【大学受験エバースタディ】~大学受験の勉強法~

【日大文理学部英語】日本大学の英語の対策&勉強法!傾向と難易度も


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

253秒で読めます。

日本大学文理学部の英語の対策&勉強法

日大文理学部英語

 

日大文理学部の英語の傾向と難易度

 

日大文理学部の英語は、文法・発音・語彙・会話・長文など色々な問題が出題されます。

どの問題も難易度は易しいので、標準的な英語力をバランスよく伸ばしていくことが大切。

制限時間は60分とやや厳しめなので、基礎をガッチリと固めてスピーディに回答していかなければいけません。

>>英語の偏差値が40から70に上がる方法、知りたくないですか?➡

 

大問1:会話問題の対策法

 

日大文理学部の会話問題は、特に会話の対策を深くする必要はありません。

長文と同じような感覚で解いていけばOK。

注意するポイントは2つだけ。

 

ポイント①会話をリアルにイメージする

ポイント②先に選択肢を見ない

 

会話文を読むときは、登場人物の感情や会話の雰囲気をリアルにイメージしましょう。

会話の流れを読み取りやすくなるので、ストーリーがスッと頭に入ってくるようになります。

また日大文理学部の会話文は穴埋め問題が頻出なので、先に選択肢を見ずに「こんなフレーズが入りそうだな」と先に推測することが大切。

選択肢を先に見てしまうと、ひっかけられてしまう可能性がありますからね。

ストーリーをしっかりと追いながら、流れにあった選択肢を当てはめていけば、問題なく合格点が取れるでしょう。

>>あなたは天才?凡人?「勉強センス診断」はこちら

 

大問2:英熟語の対策法

 

日大文理学部の大問2は、英熟語の理解を問う問題。

さほど難しい熟語は出てこないので、基礎的な英熟語をカバーしておきましょう。

同じ意味を持つ英熟語を選ぶだけで良いので、深く踏み込む必要はありません。

合格英熟語300」など基礎的な英熟語帳を、まずは1冊で良いのでマスターしてください。

基礎的な英熟語さえ覚えておけば、合格点を取れるようになりますからね。

 

大問3:英文法の対策法

 

日大文理学部の英文法は易しいので、満点を狙いたいところ。

講義形式の参考書で英文法を理解したうえで、NextStageなどの問題集を1冊マスターするだけで構いません。

たった2冊で良いので、どちらも完璧になったと胸を張って言えるくらいまで極めてください。

そうすれば英文法で得点を稼げるようになりますよ。

 

大問4,5:並び替え問題の対策法

 

日大文理学部の並び替え問題は、短い長文の中で出題されます。

文脈を理解したうえで英文を作らなければいけないので、まずは文章を読みましょう。

その上で文法的な観点も含めて並び替えてください。

通常の並び替え問題と比べるととても選択肢が少ないので、難易度は低いと言えます。

 

大問6:発音問題の対策法

 

発音問題は7問中4問取れればOKと考えましょう。

あまり高得点を狙いすぎてしまうと、発音の対策に時間を取られすぎてしまいます。

日ごろから英単語を覚えるときに発音記号に注意するのが一番ですが、難しい場合は「関正生の英語の発音・アクセントプラチナルール」などを1冊勉強しましょう。

発音問題を解くルールを詳しく解説してくれているので、合格点を取れるようになりますよ。

 

大問7:英語長文の対策法

 

日大文理学部の英語長文は、とても読みやすいです。

1文1文をしっかりと読み取る精読力さえつけておけば、文章の理解は難しくありません。

ただし問題を解く際に1つ注意が必要。

設問が長文のどの部分を聞いているのか、少しわかりにくいんです。

パラグラフを1つ読むごとに設問に目を通して、長文の内容が記憶に残っているうちに解いてしまいましょう。

解ける問題から1つずつさばいていくことで、正答率もスピードも上がっていきます。

 

日大文理学部の英語の対策&勉強法まとめ

 

日大文理学部の英語を攻略するカギは、基礎をまんべんなくガッチリと固めること。

基礎をおろそかにして、半端に応用に手を出してしまう事が無いようにしてください。

また制限時間が少し厳しめなので、たくさん過去問演習をして時間配分を決めておきましょう。

 

>>安定して合格点を取る!最強の過去問演習法はこちら

>>日大の英語長文が、どうしても読めない受験生はこちら

>>英語の偏差値が40から70に上がる方法、知りたくないですか?

>>60秒でできる!あなたの勉強センス診断はこちら





⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡
大和@受験講師
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。
英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。

しかし、浪人期にインターネット上で 「誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法」 を発見し、偏差値を77.7まで上げ、早稲田大学に合格。
通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。

自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。
開発した「英語長文専用勉強法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。


⇒【天才?凡才?】60秒勉強センス診断はこちら!
⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら➡

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡



無料で、英語 長文の読み方を公開中


無料メールマガジン:英語 長文専用勉強法

たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める方法



単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値70.4、全国22位まで登りつめました。
その具体的な「英語 長文の読み方」を、無料でお伝えしています。
短期間で一気に偏差値を上げ、色々な人に自慢したいあなたはぜひ登録してください。







12:05 PM