超効率大学受験独学勉強法まとめブログ

ポレポレ英文読解は難しい?使い方&勉強法!英語を早稲田慶應MARCHレベルへ


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

352秒で読めます。

ポレポレ英文読解は難しい?使い方&勉強法!英語を早稲田慶應MARCHレベルへ

 

ポレポレ英文読解プロセス50で早稲田・慶應・MARCHの英語を攻略する使い方&勉強法

 

ポレポレ英文読解に取り組む前に、英語力をつけよう

 

ポレポレ英文読解とは、早稲田や慶應、MARCH、関関同立、そして難関国公立の英語長文の中で出てくる、難しい部分をピックアップした参考書です。

ただでさえ難しい英語長文の中の、極めて難しい部分にフォーカスした参考書という事になります。

センター試験で8割以上、MARCHや関関同立の過去問でもある程度戦えるレベルの受験生が、さらにもう一つレベルを上げるために必要な一冊です。

 

逆に言えば、ある程度の英語力が身についていない受験生は、まだポレポレ英文読解に取り組むのは危険です。

まずは基礎レベルの力をつけ、センター試験で8割以上の点数を安定して取れるようになるところを目指しましょう。

 

>>【たった1カ月で】難関国公立・早慶の英語長文がスラスラ読めるテクニックはこちら

 

ポレポレ英文読解で、こんな英語力が身につく

 

ポレポレ英文読解は、MARCHや早慶レベルの英語長文で、ところどころ理解できない部分がある受験生に適した参考書です。

なんとなく読めてはいるんだけど、「あれ、この部分が読めない」となってしまい、そこからどんどん英語長文が読めなくなってしまうことはないでしょうか。

そこには「普通に読んでいては読めない英文」が出てきていることが多いのです。

こうした普通に読んでいては読めない英文をピックアップしているのが、ポレポレ英文読解なのです。

逆に言えば、ポレポレ英文読解でこうした難しい英文のパターンを、体に覚えこませてしまえば、スラスラ読めるようになっちゃうんですね。

 

ポレポレ英文読解で、早稲田慶應の英語力をつける使い方&勉強法

 

ポレポレ英文読解で、早稲田や慶應、MARCH関関同立、難関国公立で出題されるような、ハイレベルな英語長文を読めるようにするための、正しい使い方と勉強法をお伝えしていきます。

 

ポレポレ英文読解の使い方と勉強法①時間制限をつけて解く

 

まず初見で、時間制限を設けて解きましょう。

1題につき、5分程度を目安にしてみてください。

本番の試験と同じように、下線部の訳をできる限り、得点が取れる形で回答していきましょう。

非常に難しいため、訳が全然出てこないこともありますが、本番だと思って答えを振り絞ってくださいね。

 

下線部を訳す際のポイントは、「下線部だけを見て訳さない」ことです。

知らない単語や、読めない英文などが含まれた、難しい部分だからこそ、下線が引かれ、そこが問われるのです。

文章の流れや前後の内容から、下線部の分からない部分を推測しなければいけないわけですね。

「下線部が読めないからお手上げ」ではなく、読めないなりにどうやって答えを作っていくかを考えましょう。

これはポレポレ英文読解に限らず、これから出てくる和訳問題全てにおいていえることですよ。

 

ポレポレ英文読解の使い方と勉強法②全訳

 

試験同様の緊張感で解いたあと、すぐに答えを見てはいけません。

今度は時間制限を気にせず、全訳していきましょう。

2題目、3題目と先へ進んでいくときに大切なのは、これまでに学んだパターンを使っていくことです。

先へ進んでいくと、ここまでで学んだパターンが出てくることもありますから、その時に「あ、あのパターンだ」と思い出せるように意識しましょう。

この作業を繰り返していくことで、体に難しい英文のパターンがしみ込んできますよ。

 

ポレポレ英文読解の使い方と勉強法③答え合わせ

 

まずは下線部から、答え合わせをしていきましょう。

そして解説を読んで、どうすれば下線部が訳せたかを理解してください。

下線部だけでなく、文章全体の流れや、前後の内容を理解していないと、訳せないことが分かるでしょう。

そして下線部だけでなく、全文をしっかりと、解説を読んで理解してください。

下線部以外にも、大切なポイントがたくさん含まれています。

 

ポレポレ英文読解の使い方と勉強法④解きなおし

 

解説を理解した後、解きなおしをしましょう。

この時に大切なのは、解説を自分で再現しながら訳していくことです。

インプットした解説を、アウトプットしながら解くことで、自分の力になっていきます。

 

そして「ここは特に苦手だな」と感じた問題には、チェックをつけておきましょう。

チェックをつけた英文のパターンには、これから英語長文を読んでいく中で、何度も苦しめられるでしょう。

ですのでチェックをつけた問題は、定期的に復習し、体に覚えこませてくださいね。

 

ポレポレ英文読解の使い方と勉強法⑤実践で活用する

 

過去問や問題集、模試の英語長文を読んでいく中で、「あ!ポレポレで出てきたやつだ!」と反応できるようにしていきましょう。

そのためには、まずは頭の中に、「ポレポレで出てきた英文は、絶対に読み間違えないぞ」という意識を持ってください。

そして反応できなかった場合には、ポレポレのテキストにチェックをつけましょう。

チェックがついた英文は、自分の苦手な英文なので、入試本番までに何度も定期的に復習してください。

 

ポレポレ英文読解で早慶レベルの英語力をつける使い方&勉強法まとめ

 

・まずは自分の英語力を確認し、ポレポレ英文読解に取り組むか判断する

・ポレポレは、難関大学の英語長文の中でも、難しい部分をピックアップしている

難しい部分をパターンとして体に覚えこませることで、英語長文を読めるようにする

「初見で解く→解説を読む→復習」を繰り返し、体にしみこませる

英語長文を読んでいく中で、ポレポレで学んだパターンが出たら必ず反応できるようにする

 

現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。
英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。

しかし、浪人期にインターネット上で
誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法
を発見し、偏差値を77.7まで上げ、早稲田大学に合格。
通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。

自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。

開発した「英語長文専用勉強法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。

⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら



無料で、英語 長文が読める勉強法を公開中


無料メールマガジン:英語 長文専用勉強法

たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める勉強法



単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値77.7、全国4位まで登りつめました。
その具体的な勉強法を、100名限定・無料でお伝えしています。
短期間で一気に偏差値を上げ、色々な人に自慢したいあなたはぜひ登録してください。













-大学受験 英語長文の対策と勉強法

合わせて読みたい記事!



⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら