【模試の復習方法】英語の復習ノートの作り方!復習のタイミング!何回復習する?






模試の復習方法】英語の復習ノートの作り方!復習のタイミング!偏差値60~70へ

模試の復習法と復習ノートの作り方

模試は絶対に復習した方が良い」というのは、何度も耳にしたことがあると思います。

でも模試の復習って、自分がミスしたところを何度も目にしなければならず、なんだか気が進みませんよね。

模試の問題と同じ問題が、本番の入試で出題されることもあり、模試はいわば宝の山なのです。

宝の山には、あなたの偏差値をグンと上げる宝石がたくさん隠れています。

 

私も最初は偏差値40ほどからスタートしましたが、模試に十分な準備をして受けた結果、偏差値が70を超えるようになりました。

志望校だった早稲田大学もA判定となり、模試の冊子に何度も「成績優秀者」として名前も掲載されました。

そんな私が「模試を復習するメリット」、「偏差値が伸びる模試の復習法」、「模試の復習ノートの作り方」の3点をメインに、詳しく解説していきます!

私は宅浪していた時、模試に対するモチベーションは高く、偏差値というデータにも強い思い入れがあります。

こういった経験をしている私だからこそ伝えられる、「模試の復習法」を魂を込めてお伝えしていくので、ぜひ読んでください!

>>早稲田大学の卒業生が語る!最強の英語の勉強法はこちら

 

誰でも最初は、模試の偏差値は低い

 

受験勉強を始めたころの私の模試の偏差値

 

受験勉強を本格的に始めてからの私の模試の偏差値

 

これは私の模試の結果です。

上が正しい勉強法を実践する前の成績。

下が正しい勉強法を研究し、実践してからの成績。

この結果から分かるように、模試の偏差値というのは誰しも、最初は低いものなんです。

私も現役の時は偏差値が40台で、模試の返却も嫌でしたし、復習すらしていませんでした。

しかし偏差値40という現実を受け止め、自分の弱点をしっかりと分析した結果、偏差値が70を超えるようになったんです。

 

ですから模試で思うように問題が解けなくても、目をそらしてはいけません。

目に入れたくもない模試の問題をきちんと復習して、自分の弱点を補強しなきゃいけないんです。

自分の弱点を1つずつ克服しつつ、全体をバランス良く伸ばしていくしか、高い偏差値を取る方法はありません。

私が偏差値40から、どのようにして70を超えるようになったのか、詳しく解説しています。

その勉強法をすぐに知りたい方や、私に勉強を相談したい方は、ぜひ下のリンクを見てください!

>>私が模試で全国ランキングに入った、秘密の勉強法を知りたい方はこちら

 

なぜ模試を復習しなければいけないの?

 

模試は日ごろの机の上で問題を解くのとは違い、緊張した環境の中で、時間内に問題を解き進めていきます。

本番と同じ環境で解くからこそ、自分の本当の弱点が分かるんです。

弱点が明確になれば、「今までの勉強のどこがマズかったのか」が分かるようになります。

この分析を経て、明日からの勉強の進め方を変えていかなければいけないんです。

結果が出ていない勉強法でどんどん進んでいっても、入試本番まで成績が上がらない可能性が高いでしょう。

ですから模試を積極的に受け、復習して、より効率の良い勉強法へと進化させていかなければいけません。

私が偏差値40から70まで伸びたのも、模試を復習することで自分の弱点を明確にして、日ごろの勉強を反省して、取り組み方を変えていったからです。

 

1ヶ月~2ヶ月に1回は、模試を受けよう

 

①模試を受ける

②復習して穴を埋める

③勉強法を修正して進める

④次の模試を受ける

 

このサイクルを数多く繰り返して、ステップアップし続けることが大切です。

「模試の復習をして穴を埋める」の部分で、自分の弱点が補強されます。

そして勉強法を修正することで、より成績に直結する、効率的な勉強を進められます。

模試を受けて復習することで課題が浮き彫りになるので、常に「今何をやるべきか」が分かり、勉強に迷いがなくなります。

「やる気はあるんだけど、何をやったら良いのか分からないんだよなぁ」という、受験生によくある悩みが消えるでしょう。

 

