高校総合英語Harvest/ハーベストの評判と使い方&勉強法!Forestとの違い,どっちが良い?








232秒で読めます。

高校総合英語ハーベストの評価と使い方。フォレストとの比較

高校総合英語Harvest/ハーベスト

 

高校総合英語Harvestの特徴

 

高校総合英語Harvestは、いわゆる「文法書」と呼ばれる参考書で、英文法の知識が詰め込まれています。

カラーでイラストや図もあり、楽しく学べるでしょう。

 

HarvestとForestの違い!どっちが良い?

 

有名な文法書に「Forest」がありますが、Harvestよりも内容が少し難しく、細かい部分まで説明されています。

その分Forestは分量が多く、かなり分厚くなっていて、最初から最後まで読み切るのは、かなり苦労するでしょう。

一方でHarvestは、Forestから難しい内容をカットして、基礎の重要な部分のみを解説しているようなイメージ。

 

レベルで言えば、Forestは難関国公立/早慶レベルまで。

Harvestはセンター試験で高得点を取れるレベルまでカバーされています。

>>英語の偏差値が40から70に上がる方法、知りたくないですか?➡

 

Harvestと他の文法書の比較

 

ビジョンクエスト...Forestよりもさらに詳しく、上級者向け

EverGreen...ほぼForestと同じレベル

アトラス総合英語...Forestとほぼ同じレベル

ロイヤル英文法...Forestよりもさらに、細かい知識を網羅

 

Harvestよりもレベルが高く、分厚い参考書がForest。

ほとんどの文法書はForestとレベルが近く、分量も膨大。

Harvestは基礎部分にフォーカスした、珍しい文法書ですね。

>>入試までもう間に合わない!諦めたくない受験生はこちら

 

Harvestの使い方&勉強法

 

Harvestは分量が最小限にとどめられているとはいえ、細かい知識も多いです。

説明も教科書的な堅さがあるので、最初から最後まで読み切るのは、勉強が苦手な受験生にはかなり辛いでしょう。

そこでおすすめの勉強法は、講義形式の参考書と並行で進めていくこと。

講義形式の参考書は語り口調で、予備校で授業を受けているような感覚で学べます。

頭にスッと入ってくる反面、情報量はHarvestよりも少なくなっています。

 

・大岩のいちばんはじめの英文法

・「なぜ」がわかる英文法の授業

・関正生の世界一わかりやすい英文法

 

このあたりの、基礎レベルからしっかり解説してくれる参考書を選びましょう。

講義の参考書をまずは2周ほど、楽しみながら読んでください。

英文法の内容が深く理解できて、英文法を根幹から理解できるはずです。

 

英文法の全体像をつかめたら、Harvestで復習しつつ、細かい知識も補いましょう。

そうすれば相当な英文法の力が身につき、英文法が得意になって、英語の勉強が楽しくなりますよ。

 

高校総合英語Harvestが終わったら?

 

Harvestが終わったら、問題集を解きましょう。

スクランブルBasicがおすすめ。

基礎からセンター試験レベルを網羅しているので、センター試験で安定して8割以上取れるようになります。

ここまでできればある程度、「自分は英文法が得意だな」という意識が出てくると思います。

MARCH以上の私大、国公立大学を目指す受験生は、もうワンランク進んで、合格点を取りましょう。

 

ハーベストの使い方&勉強法まとめ

 

・基礎レベルに特化した英文法の参考書

・講義形式の参考書と並行で使おう

・マスターしたら、問題集に取り組もう

 

>>【英文法の勉強法完全版】中学生レベルから早慶・難関国公立攻略!

>>もう迷わない!英文法の参考書・問題集の比較表はこちら


↑のボタンから友達追加をして頂ければ、「無料」で私が英語の偏差値を40から、70.4まで上げた勉強法をお教えします!
このLINEアカウントに登録して、自動的に料金が発生することは一切ございません。

⇒センター試験の英語で「満点」を狙う回答テクニックはこちら

⇒時間がない!合格を諦めかけている受験生はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡

⇒【無料LINE講座!】受験英語を無料で教わりたい受験生はこちら

>>30日で早慶・国公立の長文が読めるようになる方法はこちら

受験エキスパート
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。
英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。

しかし、浪人期にインターネット上で 「誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法」 を発見し、偏差値を77.7まで上げ、早稲田大学に合格。
通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。

自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。
開発した「独自の英語長文読解法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。
センター試験の英語の対策法も研究し、無料で公開している。






⇒今日から使える!センター英語の回答テクニックはこちら



































【無料】LINEで英語長文の読み方を教えています!


たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める方法


単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値70.4、全国22位まで登りつめました。
その具体的な「英語長文の読み方」を、無料でLINEにてお伝えしています。
短期間で一気に偏差値を上げ、色々な人に自慢したいあなたはぜひ登録してください。


↓の「友達追加」を押した後、「追加」を押してください。
【登録者限定!】無料でセンター試験の英語で満点を取る回答テクニックもプレゼント中!


Copyright© 大学受験の偏差値が上がる勉強法 , 2019 All Rights Reserved.