用のプールを使うことは許されない、彼らが大人と一緒でない限りは。」

となりますね。

 

ここに残った②and underを入れてみましょう。

 

Children of six ②and under

とするのか

the swimming pool ②and under

とするのかのどちらかしか選択肢はありません。

 

自然な訳を考えてみると、

6歳の子供に②and underをつなげて、

 

「6歳以下の子供は、水泳用のプールを使うことは許されない、彼らが大人と一緒でない限りは。」

となりますよね。

 

Children of six and under are not permitted to use the swimming pool unless they are with an adult.

この文が正解になります。

最初は選択肢が多く難しく感じたかもしれませんが、実際に回答を作ってみるとなんてことないはずです。

>>1ヶ月で早稲田慶應・難関国公立の英語長文がスラスラ読めるようになる方法はこちら

 

並び替え問題/整序問題は完答が必要

 

「並び替え問題で1つ選択肢が当たっていたのですが、部分点はもらえますか?」という質問をよく頂きます。

しかし並び替え問題は基本的に、完答しないと全く点数がもらえません。

全く違う文を作ってしまったのに、たまたま1つの選択肢が当たってしまったという場合に、得点を与えないためです。

ギリギリの不正解でも、全く分からなくても点数は同じ0点。

並び替え問題は「たまたま」で正解できるケースがほとんどないので、たくさん問題演習をして、確実に答えられるようにしなければいけません。

 

並び替え問題/整序問題を対策する前に

 

並び替え問題は英文法のオーバーラッピング空所補充問題と比べて、難易度が大きく上がります。

4択で空所に入るものを選ぶ問題よりも、英文を自分で作っていく問題の方が、レベルが高いのは当然ですよね。

より高い英文法の力が求められるので、まずは英文法を理解することを優先してください。

英文法が理解できていない状態で並び替え問題をたくさん解いても、理屈が理解できないので力は伸びていきません。

 

まずは講義形式の参考書などを活用して、英文法を理解することから始めてください。

英文法を理解して、NextStageVintageなどのオーソドックスな問題を解けるようにしてから、並び替え問題の対策をしましょう。

英文法の勉強の進め方など、英語の勉強法をLINEで相談したい方は下のリンクをご覧ください。

>>偏差値が1ヵ月で40から70に!私が実践した「たった1つのワザ」はこちら!

 

並び替え問題/整序問題に時間をかけすぎない

 

大学入試の英語は時間との戦いなので、1つ1つの問題をスピーディに解いていかなければいけません。

並び替え問題は配点が高いのでどうしても正解したいところですが、空所補充問題などと比べると、どうしても時間がかかってしまいます。

並び替え問題の回答の際に「これとこれ、どっちの順番が正解だろう」と1度悩み始めると、止まらなくなってしまいます。

かなり時間を消費してしまう可能性があるので、入試本番では必ず注意してください。

1つの問題に執着しすぎてしまうと、試験全体の点数が大きく落ちてしまう危険性があります。

>>1ヶ月で英語の偏差値が30伸びた!最強の英語長文の読解法はこちら

 

並び替え問題/整序問題で高得点を取るために

 

並び替え問題ではここまでの内容を見て頂いても分かるように、「英熟語」「英語構文」が良く問われています。

英熟語や構文を「as many as=~と同じくらい」などと訳だけを覚えていても、並び替え問題では力を発揮しません。

例えば[as/books/as/many]という4つの選択肢があった時、どのように組み合わせるかを考えるとき。

[as many books as]という正しい形を作るためには、訳を覚えているだけでなく、使い方まで理解しておかなければいけません。

 

ですから英熟語や構文を覚えるときは、例文を自分で作れるようになるまで深く勉強してください。

英単語を覚えるときも、セットで使う前置詞の使い方までケアしておきましょう。

ここまできちんと勉強している受験生は意外と少ないので、配点が高い並び替え問題で差をつけるポイントになります。

 

並び替え問題/整序問題におすすめの参考書・問題集

 