そしていつも目の前に試験が迫っている状態を作り出せるので、「模試まであと2週間だから、頑張ろう!」と高いモチベーションを保ち続けられます。

入試本番まで半年以上も時間があると、どうしてもダラけてしまいがち。

そんな気持ちにムチを入れるためにも、模試を受けることは大切なんですね。

 

私も宅浪の時は1ヶ月~2ヵ月に1回は模試を受けていました。

模試で成績が伸びれば楽しいですし、モチベーションもどんどん上がっていきます。

良い成績が出た時は、親や友達に自慢して褒めてもらっていて、それがやる気にもつながっていました笑

>>浪人する人は必見!私が自宅浪人で早稲田大学に合格した話

 

模試の偏差値を上げれば、合格にグッと近づく

 

模試の偏差値や判定と合格率は、そんなに関係ないんじゃないの?

模試の問題と、入試本番の問題って違うし。

と思う受験生もいるかもしれません。

しかし模試の結果と合格率は大きく関係しています。

 

TOSHIN TIMES on Webより引用(2018,1,28)

 

上記のグラフは、東進が実施している「センター試験本番レベル模試」という、高校3年生が受ける模試のデータです。

 

青いグラフが、模試の得点率が80%を超えた受験生。

緑色のグラフが、模試の得点率が60~80%の受験生。

赤色のグラフが、模試の得点率が60%未満の受験生。

 

これを見ると分かるように、模試の得点率は入試の合格率に大きく関係しているわけです。

模試の得点率が高い受験生ほど、難関大学に合格できる可能性が高いということですね。

このデータはセンター試験の模試ですが、早慶の合格率にもバッチリ当てはまっていることが分かります。

「形式が違うから模試の結果は関係ない」、「E判定でも受かる人は受かる」というのは言い訳にすぎず、やはり実力がある人はどんな形式でもしっかりと高い得点が取れるんです。

入試本番で形式が大きく変わることもありますから、どんな形式でも高得点が取れるようでないと、入試は勝ち抜けません。

模試を定期的に受けて、偏差値を上げていくことが、志望校合格につながっていくと分かっていただけたでしょう。

 

模試の成績を見て涙を流すことも大切

 

模試の結果が悪くても、「まあ入試までに何とかなるだろう」と目をつぶっていては、進歩がありません。

おそらく成績が悪いまま、入試本番を迎えて、志望校にも落ちてしまうでしょう。

模試の成績が悪かったらその現実を受け止めて、その悔しさを痛いほど感じてください。

模試の成績が悪くても悔しくないようでは、日ごろの勉強の真剣さが足りません。

 

悔しい気持ちを持って「次は絶対に良い成績を取ってやるんだ!」と、前向きに努力することが大切です。

私も偏差値が40台だったときは本当に悔しかったですが、「自分はもっとできると、自分自身に証明したい!」という一心で、勉強に打ち込みました。

そのためにも悔しい気持ちと向き合って、きちんと模試を復習していくことが大切です。

ではどのように模試を復習すれば、偏差値が上がっていくのかを具体的にお話していきます。

>>私が模試で全国ランキングに入った、秘密の勉強法を知りたい方はこちら

 

模試を復習する大きなメリット

 

これから模試の正しい復習法をお伝えしていきますが、これを実践して頂く事で「勉強の復習の仕方」が自然と身に付きます。

模試に限らず、参考書に取り組んだ時や、問題集を解いたときなどにも、同じ復習法が使えます。

これまでよりも参考書や問題集で学んだことが、自分の力になっていくので、勉強の成果が出やすくなるんです。

模試を正しい復習法で復習することは、勉強の軸を固めることにもなりますので、これからの内容をしっかりと読んでいってください。

 

模試の復習のタイミングと何回復習するべきか

 

