金沢大学の英語の対策&勉強法!傾向と難易度、使う参考書【金沢自由英作文】






253秒で読めます。

金沢大学の英語で合格点を取る対策&勉強法

 

金沢大学の英語

金沢大学の英語の出題傾向と難易度

 

金沢大学の英語は、長文2題と自由英作文1題の合計3題。

英語で自分の意見を述べる問題が大半を占めているので、記述力を鍛えておかなければいけません。

また記述問題に慣れておかないと、90分と言う時間内に解ききることも難しいでしょう。

センター試験の延長ではなく、早い段階から二次試験のための本格的な対策をしておくことが大切です。

>>早稲田大学の卒業生が語る!最強の英語の勉強法はこちら➡

 

大問1,2:英語長文の対策法

 

金沢大学の英語長文は、文章の難易度自体はさほど高くありません。

英文の構造も読み取りやすく、文章のテーマも理解しやすいものが多いです。

自分の意見を述べる問題が多いので「訳せる」だけでなく「理解する」ことが求められます。

そして理解した内容を「英語で述べる」ところまでできなければいけません。

>>入試までもう間に合わない!諦めたくない受験生はこちら

 

長文を深く理解するために

 

長文を深く理解するためには、文章のストーリーを追っていくことが大切。

1文1文を訳すだけでなく、1文1文のつながりを理解し、パラグラフごとの流れをとらえる。

その中で文章の要点や筆者の主張を見つけていきましょう。

日ごろからこの意識を持って色々な英語長文を読むことで、英語を論理的に読めるようになっていきます。

 

金沢大学の長文の最上部には、タイトルが書かれています。

タイトルは長文を一言でまとめたもので、とても重要な内容。

長文を読み始める前にタイトルに目を通して、文章のテーマを読み取るヒントにしましょう。

 

問題の解き方について

 

金沢大学の長文は、1つ1つの設問が長文のどの部分の内容なのかを見極めるのが難しいです。

特に長文の内容と合っているか間違っているかを2択で問う「TRUE or FALSE問題」は、かなり細かい部分まで問われます。

長文をすべて読み終えてから解こうとすると、長文を読み返さなければいけなくなるので、時間をロスしてしまうでしょう。

1つか2つパラグラフを読むごとに設問に目を通して、解ける問題から解いてしまうのがおすすめ。

問題を解くスピードも正答率も上がりますよ。

 

英文の記述力を上げるために

 

金沢大学の設問はほとんどが英文の記述問題なので、難なく英文を書けるようにしておかなければいけません。

まずは重要な構文を含んだ例文を、一通り暗記しましょう。

良く使われる構文を使った英文が書けるようになるので、英語で表現できる内容が広がります。

 

典型的な英文だけでなく、自分が日本語で考えたことを英語で書けるようにすることも必須。

日ごろの生活の中で「これを英語で表現したらどうなるだろう」と考えるクセをつけてください。

書けなかった文はスマホ等にすぐメモをして、寝る前に英語に直しておきましょう。

たくさんの英文がストックされていくので毎日、英語で書ける内容が広がっていきます。

このトレーニングは英会話の勉強にもとても効果的ですよ。

 

熊本大学、静岡大学、神戸大学などで英語で回答させる問題が出題されています。

金沢大学は数年前まで日本語で回答する問題がメインだったので、他の大学の過去問をたくさん演習して、英語の記述力を養いましょう。

 

大問3:自由英作文の対策法

 

金沢大学の自由英作文は色々なパターンが出題されるので、対策が難しいです。

まずは「英作文ハイパートレーニング 自由英作文編」で基本的な自由英作文の力を身につけましょう。

そこからは色々な自由英作文の問題を解いて、記述力を高めていってください。

短い英文も長い英文も、毎日書ける幅を広げていくことが大切です。

 

金沢大学の英語の対策&勉強法まとめ

 

金沢大学の英語を攻略するカギは、毎日の生活の中で英語で表現できる内容を増やしていくこと。

「将来は英語を話せるようになりたい!」と言うモチベーションで取り組むと、受験のための勉強ではなく能動的な勉強になるので、力も伸びやすくなるでしょう。

>>安定して合格点を取る!最強の過去問演習法はこちら

>>金沢大学の英語長文が、どうしても読めない受験生はこちら


⇒センター試験が廃止!3分でわかる共通テストの解説はこちら

⇒時間がない!合格を諦めかけている受験生はこちら

⇒【1カ月で】英語の偏差値が30上がった勉強法はこちら

⇒早稲田大学の合格者が語る!最強の英語の勉強法はこちら

>>早稲田大学の合格者が語る!最強の英語の勉強法はこちら

受験エキスパート
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。 英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。 浪人期に図書館にこもって研究し、 「誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法」 を発券し、偏差値を73まで上げ、早稲田大学に合格。 通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。 自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。 開発した「独自の英語長文読解法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。 センター試験の英語の対策法も研究し、無料で公開している。


⇒知らなきゃマズい!新しい英語の勉強法はこちら

























センター試験廃止で、全ての大問が英語長文に変更!


旧センター試験が廃止され、大学入学共通テストでは全ての問題が英語の文章を読む問題に変わりました!


模試や過去問を解いても、英語の長文が全然読めない・・・。
英語長文の重要度がさらに上がった今、長文を攻略できなければ志望校には合格できないといっても過言ではありません。

私が受験生の時に、1ヶ月で英語長文をスラスラ読めるようにしたトレーニング方法をお伝えしています!
1ヶ月で40前後だった偏差値が、70を超えるようになり、模試の全国ランキングにも掲載されました。
その勉強法を詳しく解説しています!
勉強や受験に関する相談も受け付けています!



Copyright© 大学受験の偏差値上がる勉強法 , 2020 All Rights Reserved.