【大学受験エバースタディ】~大学受験の勉強法~

慶應義塾大学文学部の英語の対策と辞書の使い方!傾向と難易度、勉強法も【慶應文学部英語】


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

47秒で読めます。

慶應義塾大学文学部の英語で合格点を取る対策&勉強法

 

慶応義塾大学文学部英語

 

慶應義塾大学文学部の英語の傾向と難易度

 

慶應義塾大学文学部の英語は、2,000語程度の文章量の多い長文に10個ほどの設問。

大問が1つしかないという、とても珍しいタイプの試験。

設問は記述問題が中心で、マーク形式の設問は少なく、国公立2次試験に近いものとなっています。

細かい知識というよりは、内容の理解を問う設問が多いです。

120分で1題と時間に余裕がある分、長文とその設問は難しくなっています。

 

慶應義塾大学文学部の英語は、辞書を持ち込める

 

英語の辞書を2冊まで持ち込んで良いという、珍しいルールがあります。

和訳問題と英訳問題の両方が出題されますので、和英辞書と英和辞書を1冊ずつ持っていきましょう。

普段から辞書を引く際には、紙の辞書を使うようにして、素早く調べられるようにトレーニングしておいてくださいね。

 

もちろん制限時間がありますから、いくらでも辞書を引けるわけではありません。

早慶レベルの英単語は完璧にマスターしたうえで、必要なときだけ辞書を使うようにしましょう。

主に辞書を使う場所は、「設問に関係する部分」です。

設問自体や、設問のキーとなる部分に分からない語句があった場合は、積極的に辞書を引いてください。

 

対策&勉強法①長文を読む力を鍛えよう

 

文章量の多い英語長文が出題されますが、まずは1歩目から踏み出しましょう。

最初のスタートは、1文の精読です。

まずは1文を読めるようにして、普通の長文を読めるようにして、最後に文章量の多い長文と戦えるようにしていきましょう。

 

1文の精読をできるようにするためには、「英文解釈の技術シリーズ」がおすすめ。

1文1文の文構造(SVOC等)をペンを使って書き込んでいき、文構造を体で覚えていきます。

>>「英文解釈の技術シリーズ」で精読力を徹底的に鍛える方法はこちら

 

それができるようになったら、英語長文ハイパートレーニングなど、構文の解説が詳しい長文の問題集に移りましょう。

英文全てに文構造を振っていくことで、精読力を長文を読む際にも発揮できるようにしていきます。

最終的にはペンを使わずに、目で構文が取れるようにしましょう。

そうすれば難しい英語長文も、スピーディかつ正確に読めるようになりますよ。

精読ができるようになれば、慶應文学部で頻出の和訳問題でも得点できるようになるでしょう。

>>精読力を鍛える!英語長文の読み方はこちら

 

最後に文章量の多い英語長文も、読み解いていけるようにしていきましょう。

文章量が多い長文を読んでいると、「最後まで読み切ったけれど、結局よく分からなかった」という事態になりがち。

論理的に長文を読んでいく力が必要になるんです。

 

・この文章のテーマは何か

・筆者は何を伝えようとしているのか

・パラグラフごとに、内容がどうつながっていっているか

 

の3点を意識しながら、長文を読んでいくことが大切です。

そうすれば文章の全体像をとらえられるようになりますから、論理的に長文を読めるようになるでしょう。

頻出の「文章の内容理解を問う問題」にも対応できるようになるので、回答力が上がりますよ。

 

また慶應文学部の問題の一番上には、「文章のタイトル」が書かれています。

タイトルはその文章のテーマや要点を表す大切なものなので、必ずチェックしてから長文を読み始めましょう。

>>論理的な読解力を鍛える!パラグラフリーディングのやり方はこちら

 

対策&勉強法②和訳問題

 

和訳問題を解く際のポイントは2点。

 

・下線部だけを見ずに、文章全体をヒントにすること

・「機会が訳したような違和感のある訳」を作らないこと

 

文章の中で和訳問題が出題されるときは、文脈を踏まえたうえで訳すことが大切です。

下線部だけでは訳すのが難しくても、文章全体をヒントとすることで、訳しやすくなりますからね。

分からない語句があった場合は、辞書を使ってくださいね。

また「機械的な直訳」ではなく、「自然な日本語」に訳すことも心がけましょう。

>>得点をもらえる回答の作り方!和訳問題の対策法はこちら

 

対策&勉強法③英訳問題

 

英訳問題のコツは2つ。

 

・重要な構文を含んだ例文を、1つでも多く暗記すること

・日本文を自分で分かりやすくかみ砕いてから、英語に直すこと

 

英訳させる際には、重要な構文を使わせるケースが多いです。

構文を覚えているだけでは文章を作ることはできないので、例文ごと覚えてしまいましょう。

1つでも多くの例文を覚えていれば、それだけ書ける英文は増えていきます。

 

またお題となる日本文は、堅苦しく訳しにくさを感じることが多いです。

自分なりに易しい日本文にかみ砕いて、それから英語に直していきましょう。

この作業を挟むだけで、英訳の難易度がグッと下がりますよ。

>>例文暗記がカギ!英作文の書き方はこちら

 

慶應義塾大学文学部の英語に慣れるために

 

やっておきたい英語長文1000」では、同じような文章量の多い英語長文がたくさん解けますので、おすすめです。

記述問題も多いので、得点力も鍛えられますよ。

金沢大学や埼玉大学、東北大学等では、文章量の多い長文が出題されています。

慶應文学部の英語は国公立の二次試験に近い形式なので、ぜひ演習用に解いてくださいね。

 

慶應義塾大学文学部の英語の対策まとめ

 

慶應義塾大学の英語は、かなり特徴的な傾向です。

入試の直前ではなく、できる限り早く傾向を分析して、日ごろの勉強から工夫しておきたいところ。

 

・文章量の多い英語長文も読めるようにすること

・記述力を鍛えること

 

の2点を常に意識して、勉強に取り組んでいきましょう。

 

>>安定して合格点を取る!最強の過去問演習法はこちら

>>慶應義塾大学の英語長文が、どうしても読めない受験生はこちら



⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら




大和@受験講師
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。
英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。

しかし、浪人期にインターネット上で 「誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法」 を発見し、偏差値を77.7まで上げ、早稲田大学に合格。
通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。

自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。
開発した「英語長文専用勉強法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。
⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら



無料で、英語 長文の読み方を公開中


無料メールマガジン:英語 長文専用勉強法

たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める方法



単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値77.7、全国4位まで登りつめました。
その具体的な「英語 長文の読み方」を、無料でお伝えしています。
短期間で一気に偏差値を上げ、色々な人に自慢したいあなたはぜひ登録してください。










5:31 AM