模試を復習するタイミングとしては、当日か翌日。

模試を受けた時の記憶が鮮明でないと、ミスした原因を分析しにくくなってしまいます。

出来が悪いともう一度問題を見るのも嫌になってしまいますが、自分に厳しく復習していきましょう。

 

一方で何回も解きなおすというのは、あまり効率的ではありません。

というのも既に正解した問題を何度解いてもあまり意味が無いですし、同じ問題を何度解いても、覚えた答えをアウトプットするだけになってしまうからです。

ミスした問題には必ずチェックをつけて、その問題をしっかりと理解できるまで、解説をじっくりと読んでください。

何回解くとか、その回数に意味はなく、きちんと必要な理解を深めることにフォーカスしてください。

 

模試の復習方法:ステップ①模試を入試本番だと思って挑む

 

模試を受けるときは、入試本番だと思って受けないと意味がありません。

模試の日程を目標に「ここまで必ず勉強を終わらせて、これくらいの偏差値を絶対取るぞ!」と意気込んでください。

私も浪人をしているときは、模試の前日はなかなか寝付けないくらい緊張していました。

模試の偏差値はその時の自分の実力を表しますし、将来的な合格率にも直結します。

模試の結果は本当に重要なデータになりますから、少しでも伸ばすように全力で取り組みましょう。

 

そうしないと模試のたびに「あ、やっぱりここはダメだった」、「ここも前回と同じミス」というように、いつまでたっても同じミスをしてしまいます。

前回ミスしたところは二度と間違えないようにすることで、「ここも自分の弱点だったんだ」と新たな自分のニガテを見つけられます。

新しく見つけた自分のニガテこそが、伸びしろなんです。

ここを補強するからこそ、偏差値が上がるんです。

模試を受ける前に十分に準備をして、満点を取る気持ちで挑みましょう。

 

模試の復習方法:ステップ②ミスを復習ノートにまとめる

 

すぐに答えを見てしまうのはあまりにももったいないです。

時間制限を気にせず、もう一度ミスした問題と戦ってみましょう。

分からない問題に挑戦し、必死で考えるときに、新たな発見があるかもしれません。

 

問題を解くときにミスするポイントは、大きく2つ。

1つ目のミスは、「能力不足のミス」

単純に英単語が足りなかったとか、長文が読めなかったとか、そういうミスですね。

これらの穴は、もっともっと勉強して埋めていきます。

自分では「出来ているつもり」、「覚えたつもり」だったものが、本番でアウトプットするのは意外と難しいと体感することが大切です。

 

ただ該当部分の単語を覚えたり、解きなおしをしたりするだけではありません。

「どうすれば類題を解けるようになるか」を考えて、明日から勉強をしていかなければいけません。

例えば1つの基礎単語が思い出せずにミスをしてしまったのであれば、基礎単語を総復習し、暗記法を見直す必要があります。

文法の理解が浅いと感じれば、英文法の講義形式の参考書で理解を深めるのが良いでしょう。

 

もう1つのミスが、「能力以外のミス」です。

 

・問題文をよく読んでいなかった

・時間制限に焦ってしまい、選択肢を読み間違えた

 

こういった能力に関係なく発生するミスです。

能力はあるのに、力が発揮できずに失点するのは、非常にもったいないですね。

これらのミスは、自分の性格からくる根本的なものであり、簡単には修正できません。

だからこそ模試のたびに、ミスをした原因を分析してください。

 

答えを見ると「ケアレスミス」と片付けてしまいがちですが、簡単に流してはいけません。

「ケアレスミス」を1つ取っても、時間制限に焦ってしまったのか、それとも理解があいまいになってしまったのか、原因はさまざま。

本番でも同じミスをしてしまう可能性がありますから、復習ノートに「自分がミスするクセ」をきちんとまとめてください。

復習ノートに書き込んだクセは、これから模試を解く前に必ず確認して、同じミスをしないように徹底していきます。

ミスをしなくなるような対策も考え、そちらも記入していきましょう。

 

