世界史・日本史・政治経済の山川用語集の使い方&勉強法【センター~早稲田レベル】






258秒で読めます。

世界史日本史・政治経済の力に、山川用語集で磨きをかけろ

 

世界史・日本史・政治経済の力に、山川用語集で磨きをかけろ

早慶・難関国公立は世界史日本史・政治経済といった選択科目の難易度がとても高いです。

難関大学の受験生はレベルが高いため、基礎的な知識は誰もが得点してきます。

だからこそ、ややマイナーな知識でどれだけ差をつけられるかが合格へのキーポイントとなります。

 

では重箱の隅をつつくような、嫌らしい問題を得点するためには、どうしたらよいのでしょうか。

そこで登場するのが、山川の用語集です。

ややマイナーな知識を吸収するのに、とても効果的です。

山川の用語集をしっかりと活用して、難関大学の受験生の中でも、世界史日本史・政治経済が得意な受験生になっちゃいましょう。

>>早稲田大学の卒業生が語る!最強の英語の勉強法はこちら➡

 

特に早稲田大学は、山川の用語集と相性抜群!

 

特に早稲田大学の問題は、山川の用語集から出されているという噂が立つほど、用語集に掲載されている知識を問う問題が多いです。

私が受験生の時、市販の参考書はやりつくして、偏差値は常に70を超えていました。

それでも早稲田大学の赤本を解いてミスをしたとき、参考書を見返しても、ミスをした知識は載っていないことが多かったです。

ミスをした知識は、山川の用語集でしっかりと説明されていました。

そして入試本番でも、山川の用語集の知識で、3~4問ほどの難問をクリアしました。

おそらくこれらの問題は、ほとんどの受験生が得点できていなかったでしょう。

難関大学の中でも、特に早稲田大学を受験する方は、山川の用語集を今すぐ手に入れてくださいね。

>>入試までもう間に合わない!諦めたくない受験生はこちら

 

山川の用語集は、短期間じゃマスターできない

 

山川の用語集は分厚く、情報量も膨大なので、直前期にこなせるようなものではありません。

しかし、過去問演習を始める直前にそこに気づく受験生が大半です。

できる限り早く山川の用語集を用意し、マイナーな知識を少しずつインプットしていく必要があります。

 

まずは基本的な知識を吸収してから、山川の用語集に取り組むべきでは??

と思うかもしれません。

実はマイナーな知識もセットで覚えておくことで、理解が深まり、記憶にも定着しやすくなります。

そういった点からも、できる限り早く山川の用語集に取り組んだほうが、力はつきやすいと言えますね。

>>京大の合格者が語る!日本史の正しい勉強ルートはこちら

 

山川用語集で難関大学を完全攻略する使い方&勉強法

 

山川の用語集は、辞書として使おう

 

難関大学の問題は、山川の用語集の細かい説明からも出題されることが多くあります。

山川の用語集の説明まですべて覚えようとしても、量が膨大すぎるのでまず不可能です。

そのため、新しく出会った知識が出てきたときに、辞書として使うことをオススメします。

その際に、その知識の細かい説明までできるだけ理解するようにしましょう。

一字一句間違えないように覚えるというよりは、理解をさらに深めるといった意識で取り組んでください。

そうすれば、内容不一致問題のわずかなキズまで見つけられるようになります。

 

山川の用語集の中で、新しい知識に出会ったらチェックをつけよう

 

山川の用語集は細かい説明が多いですから、新しい知識にもたくさん出会うことになるでしょう。

それを1つ1つすべて覚えるのは難しいですから、出会うたびに、マーカーでチェックを入れておきましょう。

チェックを入れた部分を、定期的に見直したり、模試や入試本番に復習したりすれば、完璧に覚えきらなくても、試験で得点できるようになります。

マイナーな知識に時間をかけすぎず、なおかつバッチリ得点するための作業ですので、ぜひマネしてみてくださいね。

>>一橋&慶應のダブル合格者が語る!世界史の正しい勉強ルートはこちら

 

どんどん書き込んで、最強の用語集に進化させよう

 

模試過去問を解くたびに、今まで出会ったことのない新しい知識を発見していくと思います。

その際には、山川の用語集にどんどん追記していきましょう。

一度問題として出題されている部分ですから、入試本番でも出題される可能性は十分にあります。

山川の用語集に、さらに知識を追加していけば、相当な量の知識が網羅できます。

ここまでできれば、難関大学の難問もバッチリ正解して、ほかの受験生と大きく差をつけられるでしょう。


⇒センター試験が廃止!3分でわかる共通テストの解説はこちら

⇒時間がない!合格を諦めかけている受験生はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡

⇒【LINE講座!】受験の英語をLINEで相談したい受験生はこちら

>>30日で早慶・国公立の長文が読めるようになる方法はこちら

受験エキスパート
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。 英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。 浪人期に図書館にこもって研究し、 「誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法」 を発券し、偏差値を73まで上げ、早稲田大学に合格。 通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。 自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。 開発した「独自の英語長文読解法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。 センター試験の英語の対策法も研究し、無料で公開している。


⇒センター試験が廃止!3分でわかる共通テストの解説はこちら























LINEで英語長文の読み方を教えています!


たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める方法


単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値70.4、全国22位まで登りつめました。
その具体的な「英語長文の読み方」を、LINEにてお伝えしています。
勉強や受験に関する相談も受け付けています!



Copyright© 大学受験の偏差値上がる勉強法 , 2020 All Rights Reserved.