早大プレ(代ゼミ)返却日は?問題集で対策しよう【E判定じゃなくA判定を】






代ゼミ早大入試プレで、早稲田合格へグッと近づく方法

 

早大入試プレ(代ゼミ)返却日は?問題集で対策しよう【E判定じゃなくA判定を】

 

代ゼミの早大プレは、早稲田志望の受験生の多くが受験する模試です。

早稲田大学に特化して作られている模試であり、受験者層も本番と近いので、とても貴重。

ここでは「早大プレを120%活用して、早稲田合格へ近づく方法」をお伝えします。

早大プレはただ受けて、判定を見て終わりではありません。

合格に近づくツールとして使っていきましょう。

 

そもそも何のために早大プレを受けるの?

 

早大プレに限らず、模試を受ける意味を理解しているでしょうか。

模試とは、志望校の過去問と戦えるようになるまでの、達成度テストです。

受験の序盤は、早稲田大学の過去問を解いても歯が立たず、自分の実力がどれくらいなのか分からないでしょう。

なので模試を受けて自分の実力を知り、勉強法を修正しながら力を伸ばしていくんです。

今までの勉強法が正しいか、しっかりと合格へと近づいているかを確認するために、模試を受けるという事ですね。

>>早稲田大学の卒業生が語る!最強の英語の勉強法はこちら➡

 

早大プレは対策はしていったほうがいいの??

 

模試は実力を測るためのものなので、対策はしなくても良いと思っていないでしょうか。

せっかく早大プレを受けるのであれば、早稲田の入試本番と同じ気持ちで挑みましょう。

 

入試本番までは道のりは長く、「まだまだだなぁ~」と心が緩んでしまいがち。

そこにムチを入れるためにも、早大プレを中間目標として、全力で戦わなければいけないんです。

早大プレを入試本番だと仮定すれば、1か月前にはギアが全開にかかりますよね。

良いモチベーションで勉強が続けられるので、成績も伸びていくでしょう。

 

早大プレは問題集が出版されているので、それを解いて、傾向を分析しておきましょう。

「ここがニガテだな。」「単語が足りないな」という弱点も補強して、点数を上げてください。

この作業は過去問演習に入ったときにも、必ず行う作業です。

早大プレを対策することで、力を伸ばせるだけでなく、過去問を研究する力も身に付きます。

徹底的に演習して、A判定を目標に頑張りましょう。

>>浪人する人は必見!私が自宅浪人で早稲田大学に合格した話

>>偏差値40のE判定が偏差値70A判定に!模試の復習法はこちら

 

E判定でも合格できるって本当??

 

E判定でも合格している人がいるのは、たしかに事実ではあります。

とはいえ早大プレのデータを見ればわかりますが、判定が良ければ良いほど、合格率が高いというデータが出ています。

A判定を取っている受験生は、早大プレを小さなゴールとして設定し、しっかりと対策をして挑んでいるでしょう。

「絶対に早大プレで、A判定を取ってやるんだ!」という高いモチベーションで、本気で勉強に取り組んでいるからこそ、良い結果を出せるんです。

そういった日々の積み重ねが、早稲田大学合格につながります。

 

「E判定でいいや」なんてモチベーションで挑んでいる受験生は、早稲田大学には合格できないでしょう。

しっかりと対策した結果としてのE判定であれば、今後の勉強法の修正や、自分に足りない知識の明確化ができるので、大きな意味を持ちます。

A判定を目指して本気で受験し、返ってきた結果を分析して、今後につなげるようにしてください。

その道のりは、早稲田大学合格へとつながります。

 

>>模試でE判定・D判定のあなたはこちらをご覧ください

 

11月の早大プレは、ちょっと危険

 

11月に行われる早大プレの返却は年末。

A判定だったら、これは合格できるかもしれないという自信が付き、良い精神状態で受験に挑めるかもしれません。

A判定という結果は、勉強のモチベーションも上げてくれるでしょう。

 

しかし模試の判定が、E判定やD判定だった時、自信を失うだけでしょう。

受験の直前に「あなたは合格できません」と言われているようなわけですから。

できることと言ったら、「模試の判定なんか関係ないよ」と自己暗示するか、「やっぱ早稲田は無理か」と諦めることくらいです。

私も現役時代の終盤に、とある記述模試の判定が返ってきて、偏差値40台、すべてE判定という結果を見てしまいました。

その日から勉強には力が入らなくなってしまい、成績は下降する一方。

入試本番でも、「E判定じゃ受かんないよな」と半ば諦めムードになってしまいました。

つまりA判定を取れる受験生にとっては大きなプラスになりますが、そうでない受験生には、逆効果になる可能性が高いんです。

 

11月には過去問とある程度戦えるようになっているはずですから、自分の実力ももう見極められるようになっているでしょう。

それを考えると、11月の早大プレを受けるより、早稲田大学の過去問演習をした方が良いと私は思います。

早大プレと言っても、やはり早稲田の試験と問題形式や難易度は同じではありません。

過去問は実際にこれまで早稲田大学で出題された問題ですから、より実践的に問題演習ができるうえに、実力も正確に測れます。

 

早大入試プレで、早稲田合格へ近づく方法まとめ

 

ここまでお話ししてきた通り、「早大プレで絶対にA判定を取ってやるぞ!」という気持ちで、全力で勉強に取り組むことが大切なんです。

そのプロセスが、あなたの成績をグンと上げてくれます。

まずは今日、早大プレの日程を確認して、そこを目標にしっかりと対策をしてください。

その道のりが、早稲田大学合格へとつながっていきます。

 

・早稲田の過去問と戦えるようになるまでは、早大プレを目標にしよう

・A判定を取れるように、問題集でしっかり対策をしておこう

・11月の早大入試プレは、返却日が遅いので自信を失うこともある

 

>>MARCHの受かりやすい穴場はこれ!滑り止めをキープしよう

 


⇒センター試験が廃止!共通テストの英語はここが変わる

⇒浪人する人は必見!私が宅浪で早稲田大学に合格した話

⇒【1カ月で】英語の偏差値が30上がった勉強法はこちら

⇒早稲田大学の合格者が語る!最強の英語の勉強法はこちら


>>浪人生は必見!宅浪で早稲田大学に合格した話


>>早稲田大学の合格者が語る!最強の英語の勉強法はこちら

受験エキスパート
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。 英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。 浪人期に図書館にこもって研究し、 「誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法」 を発券し、偏差値を73まで上げ、早稲田大学に合格。 通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。 自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。 開発した「独自の英語長文読解法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。 大学入学共通テストや英検、TEAPの対策法も研究し、無料で公開している。


⇒知らなきゃマズい!新しい英語の勉強法はこちら



























センター試験廃止で、全ての大問が英語長文に変更!


旧センター試験が廃止され、大学入学共通テストでは全ての問題が英語の文章を読む問題に変わりました!


模試や過去問を解いても、英語の長文が全然読めない・・・。
英語長文の重要度がさらに上がった今、長文を攻略できなければ志望校には合格できないといっても過言ではありません。

私が受験生の時に、1ヶ月で英語長文をスラスラ読めるようにしたトレーニング方法をお伝えしています!
1ヶ月で40前後だった偏差値が、70を超えるようになり、模試の全国ランキングにも掲載されました。
その勉強法を詳しく解説しています!
勉強や受験に関する相談も受け付けています!



Copyright© 大学受験の偏差値上がる勉強法 , 2020 All Rights Reserved.