NextStageやVintage、スクランブルなどの、英文法・語法の問題集を勉強している人はとても多いです。

これらの問題集は空所補充型の4択問題がメインで、並び替え問題の問題はあまり演習できません。

並び替え問題は配点が高いので、他の問題と同様にたくさんの問題を解いていきましょう。

できる限りスピーディに問題を解けるようにするために、ストップウォッチで時間を測りながら解いていくのも効果的です。

 

おすすめは「英語整序問題精選600」

配点が高い整序問題をこれでもかというほど解けるので、とても良い演習になります。

ただ難易度はそれなりに高いので、英文法の基礎が固まっていないと、ほとんど解けない可能性があります。

「整序問題はいつから対策するべきですか?」という質問をよく頂きますが、ネクステージやヴィンテージなどの問題集を1冊取り組んでから、整序問題の本格的な対策に入っていきましょう。

 

並び替え問題/整序問題の解き方のコツまとめ

 

①選択肢を減らす

②最初と最後の空欄を埋める

③選択肢を並び替える

 

この順番で解いていけば、難しい並び替え問題の難易度が、ぐっと下がります。

今までは、いきなり選択肢を並び替えて、頭がこんがらがっていた受験生も、ぜひこの解き方で挑戦してみてください。

配点の高い並び替え問題が、得点源になりますよ。

 

英語長文はちゃんと読めてる?

 

並び替え問題も配点が高いですが、大学入試の英語で配点が一番高いのは英語長文。

並び替え問題がニガテな受験生はそもそも、英語長文も読めていないケースが多いです。

なぜなら英語長文を読むためには並び替え問題に必要な、単語や文法の力も必要ですからね。

逆に言えば英語長文をスラスラ読めるように、そして満点を取れるようにすることをゴールに勉強していけば、並び替え問題にも対応できる可能性が高いんです。

目先の点数を取ることにとらわれず、英語長文を読めるようにすることをゴールに英語を勉強していきましょう。

早稲田大学の英語長文を攻略した私が、LINEで英語長文の読み方を無料でお伝えしていますので、下のリンクをご覧ください。

>>1ヶ月で早稲田慶應・難関国公立の英語長文がスラスラ読めるようになる方法はこちら!





⇒【秘密のワザ】1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた方法はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら

⇒【速読】英語長文を読むスピードを速く、試験時間を5分余らせる方法はこちら









この記事も読まれています

1

1ヶ月で東大京大・早 慶の英語 長文を攻略する勉強法とは はじめまして。 私は受験生の時に、全国記述模 試で22位にランクインし、早稲田大学に合格しました。 そして自ら予備校を立ち上げ、偏差値30台の ...

2

大学受験の勉強を始めるときに誰もが思うのが、「受験勉強って、何をすれば良いの!?」ということ。 「勉強を頑張るぞー!!」という気持ちはあっても、どう動けばよいか分からない。 そして少しずつ熱も冷めてし ...

3

大学受験の勉強、いつから本気出そうかな。 いつから受験勉強を始めれば、志望校に合格できるんだろう。 私も高校2年生の時、こんなことをいつも考えていました。筆者 高校がさほど頭の良いところではなかったの ...

4

模試の結果が返ってきて、良ければもちろん嬉しいですし、悪いとやる気がなくなってしまいますよね。 私が受験生の時も、模試の返却はビッグイベントで、結果を見るときはとても緊張したことを覚えています。 受験 ...

5

赤本の使い方と復習ノートの作り方!いつから何年分解く? 受験生受験勉強と言ったら赤本ですけど、いつから解くのか、どうやって復習するか全然分からないです・・・。 「赤本」は受験勉強の中で、合否に1番関わ ...

6

インターネットでは「ニッコマは超余裕」なんて書き込みを、目にすることが多いです。 私が受験生の時も「日東駒専は滑り止めにしよう」と、少し見くびってしまっていました。 現役の時の受験の結果はMARCH1 ...

7

志望校を決めるときに、国公立大学にするべきか私立大学にするべきか、悩みますよね。 少し学力の高い高校だと「国公立大学は私立大学よりも優れている」、「国公立大学を目指すべきだ」という先生方も多いです。 ...

Copyright© 予備校PISTA , 2020 All Rights Reserved.