システム英単語と英単語ターゲット1900どっちがおすすめ?違いを比較【シス単VSターゲット】


システム英単語と英単語ターゲット1900

記事と筆者の信頼性

・筆者は模試の成績優秀者に掲載され、早稲田大学に合格

・大量の単語帳を手元に用意して、中身を見ながら比較

・予備校講師として、最新の受験のシステムを常にチェック

・これまでに2,000人以上の受験生を指導

受験生
受験の単語帳はシスタンとターゲットが有名ですが、どっちがおすすめですか?
どちらも超有名だから、迷ってしまいますよね。中身を見ながら比較していきます!
筆者

 

システム英単語とは

システム英単語は駿台文庫から出版されていて、受験の英単語帳の定番になっています。

下の写真のような「ミニマルフレーズ」が一番の特徴。

ミニマルフレーズ

例文よりも短い数語のフレーズになっているので、すんなり頭に入ってきます。

例文が長いと訳すのも一苦労で、単語の使い方まで学ぶのが大変ですからね。

改訂されて音声が無料でダウンロードできるようになったので、ミニマルフレーズをたくさん音読してみましょう。

入試で頻出の前置詞まで一緒に学べるので、得点力が上がります。

そしてフレーズを使って英文を書いたり、話したりできるようになり、英語力が底上げされるのでおすすめです。

>>1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた「秘密のワザ」はこちら

 

1語に対して複数の訳を覚えられる

システム英単語の強みは下の写真のように、1語に対して重要な訳を複数覚えられる点。

システム英単語

大学入試では1語1訳では対応できないケースも多く、重要な訳を複数覚えられるのはとても効果的です。

英単語ターゲットは1語1訳の暗記がメインになるので、この点ではシステム英単語に強みがあります。

システム英単語には多義語の章もついていて、さらに幅広く強化できます。

システム英単語の多義語

多義語は設問で直接狙われることも多いので、得点につながります。

>>1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた「秘密のワザ」はこちら

 

英単語ターゲットとは

英単語ターゲットもかなり有名な英単語帳で、シンプルな構成になっています。

下の写真のように、単語とその訳がキレイにまとまっています。

英単語ターゲットの中身

とにかくシンプルに英単語を覚えていきたい人には、特におすすめです。

 

ターゲットにはアプリもある

英単語ターゲットにはアプリがあり、音声を聴いたり、テストを受けたりできます。

アプリには「全国ターゲット選手権」というモードがあり、これがイチオシ。

全国のライバルと単語力を勝負できるので、やる気が出るでしょう。

>>1ヶ月で早稲田慶應・難関国公立の英語長文がスラスラ読めるようになる方法はこちら

 

システム英単語と英単語ターゲットのレベル

システム英単語Basic=ターゲット1200+1400」

「システム英単語標準編=ターゲット1400+1900」

上記が、大体のレベルの目安です。

いきなり難しい英単語帳に取り組む人が本当に多いですが、まずは基礎から固めることが大切です。

基礎単語ほど英文の中に出てきますし、基礎が抜けている状態で難しい単語を覚えても、成績は上がりません。

シスタンであればBasicから、ターゲットであれば1200から勉強を始めてください。

>>1ヶ月で早稲田慶應・難関国公立の英語長文がスラスラ読めるようになる方法はこちら

 

どちらを使っても合格できる

英単語ターゲットとシステム英単語

これまで難関大学に合格した先輩方には、シス単を勉強した人もいれば、ターゲットを勉強した人もいます。

きちんと英単語を覚えていけば、どちらを使っても難関大学に合格できるんです。

英単語帳が作られる目的は当然、「英単語を覚えてもらうため」なので、中身に大きな差はありません。

 

書店で中身を見て選ぼう

英単語帳は名前だけで選んではいけません。

書店に行ってシステム英単語と英単語ターゲットを、どちらも開いてみてください。

「こっちを使いたい!」と思った方を選びましょう。

英単語帳は入試本番まで、肌身離さず持ち続けることになります。

自分のモチベーションが上がる、勉強したくなると思った方を選びましょう。

>>1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた「秘密のワザ」はこちら

 

どちらか1冊を完璧にしよう

システム英単語でも英単語ターゲットでも、まずは1冊だけ選びましょう。

英単語帳を覚えるコツは、1冊ずつマスターしていくこと。

2冊並行で進めようとすると、覚える量が多くなりすぎて、うろ覚えになってしまいます。

うろ覚えの英単語は、入試本番で忘れてしまう可能性が高く、落ちる原因になります。

 

シスタンBasicを1冊覚えると・・・

システム英単語Basicを1冊完璧にマスターすると、どれくらい成績が伸びるのか。

私は英単語帳はシステム英単語Basicだけを使い、1冊どこから聞かれても答えられるようにしました。

すると偏差値70を超え、英語が大の得意に。

MARCHレベルでは余裕をもって合格点を取れるようになりました。

私の教え子でも、システム英単語Basicだけでセンター試験(現共通テスト)で9割近く取り、難関国立大学に合格した人もいます。

一方でどんなに難しい英単語帳に手を出しても、覚え切れていない人は成績が伸びません。

とにかく1冊ずつ、英単語帳をマスターしていくことが大切なんです。

「完璧にマスターした」英単語帳を1冊ずつ増やしていくことで、成績は上がっていきます。

>>偏差値が1ヵ月で40から70に!私が実践した「たった1つのワザ」はこちら

 

システム英単語とターゲットの比較まとめ

ポイント

・シス単とターゲットはどちらも優れている

・どちらを勉強しても、志望校に合格できる

・書店で中身を見て、自分に合っている方を選ぼう

・1冊ずつ、着実にマスターしていくことが大切





⇒【秘密のワザ】1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた方法はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら

⇒【速読】英語長文を読むスピードを速く、試験時間を5分余らせる方法はこちら









この記事も読まれています

1

私は受験生の時に、全国記述模 試で22位にランクインし、早稲田大学に合格しました。 そして自ら予備校を立ち上げ、偏差値30台の受験生を難関大へ合格させてきました。 早稲田大学卒という学歴があるため、今 ...

2

大学受験の勉強を始めるときに誰もが思うのが、「受験勉強って、何をすれば良いの!?」ということ。 「勉強を頑張るぞー!!」という気持ちはあっても、どう動けばよいか分からない。 そして少しずつ熱も冷めてし ...

3

大学受験の勉強、いつから本気出そうかな。 いつから受験勉強を始めれば、志望校に合格できるんだろう。 私も高校2年生の時、こんなことをいつも考えていました。筆者 高校がさほど頭の良いところではなかったの ...

4

模試の結果が返ってきて、良ければもちろん嬉しいですし、悪いとやる気がなくなってしまいますよね。 私が受験生の時も、模試の返却はビッグイベントで、結果を見るときはとても緊張したことを覚えています。 受験 ...

5

赤本の使い方と復習ノートの作り方!いつから何年分解く? 受験生受験勉強と言ったら赤本ですけど、いつから解くのか、どうやって復習するか全然分からないです・・・。 「赤本」は受験勉強の中で、合否に1番関わ ...

6

インターネットでは「ニッコマは超余裕」なんて書き込みを、目にすることが多いです。 私が受験生の時も「日東駒専は滑り止めにしよう」と、少し見くびってしまっていました。 現役の時の受験の結果はMARCH1 ...

7

志望校を決めるときに、国公立大学にするべきか私立大学にするべきか、悩みますよね。 少し学力の高い高校だと「国公立大学は私立大学よりも優れている」、「国公立大学を目指すべきだ」という先生方も多いです。 ...

Copyright© 予備校PISTA , 2020 All Rights Reserved.