超効率大学受験独学勉強法まとめブログ

スクランブル英文法・語法の評価と偏差値を10上げる使い方&勉強法!


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

34秒で読めます。

スクランブル英文法・語法で英文法を得点源にする使い方&勉強法

 

スクランブル英文法・語法

スクランブル英文法・語法の特徴

 

スクランブルは、文法、語法、語い、イディオム、会話表現、発音・アクセントの6つのパートから構成されています。

入試に必要な英語の力を総合的にトレーニングすることができます。

一問一答形式で、左ページに問題、右ページに解説の見開き構成で、効率良く学習することができる1冊です。

 

スクランブル英文法・語法のレベル

 

対象となる受験生のレベル

 

英文法の基本を学習した人であれば、本格的な受験勉強のスタートとして使い始めることができます。

標準的な高校であれば、高校1年次で、「英文法の基本」をひと通り学び終えるのが普通です。

教科書でいえば、「コミュニケーション英語Ⅰ」や「英語表現Ⅰ」を終えた段階で、本書の学習に取り組み始めるのが、スムーズな流れです。

受験生としては、「講義の英文法の参考書」を1冊終えてから取り組んでください。

「参考書」ではなく「問題集」なので、ゼロの状態から取り組むのは厳しいです。

 

大岩のいちばんはじめ英文法の使い方と勉強法はこちら

Forestの使い方と勉強法はこちら

今井の英文法教室の使い方と勉強法はこちら

 

到達レベル

 

この本の内容を完璧にマスターすれば、文法・語法に関してはセンター試験をはじめ、中堅私大・MARCH・関関同立を目指せるレベルまで到達します。

 

>>【たった1カ月で】難関国公立・早慶の英語長文がスラスラ読めるテクニックはこちら

 

スクランブル英文法・語法の効果的な使い方&勉強法

 

左ページの問題に解答し、右ページで答え合わせをしながら解説を読むことが基本的な使い方・勉強法です。

答え合わせだけではなく、設問の中に込められたポイントを理解することが重要です。

読み進めるだけでも勉強になりますが、学習の効果を高めるためには、ちょっとしたコツが幾つかあります。

 

第一に、解説でこれは大事だと思うポイントには、蛍光ペンなどでマークします。

本書では重要ポイントが赤刷りとなっていて付属のチェックシートで消せるようになっています。

それだけでもある程度は勉強になりますが、「ここが大事だぞ」というポイントを、自分なりに考えてチェックする癖をつけましょう。

また、それとは別の色で、知らない単語もマークしておきます。

理解しておくべきポイントと、暗記しなければいけない単語とは、それぞれ別の色にして、情報を区別した方が、頭に入りやすくなります。

 

第二に、答え合わせをして解説を読んだら、後で復習する時のための印をつけておくことです。

例えば、間違えた問題には、問題番号のところを○で囲っておきます。

正解して、解説のポイントも理解した、という問題には、チェック欄に✓をつけます。

復習する時には○で囲った問題を中心に学習し、最終的には全ての問題に✓をつくことを目標にします。

ミスした問題のみに重点を置いて勉強できるので、非常に効率よく知識を吸収できます。

 

第三に、この本の中で出会った英文をしっかり理解するようにしましょう。

穴埋めや並べ替えの問題では、正解となる完成した英文を確認してから、きちんと意味をとれるかどうか、問題文の訳を参照します。

次に英文を頭になじませるように、声に出して音読しましょう。

英語が苦手だという人は、更にもう一歩手間をかけて、英文をノートに書き写してみましょう。

この作業をきちんとやっておくと、この本で学習した知識が、英文解釈や英作文のためにも役に立つようになります。

英文の音読がスムーズにできない人は、英文の音声データが、専用サイトからダウンロードできるようになっていますから、この音声を利用するようにしましょう。

 

ここまでできれば英文法の力はもちろん、英語長文の読解力も上がっているはずです。

非常に大変な作業ではありますが、スクランブル英文法を正しい使い方と勉強法で最後まで進めていってください。

 

スクランブル英文法・語法の使い方&勉強法まとめ

 

『スクランブル』の内容は、かなり発展的なレベルまでカバーしているので、入試の直前まで何回も繰り返し使って徹底的に学習しましょう。

その上で、直前の総仕上げのためには、文法項目がランダム配列になっている、別の問題集で最終チェックをしておくのが良いでしょう。

最後に過去問演習を繰り返して、今までで出てこなかった細かい知識をどんどん吸収してください。

そうすれば、早慶以上の大学であっても、英文法は合格点を取れるようになります。

大和@受験講師
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。
英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。

しかし、浪人期にインターネット上で
誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法
を発見し、偏差値を77.7まで上げ、早稲田大学に合格。
通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。

自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。

開発した「英語長文専用勉強法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。

⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら



無料で、英語 長文が読める勉強法を公開中


無料メールマガジン:英語 長文専用勉強法

たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める勉強法



単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値77.7、全国4位まで登りつめました。
その具体的な勉強法を、100名限定・無料でお伝えしています。
短期間で一気に偏差値を上げ、色々な人に自慢したいあなたはぜひ登録してください。













-大学受験 英文法の対策と勉強法

合わせて読みたい記事!



⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら