【大学受験エバースタディ】~大学受験の勉強法~

基礎&英文解釈の技術100の難易度と使い方!CDを使った音読のやり方


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

47秒で読めます。

基礎&英文解釈の技術100の効果抜群の使い方&勉強法

 

英文解釈の技術100

 

基礎&英文解釈の技術100の特徴

 

英文解釈の技術は、英文読解に必要となる構文を把握する力を育てるための本です。

1文1文を正確に読み取る力、いわゆる精読力を鍛えてくれます。

1文1文が読めるようになって、初めて英語長文が読めるようになります。

英語長文をなんとなくフィーリングで、左から右へ読み流してしまっている受験生は、ぜひ一度勉強してみてください。

>>英語の偏差値が40から70に上がる方法、知りたくないですか?➡

 

英文解釈の技術シリーズのレベル

 

入門英文解釈の技術70センター試験レベル

入門と名がついていますが、さほど簡単ではなく、なにより一番大切な土台となる部分です。

「自分はある程度の偏差値があるから飛ばそう」という過信が、受験生の一番の敵。

どんな受験生も一度は取り組んでほしい参考書です。

>>入門英文解釈の技術70の正しい使い方はこちら

 

基礎英文解釈の技術100…GMARCH・中堅国公立レベル

このレベルの英文が完璧に解釈できるようになれば、レベルの高い大学の英語長文も読めるようになります。

難易度もある程度難しくなるため、取り組む前に十分に基礎力を固めてください。

 

英文解釈の技術100早慶・難関国公立レベル

難関大学を目指す人はこのレベルまで英文解釈の力をつけてください。

難しい英文であっても難なく読めるようになります。

ただしレベルは相当高いので、注意してくださいね。

相当な英語力がある受験生以外は、入門編から初めて、基礎の基礎から力をつけていくことをおすすめします。

>>あなたは天才?凡人?「勉強センス診断」はこちら

 

基礎&英文解釈の技術100の使い方&勉強法

 

使い方&勉強法:ステップ0 前提知識の吸収

 

まず初めに基本的な英文法の知識をインプットしていないと、構文解釈の作業に入れません。

SVOCの5文型を中心に、一通り文法を学んでおきましょう。

関正生の世界一わかりやすい英文法の授業」など、易しい英文法の講義の参考書を1冊勉強してください。

 

使い方&勉強法:ステップ1 精読の練習

 

まずは初見で「タイトルを見ずに」解いてください。

タイトルは大きなヒントとなってしまうため、実践力が鍛えられません。

その際に全文にSVOCMの構文を振ってください。

そして全訳を、ペンでノートに書きとりましょう。

 

構文を自分の手で振ることで、精読力が鍛えられます。

全訳を書き取ることで、和訳問題の対策にもなります。

どちらも大変な作業ではありますが、必ず行ってくださいね。

 

問題を解く際の注意点

 

わからない語彙が出てきても、絶対に調べてはいけません。

わからないなりに「推測」する力が受験では必須です。

その力も一緒に鍛えていきましょう。

レベルの高い語彙が出てくるので、それを全て覚えていく必要はありません。

二度と出てこないであろう難しい単語を覚えても、時間のムダですからね。

 

解き終わったら、解説を読みましょう。

自分の訳が間違っていた場合、しっかりと修正するわけですが、1つポイントがあります。

それは訳を覚えるのではなく、「なぜその訳になるのか」を構文の解説を見て理解することです。

最終的に何も見ずに、全ての文に自力でSVOCMの構文が触れるようになったら完璧。

この作業こそが英文解釈の訓練ですので、やらなければ英文解釈の技術に取り組んでる意味はないといえます。

 

例題と演習問題の両方でここまでの作業をすれば、相当な精読力が身に付きます。

「英文が読めるぞ!」という感覚がハッキリと分かるようになるでしょう。

 

使い方&勉強法:ステップ2 速読の練習

 

ステップ1を何度か繰り返して全ての英文の構文が取れ、スラスラ訳せるようになったらCDの出番です。

CDで正しい発音を確認したうえで、音読をしましょう。

目で見るだけでなく、口で話してそれを耳で聴くことで、体中に英語がしみ込んでいきます。

様々な角度から英語を学ぶことで、英語の理解度が上がりますよ。

 

普段日本語を使うときに、倒置法が出てきても、「これは倒置法だ!」なんて意識せずに、すんなり訳せますよね。

それでも英語になると、こんがらがってしまう。

だからこそ日本語のように、スッと理解できるように、英語を体に染み込ませていくんです。

 

音読をするうえで一番大切なのは、「構文を意識しながら」読むことです。

せっかくここまで構文解釈の練習をしてきたのに、音読したとたんに読み流してしまっては意味がありません。

少し大げさに感じるくらい、ハッキリと構文を意識しながら音読してください。

この作業を繰り返すうちに、自分で発音しながら英文を理解できるようになってきます。

英語を瞬時に理解できている証拠ですね。

読解力が上がるだけでなく、読解のスピードも向上します。

もちろんCDを聴いたり音読をしたりすることで、リスニングの力も上がっていきますよ。

 

>>体全体で英語を学ぶ!音読の効果と正しいやり方はこちら

 

基礎&英文解釈の技術100が終わったら??

 

英文解釈の技術で1文1文を読めるようになったら、英語長文へ移りましょう。

1文1文の文構造が解説されている、英語長文の問題集を使ってください。

英語長文ハイパートレーニング」や「英語長文ポラリス」、「英語長文レベル別問題集」が有名です。

長文を復習する際にも、全ての文を、構文を取ったうえで訳せるようにしてくださいね。

 

基礎&英文解釈の技術100の使い方&勉強法まとめ

 

・基礎&英文解釈の技術100は、精読力を鍛えてくれる

・1文1文に構文を振り、訳をノートに書き出そう

・CDを活用して音読することで、読むスピードが上がる

・精読力が鍛えられたら、英語長文の演習へ

 

>>たった1ヶ月で難関国公立・早慶の英語長文が読めるようになる方法はこちら

>>英語の偏差値が40から70に上がる方法、知りたくないですか?

>>60秒でできる!あなたの勉強センス診断はこちら





⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡
大和@受験講師
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。
英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。

しかし、浪人期にインターネット上で 「誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法」 を発見し、偏差値を77.7まで上げ、早稲田大学に合格。
通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。

自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。
開発した「英語長文専用勉強法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。


⇒【天才?凡才?】60秒勉強センス診断はこちら!
⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら➡

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡



無料で、英語 長文の読み方を公開中


無料メールマガジン:英語 長文専用勉強法

たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める方法



単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値70.4、全国22位まで登りつめました。
その具体的な「英語 長文の読み方」を、無料でお伝えしています。
短期間で一気に偏差値を上げ、色々な人に自慢したいあなたはぜひ登録してください。







6:35 AM