【大学受験エバースタディ】~大学受験の勉強法~

【九大英語】九州大学の英語の対策&勉強法!傾向と難易度も【自由英作文/英訳】


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

245秒で読めます。

九州大学の英語で合格点を取る対策&勉強法

 

九州大学英語

 

九州大学の英語の傾向と難易度

 

九州大学の英語は長文2題~3題と、自由英作文英訳問題。

試験時間は120分と長めですが、長文が3題に自由英作文英訳が1題ずつ出題される年は、時間にさほど余裕はないでしょう。

長文では日本語で論述をしなければいけない設問もあり、論理的な思考力が問われます。

自由英作文は100語程度書かなければいけないので、十分な対策が必要です。

英訳問題も配点が高く、片手間の対策では合格点は取れないでしょう。

 

ただ難易度自体はさほど高くなく、国公立大学の中では標準的なレベルと言えます。

しっかりとしたアウトプット力を身につければ、合格が見えてくるでしょう。

>>英語の偏差値が40から70に上がる方法、知りたくないですか?➡

 

九州大学の英語長文の対策法

 

九州大学の英語長文は日本語で答える設問が多いので、長文の内容を正確に日本語で理解する力が必要です。

英語を正しく訳せる力と、論理展開や筆者の主張を理解する力の両方が求められています。

ステップとしては、精読力を身につけてから、論理的な読解力を養っていきます。

>>ステップ①英文を正確に読むトレーニング方法はこちら

>>ステップ②英語長文を論理的に読む方法はこちら

2つのトレーニングで英文が読めるようになれば、英語長文はしっかりと読めるようになります。

そして和訳問題や、パラグラフの要点を答える問題、名詞を説明する問題など、九州大学で頻出の問題に答えられるようになるでしょう。

 

日ごろから英語長文を読む際には、指示語、代名詞、名詞といったところをただ単に「これ」「彼」と言ったように訳すのではなく、何を意味しているかを深く理解するように心がけるようにしてください。

そうすれば英文の理解力が上がりますし、九州大学の設問にも答えられるようになりますよ。

>>あなたは天才?凡人?「勉強センス診断」はこちら

 

九州大学の英訳問題の対策法

 

九州大学の英訳問題は、日本語の文章の一部を英語に直す問題で、日本語の表現を英語に直すのがとても難しいです。

「なんとなくわかるんだけど、いざ英語で書こうとすると書けない」と言うように。

そこでまずは日本語の文をすべて読んで、文章の全体像を理解します。

そのうえで文脈に合わせて下線が引かれた日本語を、自分なりに分かりやすい日本語に書きなおしましょう。

最後にかみ砕いた日本語を英語に直すことで、とっても書きやすくなります。

 

そもそも英文が全然書けないという受験生は、重要な構文を含んだ例文をたくさん暗記しましょう。

例文が増えれば増えるほど、自分が書ける英文の幅が広がっていきます。

また東北大学では九州大学と同じような英訳問題が出題されているので、たくさん演習してくださいね。

 

九州大学の自由英作文の対策法

 

九州大学の自由英作文は、課題文を読んでそれに対して100語ほどの英文を書く問題。

基本的には課題文を読んで、そのうえで「自分の意見」を述べる形式です。

「主張→理由付け→再主張」という流れで書くケースが多くなるでしょう。

この骨組みで書くためには、どのように英語で表現していけば良いかを自分の中でルール化し、素早く書けるようにしておいてください。

また傾向が変わった時のことも考慮すると、色々な形で英作文を書けるようにしておいた方が良いですね。

色々な大学の自由英作文の問題を解いて、どれも完璧に書けるようになるまで復習しましょう。

そうすれば英文を色々な表現の仕方で書けるようになるので、どんな自由英作文にも対応できるようになるはずです。

 

九州大学の英語の対策&勉強法まとめ

 

九州大学の英語のカギは、「回答力」。

いかに論理的に、正しい回答を書けるかがポイント。

英語力を身につけたら過去問演習を繰り返して、得点をもらえる回答を作れるようにしましょう。

 

>>安定して合格点を取る!最強の過去問演習法はこちら

>>九州大学の英語長文が、どうしても読めない受験生はこちら

>>英語の偏差値が40から70に上がる方法、知りたくないですか?

>>60秒でできる!あなたの勉強センス診断はこちら





⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡
大和@受験講師
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。
英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。

しかし、浪人期にインターネット上で 「誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法」 を発見し、偏差値を77.7まで上げ、早稲田大学に合格。
通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。

自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。
開発した「英語長文専用勉強法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。


⇒【天才?凡才?】60秒勉強センス診断はこちら!
⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら➡

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡



無料で、英語 長文の読み方を公開中


無料メールマガジン:英語 長文専用勉強法

たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める方法



単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値70.4、全国22位まで登りつめました。
その具体的な「英語 長文の読み方」を、無料でお伝えしています。
短期間で一気に偏差値を上げ、色々な人に自慢したいあなたはぜひ登録してください。







7:24 AM