【早稲田大学教育学部の英語】難易度と対策&勉強法!難しい傾向を分析【早稲田教育学部英語】






358秒で読めます。

早稲田大学教育学部の英語で8割取る対策&勉強法

 

早稲田大学教育学部

 

早稲田大学教育学部の学科と専攻

 

教育学科→教育学専攻(教育学専修 生涯教育学専修 教育心理学専修) 初等教育学専攻
国語国文学科
英語英文学科
社会科→地理歴史専修 公共市民学専修
理学科→生物学専修 地球科学専修
数学
複合文化学

 

早稲田大学教育学部には、上記のように様々な学科と専攻があります。

学科や専攻によって配点が変わるので、自分の得意な教科を活かせる試験方式を選ぶと良いでしょう。

例えば英語英文学科は英語の配点が高いですし、国語国文学科は国語の配点が高いです。

 

早稲田大学教育学部英語の傾向と難易度

 

早稲田大学教育学部の英語は、長文4題に長めの会話文が1題の合計5題。

90分で5つのまとまった文章を読まなければいけないので、とにかく時間との勝負になります。

私も早稲田大学教育学部を受験しましたが、入試本番は息つく暇もないくらい大変でした笑

長文の中で語彙力や文法力も問われるので、総合的な英語力を鍛えておきましょう。

知識問題は、時間をかけずに得点を稼ぎたいですからね。

 

長文は1題1題の文章量はさほど多くありませんが、色々なジャンルから、やや難しめの文章が出題されます。

70分で4題を解かなければいけないので、1題あたりにかけられる時間は15分ちょっと。

難問を考えすぎたり、時間配分をミスしたりしてしまうと、間に合わなくなってしまうでしょう。

過去問演習の時から負荷をかけて、時間内に解き切るトレーニングを繰り返してください。

 

会話文が1題出題されますが、特段に対策する必要はありません。

英語長文と同じような形で、素早く英文を読んでいけばOK。

>>早稲田大学の卒業生が語る!最強の英語の勉強法はこちら➡

 

早稲田大学教育学部の英語長文の対策法

 

早稲田大学教育学部の英語長文は時間との勝負になるので、どうしてもスピードばかりを追い求めがち。

過去問を解いてみて、時間が足りないから、どんどんスピードを上げようとして、理解度が下がっていってしまう・・・。

そして自分の英文の読み方が崩れていき、今まで読めていたレベルの長文まで、読めなくなってしまう受験生もいます。

そうならないように、まずはゆっくりで良いので、難しい英文を読めるようにしてから、スピードを上げていきましょう。

ゆっくりでも読めない英文を、無理にスピードを上げても読めるわけがないですからね。

 

早稲田大学教育学部の長文は、1文1文が長く、文構造も複雑です。

まずは1文を正しく読めるようにするところから。

英文解釈の技術シリーズ」などを使って、1文1文の英文にペンを使って構文を振っていきましょう。

SVOCや修飾部など、全ての構造を振っていくことで、文構造を体で理解できるようになります。

それから「英語長文ハイパートレーニング」などの構文の解説が詳しい長文の問題集で、同じ作業を行っていきます。

長文の1文1文を深く理解しながら読めるようになるので、早稲田大学教育学部の難しい長文とも戦えるようになるでしょう。

 

ここまでできるようになったら、後は過去問をどんどん解いていきましょう。

左から右へ、文構造を理解しながらスピーディに読んでいきます。

そして「あれ、この文読めないな」という難しい英文に出会ったときだけ、立ち止まってじっくり構文を分析。

メリハリをつけて読めるようになるので、時間内に読みきれるようになり、なおかつ理解度も上がりますよ。

>>入試までもう間に合わない!諦めたくない受験生はこちら

 

早稲田大学教育学部の会話問題の対策法

 

会話問題については、早稲田大学教育学部の過去問を何度も解くことが一番の対策。

会話特有の表現が問われるというよりは、「会話内容の理解」と「熟語の知識」が問われるイメージ。

長めの会話文をたくさん読んで、会話の文脈を追えるようにしていきましょう。

「登場人物がどんな人で、どんな場所で、どんな表情で会話が行われているか」など、会話の情景をリアルにイメージしながら読んでいくのがポイント。

 

また日ごろから少し難しめのイディオムはたくさんストックしておき、知識量を増やしておきましょう。

解体英熟語」など、レベルの高い英熟語帳を1冊覚え切るのはもちろん、過去問や問題集で出てきた新しいイディオムは、ノートにまとめておくと良いですね。

 

早稲田大学教育学部の英語を解く順番

 

早稲田大学教育学部の英語は、1分1秒もムダにできません。

少しでも立ち止まってしまうと、後々苦しくなってしまいます。

そこでおすすめなのは、「早く解けそうな大問から、どんどん解いてしまう」こと。

 

文章量が多く難しい大問ほど、「想定外のタイムロス」が大きくなる可能性が高いです。

最初の大問が難し目で、そこに30分もかかってしまったら、もう5つの大問を解ききることは難しいですよね。

できる限りタイムスケジュールを狂わせないために、解ける大問からガンガン終わらせてしまいましょう。

「残り20分で、この大問を1つ終えればOKだ」と言うように、明確にタイムスケジュールが立てられます。

日ごろから過去問演習をする際に、「どうすれば時間内に解ききれるか」を常に考えて、問題を解いておきましょう。

そうすれば入試本番でも、焦らずに時間内に解ききれるでしょう。

 

早稲田大学教育学部の英語の対策まとめ

 

早稲田大学教育学部の英語は、難易度も高いですし、時間制限も厳しいです。

合格点を取るためには、基礎レベルの英単語を覚え、簡単な1文の英文を読めるようにするところから、地道にトレーニングしていってください。

一歩一歩の積み重ねでしか、合格へたどり着く道はありませんからね。

 

>>安定して合格点を取る!最強の過去問演習法はこちら

>>早稲田教育の英語長文がどうしても読めない方はこちら


⇒センター試験が廃止!3分でわかる共通テストの解説はこちら

⇒時間がない!合格を諦めかけている受験生はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡

⇒【LINE講座!】受験の英語をLINEで相談したい受験生はこちら

>>30日で早慶・国公立の長文が読めるようになる方法はこちら

受験エキスパート
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。 英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。 浪人期に図書館にこもって研究し、 「誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法」 を発券し、偏差値を73まで上げ、早稲田大学に合格。 通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。 自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。 開発した「独自の英語長文読解法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。 センター試験の英語の対策法も研究し、無料で公開している。


⇒センター試験が廃止!3分でわかる共通テストの解説はこちら























LINEで英語長文の読み方を教えています!


たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める方法


単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値70.4、全国22位まで登りつめました。
その具体的な「英語長文の読み方」を、LINEにてお伝えしています。
勉強や受験に関する相談も受け付けています!



Copyright© 大学受験の偏差値上がる勉強法 , 2020 All Rights Reserved.