英文読解の透視図の難易度と使い方&やり方【東大京大一橋早慶レベル】






424秒で読めます。

英文読解の透視図の難易度と使い方&ハイレベルなやり方

 

英文読解の透視図の難易度と使い方&やり方【東大京大一橋早慶レベル】

 

英文読解の透視図の特徴

 

「英文読解の透視図」の狙いは英文法を英文読解に活かす」こと。

英文法を学んだら英文が読めるようになるはずなのに、読めない。

勉強した英文法を使って、英文をしっかりと読めるようにしてくれます。

取り扱われる文章はさほど長くないので、1文1文を丁寧に読む力が身に付きます。

1文1文を読む力がついていないのに、英語長文へ進んでしまう受験生がとても多いんです。

だから英語長文が、なかなか読めるようにならないんですね。

「英文読解の透視図」で1文1文を読む力をつけてから、英語長文へと進んでいきましょう。

 

英文読解の透視図のレベル

 

「英文読解の透視図」は東大や京大、早稲田・慶應、国公立医学部といった難関校の過去問から構成されています。

難しい分、それだけハイレベルな英語力が身に付きます。

基本的な英単語・英文法はしっかり学んだうえで取り組んでください。

まだ英文を読む力に自信がないという受験生は、「入門英文解釈の技術70」で簡単な英文を読めるようにしてから「英文読解の透視図」を勉強しましょう。

>>入試までもう間に合わない!諦めたくない受験生はこちら

 

英文読解の透視図のハイレベルな使い方&やり方

 

まずは別冊を読もう

 

英文読解の透視図には、英文読解再入門という別冊が入っています。

5文型など英文を読むうえでの最低限のルールが解説されているので、もう一度復習しておきましょう。

この部分に抜けがあると、英文読解の透視図を理解するのは難しいですからね。

 

英文読解の透視図の進め方

 

講のはじめのページを開くと、Challenge問題というのがあります。

Challenge問題から解くのではなく、その次のページにある「Challenge問題を解く前に」という部分の問題から解き始めましょう。

そして解説を読んで、Challenge問題へと進んでいきます。

解説の「STEP UP」という部分は特に重要なので、時間をかけて読んでください。

両方の問題が完璧にマスターできたら、次の講へと進みましょう。

 

英文読解の透視図の具体的な使い方と勉強法

 

英文読解の透視図に、実際に取り組んでいきましょう。

 

大切なポイントは

・全文を和訳し、ノートに書きだすこと

・辞書は使わず、分からない単語は推測すること

・全文にSVOCMを振ること

・どんなに分からなくても、最後まで書ききること

の4点です。

 

ポイント①全文を和訳し、ノートに書きだすこと

 

下線部だけでなく、全文を和訳しましょう。

そしてその訳は、必ずノート等に書き出してください。

頭の中で考えているだけだと、解説を読んだ時にどこが分かっていなかったのかがあいまいになってしまいます。

ノートに書き出して、解説や解答とじっくり見比べましょう。

この作業をすることで、英文和訳問題の回答力も身に付きます。

 

ポイント②辞書は使わず、分からない単語は推測すること

 

知らない単語や読めない部分が、たくさん出てきます。

その際には辞書は使わず、推測してください。

分からない部分があるのは、入試本番でも同じです。

その時に自力で推測して、乗り切る力が必要不可欠なんです。

英文読解の透視図で推測力も鍛えましょう。

 

ポイント③全文にSVOCMを振ること

 

とても大変な作業ですが、全文にSVOCMといった文構造を振りましょう。

まだこの作業ができない受験生は、「入門英文解釈の技術70」を勉強して、先に構文を振る力をつけてください。

1文1文を、文構造を理解しながら読む力をつけないと、英語長文は読めるようになりません。

この作業を英文読解の透視図で行い、読解力を身につけましょう。

 

ポイント④どんなに分からなくても、最後まで書ききること

 

途中で分からなくなっても、解くのをやめないということを徹底してください。

どんなに不自然な文になってしまったとしても、最後まで書ききることが重要です。

「自分で考える力」が鍛えられるので、応用力が身に付きます。

知識を一問一答で答えるような問題ではない、応用力が必要とされる問題にも、自分で考えて答えられるようになります。

 

倒置と強調構文に気を付けよう

 

受験生が引っかかるポイントは、倒置と強調構文です。

倒置と強調は難しい単元の代表で、多くの受験生がニガテ意識を持っています。

その一番の原因は、圧倒的に演習量が不足しているからです。

テキストの引用元の原文には、強調構文・倒置は使われているのですが、簡単な形に書き換えができてしまうので、テキスト編集の段階でほかの表現に置き換えられてしまうことがあるんです。

 

英語は強調するための副詞などがあまり多くない単語なので、倒置や強調を使って、文の緩急を付けていきます。

倒置も強調も、文のポイントとなる表現ですから、文中の重要な部分に使われるケースも多いんです。

両者に共通する特徴は訳せそうではあるんだけど、なにか違和感がある・・・といった印象でなんとなくパスしてしまいます。

しかし英文読解の透視図には、倒置や強調の内容がつまっているので、バッチリ勉強できます。

英文読解の透視図で何度も勉強することで、倒置や強調にたくさん触れられるので、文中で出てきても、ひるむことはなくなるでしょう。

周りの受験生と、大きく差をつけられている証拠ですね。

 

英文読解の透視図の復習のやり方

 

1周終わったら、もう1周しましょう。

この際に大切なのは、「学んだ解説を自分で再現しながら、もう一度解きなおす」ことです。

解説の内容を再現しながら完璧に解けるようになれば、相当な英文読解力が身についています。

 

3周目以降は、英文読解の透視図の文章を多読しましょう。

構文やポイントを意識しながら、空き時間に読んでください。

何度も何度も読み込むことで、身体に構文やポイントがしみ込んでいきます。

無意識の状態で難しい英文が読めるようになるのを、ゴールとしましょう。

 

【大学受験英語長文】音読の効果とやり方のコツ!参考書を使った勉強法はこれ

 

センター英語長文は読まずに解く?「全部読まない」の真相とは

 

パラグラフリーディングのやり方と勉強法のコツ!参考書で大学受験の英語長文攻略

 


⇒センター試験が廃止!3分でわかる共通テストの解説はこちら

⇒時間がない!合格を諦めかけている受験生はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡

⇒【LINE講座!】受験の英語をLINEで相談したい受験生はこちら

>>30日で早慶・国公立の長文が読めるようになる方法はこちら

受験エキスパート
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。 英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。 浪人期に図書館にこもって研究し、 「誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法」 を発券し、偏差値を73まで上げ、早稲田大学に合格。 通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。 自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。 開発した「独自の英語長文読解法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。 センター試験の英語の対策法も研究し、無料で公開している。


⇒センター試験が廃止!新しい英語の最強の攻略法はこちら

























LINEで英語長文の読み方を教えています!


たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める方法


単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値70.4、全国22位まで登りつめました。
その具体的な「英語長文の読み方」を、LINEにてお伝えしています。
勉強や受験に関する相談も受け付けています!



Copyright© 大学受験の偏差値上がる勉強法 , 2020 All Rights Reserved.