よくわかる英文法&問題集の評価/評判と口コミレビュー!レベル/難易度や使い方も


よくわかる英文法&問題集

学研の「よくわかる英文法」とその「問題集」について詳しく解説していきます!
筆者

記事と筆者の信頼性

・筆者は模試の成績優秀者に掲載され、早稲田大学に合格

・手元に「よくわかる英文法」を用意して、中身を見ながらレビュー

・大量の参考書、問題集を分析している「参考書マニア」

・予備校講師として、2,000人以上の受験生を指導

>>1ヶ月で早稲田慶應・難関国公立の英語長文がスラスラ読めるようになる方法はこちら

 

よくわかる英文法とは?

よくわかる英文法は、文法を講義形式で教えてくれる参考書と、問題集に分かれています。

講義形式の参考書は下の写真のようにカラーでとても読みやすく、楽しみながら勉強を進められるでしょう。

よくわかる英文法の中身

例文がいくつか用意されていて、それを解説する中で理解していく形式です。

情報量が最低限に抑えられているので、初心者の人でも無理なく勉強を進められるでしょう。

>>1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた「秘密のワザ」はこちら

 

コラムも参考になる

よくわかる英文法には、下の写真のようなコラムがついています。

試験に直接出るかは分かりませんが、英語の理解の幅を広げることができます。

英語という言語に対しての興味も深くなり、勉強が楽しくなるかもしれません。

よくわかる英文法のコラム

 

よくわかる英文法問題集について

よくわかる英文法問題集

よくわかる英文法に対応した問題集も販売されていて、こちらもとても質が高いです。

参考書で英文法を理解して、それを活かして実践的に問題を解けるようになっています。

下の写真のように左に各分野の総復習、右に問題という構成。

よくわかる英文法問題集

左に要点のまとめはありますが、理解に関してはこれだけでは不十分。

よくわかる英文法の講義形式の参考書を勉強してから、問題集へと進みましょう。

 

よくわかる英文法のレベル/難易度

よくわかる英文法は中学校レベルの基礎からスタートし、大学受験の基本を固められる参考書。

到達レベルとしてはさほど高く無いですが、英文法の土台がガッチリと固まれば、英語へのニガテ意識はかなり薄くなるでしょう。

「英文法がどうしてもニガテ」という人は、そもそも英文法を理解するための勉強をしていない人が多いです。

ただ問題集を解いているだけでは、答えを丸暗記することしかできません。

よくわかる英文法の参考書で深く理解し、問題集でアウトプットして、英文法の土台をガッチリと固めましょう。

>>1ヶ月で早稲田慶應・難関国公立の英語長文がスラスラ読めるようになる方法はこちら

 

よくわかる英文法の使い方

ステップ①講義の参考書を読もう

よくわかる英文法

まずは講義形式の参考書をじっくりと読んで、英文法を理解しましょう。

漠然と「英文法がニガテだ」と感じていた人も、きちんと参考書で理解すれば、間違いなく成長できます。

最初から全て覚えようとせずにまずは1周、読み物として楽しみながら読んでみてください。

2周目以降で徐々に深く理解していくと良いでしょう。

>>1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた「秘密のワザ」はこちら

 

ステップ②付属の問題を解く

よくわかる英文法の講義形式の参考書には、下の写真のような「大学入試レベルにチャレンジ」という問題がついています。

よくわかる英文法の大学入試レベルにチャレンジ

学んだことがしっかりと定着しているか確認できるので、必ず取り組んでおきましょう。

ミスが多くなった部分は、講義の部分をもう一度読んで、復習してください。

>>1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた「秘密のワザ」はこちら

 

ステップ③よくわかる英文法問題集へ

講義形式の参考書で1つの分野を勉強したら、問題集で同じ分野をアウトプットしましょう。

一気にインプットして、一気にアウトプットしようとすると、大雑把な勉強になってしまいがちです。

理解と演習のサイクルを上手く回して、力を伸ばしていってください。

ミスした問題には必ずチェックをつけて、自分のミスを明確にしましょう。

ニガテな部分は参考書に戻って、勉強しなおさなければいけません。

 

ステップ④徹底的に復習

問題集はそれなりに問題数が多いので、何周も解いているとかなりの時間がかかってしまいます。

2周目以降はミスをして、チェックがついた問題だけを徹底的に復習しましょう。

基礎の基礎の問題ですから、1つのミスもなくなるまで、解きなおさなければいけません。

土台の部分で抜けがあると、文法が苦手だと感じる原因になりますし、成績が伸びなくなってしまいます。

>>1ヶ月で早稲田慶應・難関国公立の英語長文がスラスラ読めるようになる方法はこちら

 

よくわかる英文法が終わったら次は

深めて解ける英文法

よくわかる英文法が終わったら、もう1ランク上の参考書へと進んでいきましょう。

おすすめは「深めて解ける英文法INPUT&OUTPUT」

こちらもよくわかる英文法と同様、参考書と問題集がセットになっています。

理解をしたうえで演習ができるので、無理なくレベルアップできるでしょう。

イラストが多くカラフルで、とても取り組みやすいのもポイントです。

 

よくわかる英文法のレビューまとめ

ポイント

・参考書と問題集が別売りになっている

・受験の基礎を固められる英文法の参考書

・参考書で理解してから、問題集で演習

・ミスした問題には必ずチェックをつけて復習





⇒【秘密のワザ】1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた方法はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら

⇒【速読】英語長文を読むスピードを速く、試験時間を5分余らせる方法はこちら









この記事も読まれています

1

私は受験生の時に、全国記述模 試で22位にランクインし、早稲田大学に合格しました。 そして自ら予備校を立ち上げ、偏差値30台の受験生を難関大へ合格させてきました。 早稲田大学卒という学歴があるため、今 ...

2

大学受験の勉強を始めるときに誰もが思うのが、「受験勉強って、何をすれば良いの!?」ということ。 「勉強を頑張るぞー!!」という気持ちはあっても、どう動けばよいか分からない。 そして少しずつ熱も冷めてし ...

3

大学受験の勉強、いつから本気出そうかな。 いつから受験勉強を始めれば、志望校に合格できるんだろう。 私も高校2年生の時、こんなことをいつも考えていました。筆者 高校がさほど頭の良いところではなかったの ...

4

模試の結果が返ってきて、良ければもちろん嬉しいですし、悪いとやる気がなくなってしまいますよね。 私が受験生の時も、模試の返却はビッグイベントで、結果を見るときはとても緊張したことを覚えています。 受験 ...

5

赤本の使い方と復習ノートの作り方!いつから何年分解く? 受験生受験勉強と言ったら赤本ですけど、いつから解くのか、どうやって復習するか全然分からないです・・・。 「赤本」は受験勉強の中で、合否に1番関わ ...

6

インターネットでは「ニッコマは超余裕」なんて書き込みを、目にすることが多いです。 私が受験生の時も「日東駒専は滑り止めにしよう」と、少し見くびってしまっていました。 現役の時の受験の結果はMARCH1 ...

7

志望校を決めるときに、国公立大学にするべきか私立大学にするべきか、悩みますよね。 少し学力の高い高校だと「国公立大学は私立大学よりも優れている」、「国公立大学を目指すべきだ」という先生方も多いです。 ...

Copyright© 予備校PISTA , 2020 All Rights Reserved.