超効率大学受験独学勉強法まとめブログ

【効果抜群!】大学受験勉強中の眠気覚まし対策はこれ!


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

116秒で読めます。

 受験勉強中の眠気覚まし!”最強の対策”はこれ!

 

 

最近、しっかりと睡眠時間を確保できてていますか?

受験生には、睡眠時間を削ってでも勉強しなければいけない時期が必ずあります。

しかし、睡眠時間を削ると、勉強中に睡魔に襲われて、時計を見ると・・・

「1時間もたってしまっていた!」

と、ものすごく後悔することもあると思います。

たった1ヶ月で30時間もの時間を無駄にすることになります。

この30時間を勉強に当てていたら、どれだけの知識を吸収できていたでしょうか?

スッキリと頭が目覚めた状態で勉強が出来たら、どれだけ効率が上がるでしょうか?

 

睡魔さえ倒せれば、あなたはなんの苦労もなしに成績をどんどん上げていくことができるのです。

1ヵ月後あなたは、一気に上がった自分の成績に驚き、大きな喜びを得ることになります。

あなたも今日から睡魔をぶっとばして、周りの受験生とどんどん差をつけてみませんか?

 

睡魔に打ち勝つ裏技とは??

 

それでは、これからあなたが睡魔と無縁になる裏技をお教えします。

その裏技は、ずばり寝ることです。

それもただ寝るだけでなく、15分昼寝をするのです。

なぜ15分かというと、人間は20分以上寝ると熟睡状態に入ってしまい、起きるのがしんどくなってしまうからです。

なので、キッチンタイマーを15分に設定してから寝るようにしましょう。

 

もう1つポイントとなるのは、寝る直前にコーヒーを1杯飲んでおくことです。

カフェインの効果は約30分後に出るので、昼寝から覚めたときにちょうど効いてきます。

この方法を実践することにより、あなたは睡魔と無縁になり、何も意識せずに自然とどんどん成績を上げていくことができます。

今日、もしくは明日、勉強をする前に自販機でコーヒーを買って、実践してみてくださいね!

 

現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。
英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。

しかし、浪人期にインターネット上で
誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法
を発見し、偏差値を77.7まで上げ、早稲田大学に合格。
通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。

自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。

開発した「英語長文専用勉強法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。

⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら



無料で、英語 長文が読める勉強法を公開中


無料メールマガジン:英語 長文専用勉強法

たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める勉強法



単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値77.7、全国4位まで登りつめました。
その具体的な勉強法を、100名限定・無料でお伝えしています。
短期間で一気に偏差値を上げ、色々な人に自慢したいあなたはぜひ登録してください。













-大学受験全般のアドバイス

合わせて読みたい記事!



⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら