超効率大学受験独学勉強法まとめブログ

【九大法学部英語】九州大学法学部の英語の傾向と対策&勉強法


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

257秒で読めます。

九州大学法学部の英語で8割を超える使い方&勉強法

 

九州大学法学部英語

九州大学法学部の英語の問題構成

 

九州大学の英語試験は試験時間120分で、2016年度は長文読解が大問3つ、英訳が大問1つでした。

また長文読解の問題のひとつは100字程度の自由英作文をせよという問題でした。

2015年度以前は長文読解が大問3つ、自由英作文が大問1つ、英訳が大問1つでした。

自由英作文は与えられた文章を読み、その内容に合った英文を書くことが求められます。

 

全体的な難易度としては国立大入試の中でも標準的なものです。

難しい単語・熟語はほとんど出てきません。

しかし、時間配分がすこし厳しめになっています。

英語の総合力が本学試験では求められます。

 

>>【たった1カ月で】難関国公立・早慶の英語長文がスラスラ読めるテクニックはこちら

 

対策&勉強法①【基本~標準の単語・熟語を絶対におさえる】

 

本学の試験では全体的に難しい単語・熟語はほとんど出ません。

大半が基礎~標準的なものが出ます。

つまり、わからない単語・熟語が出ると他の受験生に差をつけられることになります。

なので、難しいものはあまりやらずに、基礎と標準の単語・熟語を確実におさえていきましょう。

 

学校などで行われる単語テストでは基礎~標準のものを扱っているところがほとんどだと思いますので、そうしたテストの復習をしっかり行いましょう。

また、単語・熟語は定期的に勉強しないと忘れてしまいます。

習慣的に勉強する癖をつけることおすすめします。

レベルとしては、ターゲット1900程度の、ある程度レベルの高い英単語帳が必須になります。

英熟語帳も1冊、端から端までしっかりと勉強する必要があります。

 

対策&勉強法②【速読の力をつけることが重要】

 

本学試験では長文読解が3つ出題されるため時間的にはすこし厳しいです。

そのため、速読が重要になります。

速読とは問題を解く上で必要と思う文章はしっかり読み、必要でなさそうな文章は軽く読むということです。

つまり、速読をする上ではメリハリがとても重要です。

 

和訳や内容説明の問題では構文を把握することが重要です。

構文を把握するために文法のしっかり勉強しましょう。

そして、問題集や過去問を使って実際に練習していくことがとても重要です。

構文把握では英語長文ハイパートレーニングや、英語長文レベル別問題集など、構文の解説が詳しい長文の問題集を使ってください。

英文の精読の力をつけることに特化した参考書になっています。

 

文法ではNextStageやVintageなど、英文法の総合問題集を1冊で良いので完璧にしてください。

受験で必要な文法事項が網羅されており、本書をやっていれば一通りの文法に対応できます。

 

長文の総合的な読解練習ではやっておきたい英語長文シリーズなど、国公立に特化した問題集で記述力もつけてください。

また、実際に九州大学の過去問を解いてみることも非常に重要です。

 

対策&勉強法③【英作文を実際に書いてみる】

 

本学試験では自由英作文、英訳が毎年出題されています。

自由英作文では英語の総合的な力だけでなく、どんな内容を書くかという発想力も求められます。

普段の勉強で表現のバリエーションを増やすために単語・熟語の力を伸ばすことが大切です。

また、きちんとした英文を書く上で文法の間違いがないようにすることも大切です。

自由英作文は実際に書いてみることが一番重要なので、過去問などを実際に解いて、先生などに添削してもらいましょう。

 

和文英訳では日本語の意味をしっかり捉えた上で、意味が外れないように英文を書いていく必要があります。

自由英作文と同様に文法が大切です。

 

おすすめの参考書としては『大学入試英作文ハイパートレーニング和文英訳編』(ピアソン桐原)と『[自由英作文編]英作文のトレーニング』(Z会出版)です。

これらは英訳と自由英作文をする上で何が重要かが分かりやすく書いてあるため、非常に使いやすい参考書です。

 

九州大学法学部英語の対策&勉強法まとめ

 

本学試験の難易度は標準的ですが、英語の総合的な力を試してきます。

普段の勉強では速読を意識しつつ、バランスの良い勉強をしましょう。

基礎をしっかり固めることが九州大学合格への近道です。

大和@受験講師
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。
英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。

しかし、浪人期にインターネット上で
誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法
を発見し、偏差値を77.7まで上げ、早稲田大学に合格。
通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。

自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。

開発した「英語長文専用勉強法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。

⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら



無料で、英語 長文が読める勉強法を公開中


無料メールマガジン:英語 長文専用勉強法

たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める勉強法



単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値77.7、全国4位まで登りつめました。
その具体的な勉強法を、100名限定・無料でお伝えしています。
短期間で一気に偏差値を上げ、色々な人に自慢したいあなたはぜひ登録してください。













-大学別英語の対策と勉強法

合わせて読みたい記事!



⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら