【大学受験エバースタディ】~大学受験の勉強法~

島根大学の英語の対策&勉強法!傾向と難易度、使う参考書も【二次試験英語】


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

244秒で読めます。

島根大学の英語で合格点を取る対策&勉強法

 

島根大学英語

 

島根大学の英語の傾向と難易度

 

島根大学の英語は、長文2題と自由英作文1題、英訳問題1題の合計4題。

医学部医学科を志望する受験生のみ、長文が1題多くなっています。

試験時間は医学部医学科が120分で、その他は90分。

時間の制限はどの学部でも、さほど厳しくありません。

問題の難易度も標準的ですが、すべての問題が記述式です。

日ごろから記述力を高めておかないと、かなり苦戦してしまうでしょう。

>>島根大学の英語で合格点を取る方法、知りたくないですか?

 

島根大学の英語の対策&勉強法

 

島根大学英語対策:英語長文

 

島根大学の英語長文和訳問題と、文章の内容の説明をする問題がメイン。

英文をしっかりと精読して、全体のストーリーを追っていくことが大切になります。

1文1文を精読するとともに、文と文をつなげて理解していく意識を持ってください。

英文の精読力をつけるためには、「英文解釈の技術シリーズ」や「英語長文レベル別問題集」などでどんどんSVOCMを書き込んでいくトレーニングが有効です。

またパラグラフごとに要点をメモするクセをつけておくと、ストーリーが整理されて理解しやすくなります。

指示語についても「あれ」「それ」と訳すのではなく、その指示語が何を指しているかを常に理解するようにしておきましょう。

そうすれば文章を理解しやすくなりますし、島根大学で頻出の指示語を問う問題でも得点できるようになりますよ。

 

和訳問題の対策法

 

島根大学では和訳問題が多く出題されます。

和訳問題は「機械的に翻訳しないこと」が大切。

下線部だけにとらわれないよう、そして英語を無理やり日本語に直した、機械のような訳を作らないようにしましょう。

文脈をしっかりと理解して、その上で誰が見ても自然な日本語訳を作るようにしてください。

 

また分からない語句が入っていても、すぐに諦めずに他の部分を先に訳しましょう。

他の部分が訳せれば語句の意味が分からなくても、文脈からある程度は推測できるようになります。

少しくらい意味が違っていても大意が変わらなければ途中点がもらえますから、食らいついていきましょう。

>>島根大学の英語長文の読み方をもっと詳しく知りたい受験生はこちら

 

島根大学英語対策:自由英作文

 

島根大学の自由英作文は、メールを書く形式や意見を述べる形式など、形式は様々。

ただ基本的には「主張→理由付け」という流れは変わりません。

英語で自分の意見を主張するためには、どのような表現を使えば良いかを頭に叩き込み、その上でたくさんの問題を解いておきましょう。

英作文ハイパートレーニング 自由英作文編」がおすすめ。

英作文の書き方を学べますし、基本的なテンプレートをインプットできます。

>>あなたは天才?凡人?「勉強センス診断」はこちら

 

島根大学英語対策:和文英訳

 

島根大学では日本語の文を英語に直す問題が出題されます。

まずは日本文をすべて読んで、全体の流れを確認しましょう。

その上で下線部をわかりやすい日本語に書き換えてください。

日本語の文をそのまま英語に直すのではなく、英語に直しやすい文に書き換えてから英文を書いていくことが大切。

 

英作文を書けるようにするためには、基本的なルールを学んでから例文をどんどん暗記していきましょう。

狙われる構文を含んだ例文をたくさん覚えることで、語句を変えたり、順番を並び替えたりするだけで色々な英文が書けるようになります。

また日ごろから語句を覚える際には、スペルも書けるようにしておいてください。

 

島根大学の英語の対策&勉強法まとめ

 

島根大学の英語は記述問題が多いので、対策に時間がかかります。

英作文のために語句のスペルや例文を覚えるなど、日ごろの勉強にも工夫が必要です。

二次試験で合格点を取ることをゴールにおいて、毎日の勉強をしていきましょう。

>>島根大学の英語長文がどうしても読めない受験生はこちら

>>英語の偏差値が40から70に上がる方法、知りたくないですか?

>>60秒でできる!あなたの勉強センス診断はこちら





⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡
大和@受験講師
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。
英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。

しかし、浪人期にインターネット上で 「誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法」 を発見し、偏差値を77.7まで上げ、早稲田大学に合格。
通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。

自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。
開発した「英語長文専用勉強法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。


⇒【天才?凡才?】60秒勉強センス診断はこちら!
⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら➡

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡



無料で、英語 長文の読み方を公開中


無料メールマガジン:英語 長文専用勉強法

たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める方法



単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値70.4、全国22位まで登りつめました。
その具体的な「英語 長文の読み方」を、無料でお伝えしています。
短期間で一気に偏差値を上げ、色々な人に自慢したいあなたはぜひ登録してください。







1:37 PM