例えば私は国語の設問を読み間違えてしまう、1個か2個はマークミスをしてしまうというクセがありました。

この辺りは必ず気を付けるようにしていくと、入試本番ではほとんどケアレスミスをせず、早稲田大学に合格できました。

入試では合格点の付近に一番多くの受験生が集まりますから、1点・2点が合否を左右するケースがとても多いんです。

模試を受けるたびに取り組んでいけば、少しずつ「能力以外のミス」が減っていき、試験で100%の力が発揮できるようになりますよ。

 

模試の復習方法:ステップ③ミスの種類を分類する

 

ミスした問題はチェックをつけてから、これでもかというくらい解説を読んでください。

それでもわからない部分は、参考書やインターネットを活用して、理解を深めていきましょう。

そして「知識不足のミス」なのか「解き方を知らなかったミス」なのかで、分類していきます。

 

1:単純に知識が足りなかった時の復習法

 

知識が足りなかった場合は、当然ですが、まずは該当の知識を暗記しなおします。

ただこれだけでは、ほとんど意味がないんです。

なぜならミスしたものと全く同じ知識が、また出題されることはさほど多くないからです。

するべきことは、「同レベルの知識を全て吸収する」ことです。

 

例えば英語で、「orbit」という単語の意味を知らず、解けなかったとします。

そうしたら、orbitが載っている単語帳を探します。

そして同じレベルの単語を、全て覚えましょう。

ここまでできればその場しのぎの復習ではなく、大きくレベルアップできます。

これは英単語に限らず、熟語や文法、そして他の教科でも同じことです。

 

2:解き方を知らなかった時の復習法

 

「あー、そういう風に考えて、こうやって解かなきゃいけなかったんだ」

というパターンの時。

 

例えば長文問題の中で、下線部和訳問題が出題されたとします。

長文の中での下線部和訳問題は、基本的に文章全体の流れを把握したうえで訳さないと、訳が作れないようになっています。

それなのに単純な和訳問題だと思って、下線部だけを見て訳そうとしてしまうというのは、受験に慣れる前は良くある話です。

 

このようにして知った、「解き方」を、「復習ノート」にリストアップしていきます。

模試を復習するたびに、この解き方リストがどんどん増えていき、問題を解く力が上がっていきます。

入試本番の時には、ほとんどの問題の解き方をマスターしているという状態が理想です。

 

「能力以外のミス」+「能力不足のミス」+「解き方を知らなかったミス」

 

この3つを全て、模試のたびにカバーしていけば、入試本番までには相当な力がついています。

 

模試の復習方法:ステップ④ミスした問題の類題に挑戦する

 

ここまでは弱点を明確にし、そこへの対策をする方法をお伝えしていきました。

最後に「初見で解ける力」を磨いていきましょう。

ミスした問題と同じ種類の問題が、初見で解けるようになった時に初めて、本当の力がついたと言えます。

問題集などで、ミスした問題の類題に挑戦しましょう。

 

類題を解いている際にも、ここまでお話ししてきたような「ミス」を何度もすると思います。

その際にも同じように、「復習ノート」にメモを取っていきましょう。

こうすると自分が苦手な分野を重点的に勉強できるので、入試本番には苦手分野はほとんどなくなっているでしょう。

 

ここまでのステップをきちんと取り組み、偏差値が40から70.4になり、早稲田大学にも合格できました。

特に英語の偏差値を伸ばすことに苦労しましたので、詳しい勉強方法をLINEでお伝えしています!

>>私が模試で全国ランキングに入った、秘密の勉強法を知りたい方はこちら

 

英語長文の復習には力を入れよう

 

英語長文は配点がとても大きく、模試の偏差値にダイレクトに影響してきます。

英語長文の出来が、英語の偏差値の大部分を決めるといっても過言ではありません。

そのうえ英語長文は、できる受験生とそうでない受験生で点数に大きく差が出るので、超重要なポイントなんです。

私も英語長文が攻略できるようになったからこそ、1ヵ月で偏差値が30も伸びて70を超えるようになりました。

問題を解いて丸付けをして、解説を読むだけでは英語長文を読む力は全く鍛えられません。

解いた長文の構文を理解したうえで、全文をスラスラ読めるようにして初めて、長文の読解力が伸びていきます。

 

模試の解説はさほど詳しく無いので、本格的なトレーニングは日ごろから参考書で取り組んでください。

短期間で大きく偏差値を伸ばすためには、英語長文の攻略がとても重要になってきます。

私が偏差値40から、早稲田大学の英語長文をスラスラ読めるようになった方法を知りたい方は、下のリンクを読んでください!

