頻出英語整序問題850は難しい!レベル/難易度と使い方!勉強法と評価/評判も


頻出英語整序問題850

整序問題を大量に解ける「頻出英語整序問題850」について詳しく解説していきます!
筆者

記事と筆者の信頼性

・筆者は模試の成績優秀者に掲載され、早稲田大学に合格

・手元に頻出英語整序問題850を用意して、中身を見ながらレビュー

・大量の参考書、問題集を分析している「参考書マニア」

・予備校講師として、2,000人以上の受験生を指導

入試において配点が高く、ニガテとする受験生が多いのが「整序問題」。

ネクステージやヴィンテージなどは穴埋め形式の問題が多く、なかなか並び替え問題を解く機会が無いからこそ、ニガテな人が多いんです。

「頻出英語整序問題850」でたくさんの整序問題を解いて、得点力をグッと上げましょう。

ここでは「頻出英語整序問題850の特徴」「問題のレベル」「偏差値を伸ばす使い方」の3点を詳しく解説していきます!

>>1ヶ月で早稲田慶應・難関国公立の英語長文がスラスラ読めるようになる方法はこちら

 

頻出英語整序問題850とは?

頻出英語整序問題850の特徴まとめ表

頻出英語整序問題850は並び替え問題だけを、850問も解ける特化型の問題集。

下の写真のように、ただひたすら整序問題を解いていく形式です。

頻出英語整序問題850の中身

並び替え問題は入試で頻出で、ニガテとする人も多いので、1冊勉強すればすぐに得点につながります。

>>1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた「秘密のワザ」はこちら

 

様々な形式の整序問題が解ける

オーソドックスな、和訳と選択肢がある整序問題だけでなく、色々な形式が解けます。

整序問題の種類

・和文がない

・不要語句が多い

・空所の位置がバラバラ(デコボコ整序)

・同じ意味の英文を作る

といった4つがメインになっています。

様々な形式に対応できるようになるので、さらに得点力を鍛えられます。

 

問題冊子を取り外せる

頻出英語整序問題850は下の写真のように、問題冊子を取り外せます。

頻出英語整序問題850の冊子

解説とセットの分厚い問題集で解き進めていくのは、意外とストレスになります。

地味な工夫ではありますが、とても助かるポイントです!

>>1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた「秘密のワザ」はこちら

 

頻出英語整序問題850のデメリット

1つデメリットを挙げるとすると、解説が詳しくないという点。

下の写真は頻出英語整序問題850の解説ですが、そこまで親切ではありません。

頻出英語整序問題850の解説

分からない部分はインターネットで検索するなどして、理解を深めましょう。

私も受験生の時は、分からないことはスマホでどんどん調べていました!
筆者

 

頻出英語整序問題850のレベル/難易度

難しい問題も含まれていますが、基礎~標準レベルの問題が多いです。

このレベルの問題は最も良く出題されるので、徹底的に鍛えていきましょう。

1冊きちんと終えれば、日東駒専や産近甲龍はもちろん、MARCHや関関同立レベルでも合格点を取れるようになります。

早慶や上智の整序問題であっても、戦えるようになります。

>>1ヶ月で早稲田慶應・難関国公立の英語長文がスラスラ読めるようになる方法はこちら

 

基礎を固めてから取り組もう

整序問題は「単語」「熟語」「構文」「文法」の知識を総動員して、解いていかなければいけません。

こうした知識がインプットできていないと、整序問題の正答率はガクッと下がってしまいます。

問題演習をする前に、まずは知識をインプットすることから始めましょう。

頭に入れた知識を頻出英語整序問題850でアウトプットすることで、得点力が伸びていきます。

 

英語整序問題200もおすすめ

英語整序問題200

頻出英語整序問題850が難しい場合は、「整序問題200」という易しめの参考書に取り組みましょう。

問題を解くだけでなく、「整序問題の解き方」を学んで演習できるようになっています。

問題数も200問ほどと少なく、整序問題が苦手な人にピッタリです。

 

