甲南大学の英語は難しい?対策と勉強法!傾向と難易度も【甲南英語/英作文/和訳】




⇒1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた「秘密のワザ」はこちら

甲南大学の英語の対策&勉強法

 

甲南大学の英語

 

甲南大学の英語の傾向と難易度

 

甲南大学の英語は例年、長文3題、会話問題1題、英作文1題の合計5題で構成されています。

長文は1題が長めの文章で、残りの2題はやや短め。

80分で5題を解かなければいけないので、時間制限はそれなりに厳しいです。

難易度自体はさほど高くないので、時間内で正確に問題を解いていく力が大切になります。

私大では少し珍しく、文系の受験生は和訳英作文の両方が課せられています。

記述問題の対策がおろそかになりがちな私大では、大きく差がつくポイントになるので、必ず対策しておきましょう。

 

基礎・基本を徹底的に固めよう

 

甲南大学では、英単語英熟語英文法の基本的な問題が出題されます。

どれも知っているだけで点数に直結するので、絶対に落としてはいけません。

応用に手を出す必要はないので、基本的な知識を完璧にマスターしておきましょう。

自分でテストを作るなどして、本当に定着しているかをチェックすることが大切です。

>>最速暗記!忘れない英単語の覚え方はこちら

>>前置詞がカギ!英熟語の暗記法はこちら

>>理解とアウトプット!英文法のハイレベルな勉強法はこちら

 

大問1,2,3:英語長文の対策法

 

甲南大学の英語長文は比較的、理解しやすいテーマが多いです。

1文1文を正確に読み取る「精読力」さえ鍛えられていれば、問題なく合格点が取れるでしょう。

精読力を鍛えるためには、まずはSVOCなどの文構造の理解が大切。

英文解釈の技術シリーズ」などを使って、英文にどんどんペンで文構造を書き込んでいきましょう。

体で文構造を覚えていけば、英文が自然と読めるようになっていきます。

1文1文が読めるようになったら、「英語長文ハイパートレーニング」など、全文に文構造が振ってある長文の参考書を勉強しましょう。

大変な作業ではありますが、こちらも全文に文構造を書き込んで、ひたすらトレーニングしてください。

精読ができるようになれば、甲南大学で出題される和訳問題にも答えられるようになりますよ。

>>あなたは天才?凡人?60秒勉強センス診断はこちら

 

推測力を鍛えよう

 

甲南大学では、単語に下線が引かれ、同じ意味の単語を選ばせる問題が出題されます。

語彙力を鍛えておけばある程度は対応できますが、知らない単語が出題されることもあるでしょう。

その時には「推測」することが大切。

下線部の前後だけでなく、文章全体の流れから「こんな意味の単語かな?」と推測してください。

日ごろから難しい語句が出てきた際に、辞書を引かずに推測するトレーニングを繰り返しておけば、得点率が上がるでしょう。

 

内容一致問題の解き方

 

甲南大学の内容一致問題は、該当のパラグラフが指定されています。

読まなければいけない部分が指定されるのでその分、選択肢が細かく判断が難しいです。

そのため指定されているパラグラフを読んだら、すぐに内容一致問題を解くことをおススメします。

内容が頭にバッチリ入っている状態で問題を解けるので、読み直しも少なくなり、正答率も上がるでしょう。

 

大問4:会話問題の対策法

 

大問4では会話問題が出題されていますが、問われている内容は語彙力と文法力。

特別に会話問題の対策をする必要はありません。

「会話のストーリー」を常に意識して、どんな流れで会話が進んでいるかを理解しながら過去問を解いていけばOKです。

 

大問5:英作文の対策法

 

甲南大学の英作文は、4コマ漫画の課題が与えられ、そのストーリーを50語程度の英語で書かせる問題。

最初の2コマを20語、次の2コマを20語ほどで書き、まとめに10語ほどという配分が良いでしょう。

とても簡単なストーリーなので、中学生レベルの英語でも書けてしまいます。

ミスのない簡単な英文で、減点をされないように書きましょう。

 

本格的な英作文の対策は必要ないので、基本的な英文法を理解し、簡単な英文を書けるようにしてください。

世界一わかりやすい英作文の授業」など、解説が詳しい英作文の参考書を1冊勉強すればOKです。

 

甲南大学の英語の対策&勉強法まとめ

 

甲南大学の合格に必須なのは、「基礎力」「精読力」「スピード」の3つ。

基礎的な知識を蓄え、精読力を鍛え、過去問を解いてスピードアップしていきましょう。

 

>>安定して合格点を取る!最強の過去問演習法はこちら

>>甲南大学の英語長文が、どうしても読めない受験生はこちら



⇒あなたは天才?凡人?60秒勉強センス診断はこちら

⇒偏差値が1ヵ月で40から70に!私が実践した「たった1つのワザ」はこちら

⇒1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた「秘密のワザ」はこちら



⇒あなたは天才?凡人?60秒勉強センス診断はこちら

⇒偏差値が1ヵ月で40から70に!私が実践した「たった1つのワザ」はこちら

⇒1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた「秘密のワザ」はこちら


>>あなたは天才?凡人?60秒勉強センス診断はこちら

受験エキスパート
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。 英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。浪人期に図書館にこもって研究し、 「誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法」 を発券し、偏差値を73まで上げ、早稲田大学に合格。 通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。開発した「独自の英語長文読解法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。 大学入学共通テストや英検、TEAPの対策法も研究し、無料で公開している。
⇒あなたは天才?凡人?60秒勉強センス診断はこちら

⇒偏差値が1ヵ月で40から70に!私が実践した「たった1つのワザ」はこちら

⇒1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた「秘密のワザ」はこちら


>>1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた「秘密のワザ」はこちら


>>偏差値が1ヵ月で40から70に!私が実践した「たった1つのワザ」はこちら









この記事も読まれています

1

東大/京大/早慶の英語長文の読み方・解き方のコツを大暴露   このページの途中で、あなたの「勉強のセンス」を診断する簡単なテストがありますので、興味がある人はチャレンジしてみてください! は ...

Copyright© 大学受験の偏差値上がる勉強法 , 2020 All Rights Reserved.