横山雅彦のロジカルリーディングの実況中継の使い方と勉強法【早稲田慶應レベル】






334秒で読めます。

横山雅彦のロジカルリーディングの実況中継の使い方と勉強法

 

横山雅彦のロジカルリーディングの実況中継

 

横山雅彦のロジカルリーディングの実況中継の特徴

 

「ロジカルリーディング」という言葉は、なんとなく聞いたことがあるでしょうか。

その名の通り、英語長文を論理的に読んでいく方法です。

現代文の読み方を教えてくれるテキストはたくさんありますが、英語長文の読み方を教えてくれるテキストは少ないですよね。

その数少ない英語長文の読み方教えてくれるテキスト」が、横山雅彦のロジカルリーディングの実況中継なんです。

英語長文は外国人が書いているわけですから、外国人が文章を書くときの思考を知ることで、英文はグッと読みやすくなります。

>>早稲田大学の卒業生が語る!最強の英語の勉強法はこちら➡

 

ロジカルリーディングの落とし穴

 

ロジカルリーディングを学ぶ受験生に多いのが、「英語長文が読めないから、読解法を学ぼう」というパターン。

しかし大学受験の英語長文において、ロジカルリーディングは必ずしも必要ではありません。

実際私は、ロジカルリーディングは勉強せずとも、英語偏差値は70を超えていましたし、早稲田大学にも合格しました。

ロジカルリーディングを学んでいない状態で、英語長文を読めていないのは、単純に「英文を読む力」が足りていない可能性が高いです。

 

・単語や熟語、文法がマスターできていない

・そもそも1文1文が、しっかり訳せていない

 

この2つに当てはまる受験生は、そもそも英語長文を読むために必要な力が身についていません。

その状態で、ロジカルリーディングに「魔法」のような力を求めてしまっていないでしょうか。

 

例えばセンター試験レベルの英語長文は、内容も分かりやすいものが多いです。

普通に英文が読めていれば、自然と英文の内容が頭に入ってきて、すぐに問題も解けます。

センター試験の英語長文の文章も設問も日本語だったら、楽々解けるでしょう。

 

つまり受験生が徹底的に鍛えなければいけない力は、「精読力」なんです。

精読力とは、1文1文を正確に読む力のことです。

単語や熟語、文法をしっかり学んだうえで、1文1文を丁寧に読んでいく力を身につけましょう。

精読力を身につけるトレーニング方法については、「精読力UP!スラッシュリーディングのやり方」をご覧ください。

>>入試までもう間に合わない!諦めたくない受験生はこちら

 

横山雅彦のロジカルリーディングの実況中継の使い方

 

センター試験の英語長文は、余裕を持って解けるようになった。

だからどうしても、論理的に読む方法を知っておきたいと思ったら、ロジカルリーディングに取り組みましょう。

ただし2点、注意が必要です。

 

・今まで学んできた英文の読み方を、絶対に崩さないようにすること

・小手先のテクニックに頼ろうとしないこと

 

ロジカルリーディングは記号を使って文章を読んでいきますから、「記号を振る作業」に意識が向いてしまいがち。

英文を読むことよりも、記号を振ることが目的になってしまう受験生が多いんです。

そうなってしまうと、ただでさえ難しい英語長文がさらに難しく感じてしまうでしょう。

今まで身につけた英文の読み方はそのままに、「論理的に読もう」という意識を追加する程度でOK。

 

内容自体はものすごく難しいですし、情報量も多いです。

全てマスターしようとせずに、「ここは役立ちそうだな」というところだけ、頭に入れておきましょう。

まずは1周サラッと通読し、重要だと感じた部分にマーカーを引いてください。

難しくて良くわからない部分については、パスしてしまって構いません。

そしてマーカーを引いた部分を、もう一度読み返しましょう。

最後に「自分で使えこなせそうだな」というルールだけ、ノートにまとめます。

これまで自分が身につけてきた英文の読み方に、そのルールを追加してください。

 

実際に英語長文を読んでみよう

 

実際に問題集や過去問で、英語長文に挑戦してみましょう。

横山雅彦のロジカルリーディングの中では使えたテクニックも、実際の英語長文では上手く使えないという事もあるでしょう。

少しでも「今までより読みにくくなってしまった・・・」と感じたら、ロジカルリーディングの内容は忘れてください。

すぐに手放さないと、クセがついてしまい、前の読み方に戻れなくなってしまう可能性がありますからね。

「これは使えるな」と感じた場合だけ、自分の武器にしておきましょう。

 

横山雅彦のロジカルリーディングの実況中継まとめ

 

何度もお伝えしていますが、ロジカルリーディングを自分の武器にするのはとても難しいですし、「わかったつもり」になってしまう可能性が高いです。

その状態で進んでいってしまうと、知らず知らずのうちに長文が読めなくなって、取り返しのつかないことになりかねません。

十分な英語力を身につけたうえで、いつでも手放す覚悟を持って、使えるところだけ自分の武器にしましょう。

私は1ヵ月間地道に努力して英語長文を読めるようにして、偏差値40台から偏差値70台に引き上げました。

私から英語長文を教わってみたい方は、こちらをご覧ください。

 

>>1ヶ月で効果あり!早慶・難関国公立の英語長文がスラスラ読めるようになる方法はこちら

 


⇒センター試験が廃止!3分でわかる共通テストの解説はこちら

⇒時間がない!合格を諦めかけている受験生はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡

⇒【LINE講座!】受験の英語をLINEで相談したい受験生はこちら

>>30日で早慶・国公立の長文が読めるようになる方法はこちら

受験エキスパート
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。 英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。 浪人期に図書館にこもって研究し、 「誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法」 を発券し、偏差値を73まで上げ、早稲田大学に合格。 通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。 自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。 開発した「独自の英語長文読解法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。 センター試験の英語の対策法も研究し、無料で公開している。


⇒センター試験が廃止!新しい英語の最強の攻略法はこちら

























LINEで英語長文の読み方を教えています!


たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める方法


単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値70.4、全国22位まで登りつめました。
その具体的な「英語長文の読み方」を、LINEにてお伝えしています。
勉強や受験に関する相談も受け付けています!



Copyright© 大学受験の偏差値上がる勉強法 , 2020 All Rights Reserved.