頻出英語整序問題850の使い方

ステップ①問題を解こう

まずは初見で問題を解いていきましょう。

「発展」と書かれている問題は難易度が高いので、全ての問題を解き終えてから挑戦してもOKです。

入試本番は時間との戦いになりますので、できる限りスピーディに解いていくことを意識してください。

>>1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた「秘密のワザ」はこちら

 

ステップ②丸付けをして解説へ

全部で5章+特殊な整序問題で構成されていますが、各章の中は小さな項目で50題~100題ごとに分かれています。

整序問題は1問1問のボリュームが大きいので、1つの項目を終えたら丸付けをして解説を読みましょう。

一気に大量の問題を丸付けしてしまうと、解説を読むという作業が雑になってしまいますからね。

 

ミスした問題にチェック

ミスした問題には必ずチェックをして、明確にしておきましょう。

850問もの問題を何周も解くと、とんでもない時間がかかってしまいます。

2周目以降はミスした問題だけをピンポイントで解けるよう、チェックをつけておくことが大切です。

 

ステップ③復習

ミスした問題を2周、3周と解いて復習していきます。

二度と同じミスをしなくなるまで、徹底的にやりこみましょう。

一度でもミスしてしまった問題は、入試本番でも同じように失点してしまう可能性がありますからね。

入試の直前にもチェックがついた問題を見直して、弱点を補強してください。

>>1ヶ月で早稲田慶應・難関国公立の英語長文がスラスラ読めるようになる方法はこちら

 

頻出英語整序問題850が終わったら次は?

頻出英語整序問題850が完璧になれば、基本的に並び替え問題の対策は問題ありません。

過去問演習に入って、より実践的な問題を解いていきましょう。

もう少し難しい問題も解きたい場合は、「英語整序問題精選600」に進むのも良いですね。

英語整序問題精選600

レベルが3つに分かれていて、特にレベル3は難易度が高くなっています。

レベル3だけを解いて、応用問題の対策をするのも良いでしょう。

 

頻出英語整序問題850のレビューまとめ

ポイント

・整序問題を徹底的に演習できる問題集

・文法などの知識はインプットしてから取り組もう

・小分けにして丸付けをして、解説を読もう

・ミスした問題にチェックをして、何周も復習





⇒【秘密のワザ】1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた方法はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら

⇒【速読】英語長文を読むスピードを速く、試験時間を5分余らせる方法はこちら









この記事も読まれています

1

1ヶ月で東大京大・早 慶の英語 長文を攻略する勉強法とは はじめまして。 私は受験生の時に、全国記述模 試で22位にランクインし、早稲田大学に合格しました。 そして自ら予備校を立ち上げ、偏差値30台の ...

2

大学受験の勉強を始めるときに誰もが思うのが、「受験勉強って、何をすれば良いの!?」ということ。 「勉強を頑張るぞー!!」という気持ちはあっても、どう動けばよいか分からない。 そして少しずつ熱も冷めてし ...

3

大学受験の勉強、いつから本気出そうかな。 いつから受験勉強を始めれば、志望校に合格できるんだろう。 私も高校2年生の時、こんなことをいつも考えていました。筆者 高校がさほど頭の良いところではなかったの ...

4

模試の結果が返ってきて、良ければもちろん嬉しいですし、悪いとやる気がなくなってしまいますよね。 私が受験生の時も、模試の返却はビッグイベントで、結果を見るときはとても緊張したことを覚えています。 受験 ...

5

赤本の使い方と復習ノートの作り方!いつから何年分解く? 受験生受験勉強と言ったら赤本ですけど、いつから解くのか、どうやって復習するか全然分からないです・・・。 「赤本」は受験勉強の中で、合否に1番関わ ...

6

インターネットでは「ニッコマは超余裕」なんて書き込みを、目にすることが多いです。 私が受験生の時も「日東駒専は滑り止めにしよう」と、少し見くびってしまっていました。 現役の時の受験の結果はMARCH1 ...

7

志望校を決めるときに、国公立大学にするべきか私立大学にするべきか、悩みますよね。 少し学力の高い高校だと「国公立大学は私立大学よりも優れている」、「国公立大学を目指すべきだ」という先生方も多いです。 ...

Copyright© 予備校PISTA , 2020 All Rights Reserved.