>>英語長文はこうやって読む!私の長文の読み方をマネしたい方はこちら

 

模試はいつまで、何回受ければ良いの?

 

模試よりも自分の実力を明確に測れるのは、過去問です。

しかし受験勉強を始めてしばらくするまでは、志望校の過去問を解いても全く歯が立たないでしょう。

この状態では全く太刀打ちできないので、最初は模試で実力を測っていきます。

 

模試をたくさん解いて復習して、志望校の過去問の過去問と戦える力が付いたら、過去問演習を優先してください。

入試本番と同じ問題で演習できるので、より正確に実力を測れますし、得点にも直結していきます。

過去問でもここまでお伝えした通り、復習ノートに書き込んでいきながら、模試と同じように復習をしましょう。

過去問を解くたびに少しずつ実力が伸びていき、入試前には安定して合格点が取れるようになるでしょう。

>>安定して合格点を取り続ける!最強の過去問演習法はこちら

 

模試の復習法と復習ノートの作り方まとめ

 

ポイント

・模試は1ヶ月~2ヶ月に1回は受けて、自分の進捗をチェックしていこう

・模試を受けて弱点を理解し、勉強法を修正することが大切

・模試の結果が悪くて悔しいのは、頑張って勉強してきた証拠

・模試を入試本番だと想定して、十分に準備して取り組まないと意味が無い

・ミスには「能力以外のミス」、「能力不足のミス」、「解き方を知らなかったミス」の3つがある

・「能力以外のミス」と「解き方を知らなかったミス」は、原因を分析し、復習ノートにリストアップする

・解き方を覚えたら、初見で類題を解けるようにする

・「能力不足のミス」は、ミスの原因となった知識と同じレベルの知識を、全て吸収する

・英語長文は偏差値にダイレクトに影響するから、優先的に勉強しよう

・志望校の過去問と戦える力が付いたら、過去問演習に入ろう

>>どうしても模試の英語の偏差値が55を超えない受験生はこちら


⇒センター試験が廃止!共通テストの英語はここが変わる

⇒浪人する人は必見!私が宅浪で早稲田大学に合格した話

⇒【1カ月で】英語の偏差値が30上がった勉強法はこちら

⇒早稲田大学の合格者が語る!最強の英語の勉強法はこちら


>>浪人生は必見!宅浪で早稲田大学に合格した話


>>早稲田大学の合格者が語る!最強の英語の勉強法はこちら

受験エキスパート
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。 英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。 浪人期に図書館にこもって研究し、 「誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法」 を発券し、偏差値を73まで上げ、早稲田大学に合格。 通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。 自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。 開発した「独自の英語長文読解法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。 大学入学共通テストや英検、TEAPの対策法も研究し、無料で公開している。


⇒知らなきゃマズい!新しい英語の勉強法はこちら



























センター試験廃止で、全ての大問が英語長文に変更!


旧センター試験が廃止され、大学入学共通テストでは全ての問題が英語の文章を読む問題に変わりました!


模試や過去問を解いても、英語の長文が全然読めない・・・。
英語長文の重要度がさらに上がった今、長文を攻略できなければ志望校には合格できないといっても過言ではありません。

私が受験生の時に、1ヶ月で英語長文をスラスラ読めるようにしたトレーニング方法をお伝えしています!
1ヶ月で40前後だった偏差値が、70を超えるようになり、模試の全国ランキングにも掲載されました。
その勉強法を詳しく解説しています!
勉強や受験に関する相談も受け付けています!



Copyright© 大学受験の偏差値上がる勉強法 , 2020 All Rights Reserved.