【大学受験エバースタディ】~大学受験の勉強法~

早稲田大学文化構想学部の英語の傾向と対策【文構英語/要約対策】


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

453秒で読めます。

早稲田大学文化構想学部の英語で合格点を取る対策&勉強法

 

早稲田大学文化構想学部英語

 

早稲田大学文化構想学部の英語の全体像

 

早稲田大学の文学部、文化構想学部の英語は、問題形式がほとんど同じです。

受験の日程は異なるので、1つの形式を対策しておけば、2学部分の対策ができます。

早稲田大学に合格したい受験生にとっては、とても嬉しいですね。

 

早稲田大学文化構想学部の英語は、英語長文会話問題、そして要約型の英作文の3つ。

1つ1つの長文の文量は少ないですが、合計6題も出題されます。

スピーディかつ正確に、どんどん長文を読んでいく力が必要です。

要約型の英作文は、他の大学でも珍しく、しっかりと対策しておかなければいけません。

90分の中で、脳をフル回転させて、素早く情報を処理していく力が要求されています。

>>英語の偏差値が40から70に上がる方法、知りたくないですか?➡

 

大問1,2,3:長文の傾向とレベル

 

大問1が2つ、大問2が3つ、大問3が1つで、合計6題の長文が出題されます。

大問1は空所補充問題、大問2は内容一致の選択問題、大問3は脱文挿入問題。

語彙力や文法力に加えて、文章の内容を把握する力、文脈を推測する力など、応用的な力も求められています。

どの長文も、難しすぎるという事はありませんが、レベルは一定以上。

そして何より6題合わせるとかなりの文量があるので、日ごろから英文を読むスピードを鍛えておかなければいけません。

 

ステップとしては、まずは英文を読めるようにしてから、文化構想学部の設問の対策に入っていきましょう。

いきなり過去問を解いても、全く歯が立たないと思います。

英文を読めるようにするためのトレーニングは、「スラッシュリーディングで、英文がスラスラ読める方法」をご覧ください。

まずは1文1文を読めるようにして、そこからスピードを上げていくという流れです。

>>あなたは天才?凡人?「勉強センス診断」はこちら

 

大問1の対策法

 

大問1の空所補充問題は、文章の理解力と、語彙力が問われています。

中学生レベルから早稲田レベルまでの英単語英熟語を覚えてきましょう。

そして覚える際には、副詞や接続詞、前置詞も覚えておいてください。

空所補充問題で狙われやすいですからね。

 

解き方としては、文章をしっかり読んで、その文脈に合った選択肢を挿入すること。

空所の前後だけを見るのではなく、文章の流れを追っていってください。

そして分からない空所に関しては、一度飛ばしてしまってOK。

最後まで読み切って、文章の内容が全て頭に入った状態で、もう一度解きましょう。

そうするとより多くのヒントを活用できるので、解けるようになっているかもしれませんよ。

 

大問2の対策法

 

大問2はオーソドックスな、内容一致問題がメインの長文です。

この設問のポイントは、とにかくスピーディかつ正確に解いていくこと。

そのためには、設問に先に目を通しておくことをおススメします。

そして何が問われているかを頭に入れてから、それを探しながら読みましょう。

そうすると正確度も上がりますし、時間も節約できますよ。

 

大問3の対策法

 

大問3は、脱文挿入問題。

選択肢が8個あるのに、空所が7個しかないのがとても厄介なところです。

ポイントは、接続詞・指示語・代名詞です。

空所の前後や選択肢に、接続詞・指示語・代名詞がないかを、最初にチェックして、マークをつけておいてください。

これらを手掛かりに、「必ずこれかこれしか入らない」という感じで、選択肢を1つずつ落としていきましょう。

そのうえで文脈に合う選択肢を入れていきます。

文脈だけで解こうとするよりも、ずっと解きやすくなりますよ。

 

大問4:会話問題の傾向と対策法

 

