畠山創のスパッとわかる政治・経済爽快講義の使い方と勉強法【センター~早稲田レベル】


畠山創の政治経済爽快講義で早稲田レベルを攻略する使い方&勉強法

 

畠山創のスパッとわかる政治・経済爽快講義

 

政治経済という教科は、日本史や世界史に比べて覚える量は少ないです。

一方で、丸暗記ではなく、深く理解しなければ、得点につながらないというのも、政治経済という教科の特徴です。

なのでここでは、政治経済爽快講義で、政治経済を深く理解する勉強法をお伝えしていきます。

政治経済を受験する受験生は、誰もが持っている参考書ですが、使い方次第で大きく点数が変わります。

ぜひご覧ください。

>>1ヶ月で早稲田慶應・難関国公立の英語長文がスラスラ読めるようになる方法はこちら

>>政治経済で偏差値80を取った私が、政治経済の勉強法を教えます

 

政治経済爽快講義の特徴とレベル

 

政治経済爽快講義は、政治経済の流れを1冊で理解することができる参考書です。

語り口調で書かれているため、学校の教科書と違って、頭にどんどん入ってきますよ。

図やイラストも豊富に使われているので、政治経済の仕組みをバッチリ理解できます。

受験生が苦手とするグラフ問題も、手厚く解説されています。

政治経済爽快講義を1冊完璧にすれば、早稲田レベルの政治経済とも戦っていけます。

>>1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた「秘密のワザ」はこちら

 

政治経済爽快講義のハイレベルな使い方&勉強法

 

まずは右ページの講義の部分を読み込み、流れを理解します。

読み流すのではなく、味わいながら、楽しみながら読んでいってください。

そして左ページで、知識を暗記していきます。

赤字の語句も黒字の語句も、どちらも完璧に覚えるようにしてください。

最後にもう一度右ページを熟読し、覚えた知識を、もう一度流れの中で理解しましょう。

「深める!」のページや、グラフも重要な内容なので、飛ばさずに勉強してくださいね。

 

私大を志望する受験生にとって一番大切なのは、語句と年号をアウトプットできるようにすることです。

語句や年号を書かされるケースは、とても多いですからね。

暗記カードを作ったり、ノートを使ったりして、必ず自分でテストをしてください。

「覚えたつもりなのに、入試本番で書けなかった・・・」ということがありがちなのは、もうわかってると思います。

その時には、とてつもなく後悔するので、絶対に書けるようにしておきましょう。

>>政治経済の年号暗記のポイントはこちら

 

語句の説明はさほど詳しくないので、適宜「山川用語集」を使うようにしていきましょう。

政治経済では、細かいキズのある、正誤問題がたくさん出題されます。

細かいところまで覚えていないと、正解できないような問題ですね。

山川の用語集を日ごろから使って、1つの語句に対して、たくさんの補足的な知識を身につけてください。

ここが他の受験生と一歩差をつける、大きなポイントになりますよ。

>>山川の用語集で、周りの受験生と差をつける方法はこちら

 

政治経済爽快講義が終わったら!?

 

政治経済爽快講義が終わったら、

「東進政治経済一問一答」

「東進政治経済問題集」

でアウトプットをしていきましょう。

 

政治経済爽快講義で流れを理解して、必要最低限の語句を覚える。

そこからはどんどん、新しい知識を追加していく作業に入ります。

東進の政治経済一問一答や、政治経済問題集を使って、アウトプット力をつけながら、さらに知識を増やしていきましょう。

 

政治経済爽快講義よりも、もうワンランク上の参考書で、「蔭山克秀の政治経済が面白いほどわかる本」というものがあります。

蔭山克秀の政治経済が面白いほどわかる本の細かい情報が、早稲田大学で良く出題される傾向にあります。

政治経済を、早稲田大学レベルでも得意科目にしたいという受験生は、2冊目の参考書として勉強するのも1つの手です。

 

そして最後には、どんどん過去問演習を繰り返して、まだ手が届かなかった知識を1つずつ、集めていきましょう。

こうして1つ1つ、知識の幅を広げていくことで、正解できる問題が増えていきます。

 

また政治経済爽快講義では、時事問題はカバーできません。

大手予備校の力を直前だけ借りて、冬期講習で時事問題対策をするというのも1つの手です。

>>偏差値が1ヵ月で40から70に!私が実践した「たった1つのワザ」はこちら

 

畠山の政治経済爽快講義の使い方&勉強法まとめ

 

・講義を読み、語句や年号をインプットするという作業を繰り返す

・私大志望者は、語句や年号を、必ず書けるようにする

・用語集や過去問、問題集を使って、1つずつ新しい知識を追加していく

・さらにワンランク上を目指すなら、蔭山克秀の政治経済が面白いほどわかる本に取り組む

・別途、必ず時事問題対策は行う

 

>>政経受験は不利?メリットとデメリットを知ろう

>>政治経済で偏差値80を取った、最強の勉強法はこちら

 





⇒【秘密のワザ】1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた方法はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら

⇒【速読】英語長文を読むスピードを速く、試験時間を5分余らせる方法はこちら









この記事も読まれています

1

私は受験生の時に、全国記述模 試で22位にランクインし、早稲田大学に合格しました。 そして自ら予備校を立ち上げ、偏差値30台の受験生を難関大へ合格させてきました。 早稲田大学卒という学歴があるため、今 ...

2

大学受験の勉強を始めるときに誰もが思うのが、「受験勉強って、何をすれば良いの!?」ということ。 「勉強を頑張るぞー!!」という気持ちはあっても、どう動けばよいか分からない。 そして少しずつ熱も冷めてし ...

3

大学受験の勉強、いつから本気出そうかな。 いつから受験勉強を始めれば、志望校に合格できるんだろう。 私も高校2年生の時、こんなことをいつも考えていました。筆者 高校がさほど頭の良いところではなかったの ...

4

模試の結果が返ってきて、良ければもちろん嬉しいですし、悪いとやる気がなくなってしまいますよね。 私が受験生の時も、模試の返却はビッグイベントで、結果を見るときはとても緊張したことを覚えています。 受験 ...

5

赤本の使い方と復習ノートの作り方!いつから何年分解く? 受験生受験勉強と言ったら赤本ですけど、いつから解くのか、どうやって復習するか全然分からないです・・・。 「赤本」は受験勉強の中で、合否に1番関わ ...

6

インターネットでは「ニッコマは超余裕」なんて書き込みを、目にすることが多いです。 私が受験生の時も「日東駒専は滑り止めにしよう」と、少し見くびってしまっていました。 現役の時の受験の結果はMARCH1 ...

7

志望校を決めるときに、国公立大学にするべきか私立大学にするべきか、悩みますよね。 少し学力の高い高校だと「国公立大学は私立大学よりも優れている」、「国公立大学を目指すべきだ」という先生方も多いです。 ...

Copyright© 受験の相談所 , 2020 All Rights Reserved.