大問4は会話形式の、空所補充問題です。

会話の内容を把握する力と、英熟語の力が問われています。

さほど難しい大問ではないので、サッと解いていきたいところですね。

 

会話文の1番上に、[Two friends are talking.]など、会話の背景が書かれています。

会話の背景はとても大切なので、必ずチェックしましょう。

そして問題を解く前に、まずは会話文をすべて読んでください。

すべて読んで、会話や登場人物の雰囲気など、会話のイメージを膨らませましょう。

それから文脈を頼りに、選択肢を入れていくととても解きやすくなりますよ。

詳しい会話文の対策法については「会話文がイメージが大切!会話問題の解き方」をご覧ください。

 

大問5:要約問題の傾向と対策法

 

英文を読み、内容を1文で要約する英作文問題です。

特に気をつけなければいけないのは、[ in your own words ]すなわち「自分のことばで」表現しなければいけない点。

事前に対策しておかないと、得点するのはなかなか難しいでしょう。

 

要約に取り組むためには、まずは基本的な英作文の力が身についていないといけません。

『英作文ハイパートレーニング 和文英訳編』などで、まずは英作文の力を鍛えましょう。

ある程度、自分で英文を書けるようになったら要約の勉強に入っていきます。

英作文の詳しい勉強法については「例文暗記がカギ!英作文の勉強法」をご覧ください。

 

要約を含めた自由英作文対策は、『英作文ハイパートレーニング 自由英作文編』で勉強していくのがおすすめ。

4つのパートに分かれていますが、第1部「エッセイライティング書き方編」を学んだ上で、第3部「要約問題へのアプローチ」へ進んでいくと良いでしょう。

詳しくは「英作文ハイパートレーニング 自由英作文編の正しい使い方」をご覧ください。

 

参考書等で土台を固めたら、本格的に対策に入っていきます。

おすすめは、長文を解くたびにパラグラフの要約を作ること。

初めは日本語でやっていき、慣れてきたら英文で行いましょう。

パラグラフを要約する練習を毎日していれば、自然と文化構想学部の要約問題にも対応できるようになっていきます。

「自分のことば」で要約文を書く練習を繰り返してください。

可能であれば学校や予備校の先生に、それを添削してもらうことをおススメします。

難しいようであれば、要約問題が対策できるような参考書を勉強しましょう。

 

文化構想学部の要約問題を解く際には、文章を読みながら「この文の一番のポイントは何だろう?」と探しながら読んでください。

大事な部分にはチェックをつけて、要約を書くときに参考にできるようにしておきましょう。

要点を見つけたら、そこに肉付けをして、回答完了です。

 

早稲田大学文化構想学部の英語の対策と勉強法まとめ

 

文化構想学部の英語の攻略法、深く理解できましたでしょうか。

他の大学と比べても特徴が強い問題形式なので、気合を入れて対策しておきましょう。

文学部は文化構想学部と出題の傾向がほぼ同じなので、文学部の過去問もたくさん演習してくださいね。

 

>>早稲田大学の得点調整・成績標準化の計算式はこちら

>>安定して合格点を取る!最強の過去問演習法はこちら

>>早稲田大学文化構想学部の英語長文が、どうしても読めない受験生はこちら

 





⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら
大和@受験講師
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。
英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。

しかし、浪人期にインターネット上で 「誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法」 を発見し、偏差値を77.7まで上げ、早稲田大学に合格。
通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。

自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。
開発した「英語長文専用勉強法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。


⇒【天才?凡才?】60秒勉強センス診断はこちら!
⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら



無料で、英語 長文の読み方を公開中


無料メールマガジン:英語 長文専用勉強法

たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める方法



単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値77.7、全国4位まで登りつめました。
その具体的な「英語 長文の読み方」を、無料でお伝えしています。
短期間で一気に偏差値を上げ、色々な人に自慢したいあなたはぜひ登録してください。







1:40 PM