【大学受験エバースタディ】~大学受験の勉強法~

【大学受験生】夏休みの勉強時間や計画の立て方!遊びや旅行は失敗の原因?


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

31秒で読めます。

【大学受験生】夏休みの勉強時間やスケジュールの立て方

大学受験生の夏休み

 

受験の結果を大きく左右すると言われている、「夏休み」。

夏休みに入ると一気に、受験モードに切り替わる受験生も多いでしょう。

学校の授業がない、貴重な1カ月半の期間、どう過ごせば良いのでしょうか。

「周りの受験生と一気に差をつける、夏休みの過ごし方」をお伝えしていきます。

夏休みを最大限に活かして、志望校合格にグッと近づきましょう!

>>英語の偏差値が40から70に上がる方法、知りたくないですか?➡

 

夏休みにやるべきこと①志望校を決める

 

「どうしてもここの大学に行きたい!!」と言える志望校、ちゃんと決まっていますか?

志望校が決まっていなくて、受験があるからという理由だけでなんとなく勉強していても、全力で勉強し続けられないでしょう。

「絶対にこのキャンパスで、4年間を過ごしたいんだ」という思いこそが、勉強を頑張る活力になります。

そんな憧れの志望校を、まずは見つけてください。

それが受験勉強の、大切な第一歩です。

志望校を決めよう!勉強がしたくてたまらなくなる、志望校の選び方」を参考にしてください。

 

夏休みにやるべきこと②スケジュールを立てよう

 

夏休みに入る前に、「どんな力を、どのレベルまで身につけるか」、そしてそのために「何をどのくらい勉強しなければいけないのか」を考えましょう。

必要な勉強量から逆算して、「1日のノルマ」を明確に決めてください。

ノルマは勉強時間ではなく、「量」。

「勉強時間」という指標はかなりあいまいで、1日10時間勉強したとしても、日によって進捗は大きく異なってしまいます。

たくさん勉強しても、成績が伸びていかない原因の1つです。

ノルマを黙々とこなして、1日のノルマが終わったら、好きなだけ遊んでもOKとしましょう。

花火大会に行っても良いですし、友達とご飯を食べに行っても構いません。

量的なノルマを明確に決めることで、受験勉強にメリハリがついて、全力で頑張れるんです。

>>あなたは天才?凡人?「勉強センス診断」はこちら

 

夏休みは、どんな勉強をすれば良いの?

 

夏休みは「基礎固めが重要」という言葉は、もう聞いたことがあるかもしれません。

まさにその通りです。

中学生レベルから高校基礎レベルの内容をガッチリ固めることが、夏休みの最重要課題。

「この辺はさすがにできてるだろう」という部分から、もう一度勉強しなおしましょう。

 

いわゆる「基礎」と呼ばれている部分をマスターすれば、センター試験レベルであれば7割以上は取れるようになります。

ここまでの力を夏休み中につけられれば、そこから順調に成績が伸びていくでしょう。

逆に基礎に穴があるうちに応用に手を出してしまうと、虫食い的な勉強になってしまい、「なぜ成績が上がらないのか」がわからなくなってしまいます。

夏に基礎固め、そこから応用へと進んでいきましょう。

 

夏休みに、遊びや旅行に行っても良い??

 

受験勉強をずっとしていると、たまには息抜きをしたくなることもありますよね。

それを全て我慢していたら、メリハリがつけられず、ストレスもたまって、逆に勉強の効率が落ちてしまいます。

受験は「勉強すれば良い」のではなく、自分のメンタルとも向き合って、良好な精神状態で勉強し続けることが大切です。

そうしていかないと、勉強の効率は少しずつ落ちていき、「もう勉強したくない!」と爆発してしまうこともあるでしょう。

 

とは言え遊んでばかりいたら当然、成績は上がっていきません。

だからこそ「ノルマ」が大切になってくるんです。

例えば1カ月に4日は休む前提で計画を立てれば、4日間は遊んでも、必要な勉強はしっかり消化できますよね。

「ノルマ」を明確にしてスケジュールを立て、遊ぶ日はしっかり遊ぶ。

そんなメリハリをつけた夏休みを送りましょう。

 

【大学受験生】夏休みの勉強時間や計画の立て方まとめ

 

楽しいことよりも辛いことの方が多い、受験生の夏休み。

そんな夏休みも、受験が終わったときに青春の1ページに変わるでしょう。

勉強に打ち込んだ夏休みを、最高の思い出にするか、悲しい思い出にするかは、あなたの頑張りにかかっています。

どうせ勉強するなら、「マジで頑張ったぞ!!」と胸を張って言えるくらい、本気で頑張りましょう!

 

>>いつから本気出す?勉強を始める時期と合格率の関係性はこちら

>>受験勉強が辛い、逃げたい・・・。そんなあなたに贈る言葉はこちら





⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら
大和@受験講師
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。
英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。

しかし、浪人期にインターネット上で 「誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法」 を発見し、偏差値を77.7まで上げ、早稲田大学に合格。
通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。

自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。
開発した「英語長文専用勉強法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。


⇒【天才?凡才?】60秒勉強センス診断はこちら!
⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら



無料で、英語 長文の読み方を公開中


無料メールマガジン:英語 長文専用勉強法

たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める方法



単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値77.7、全国4位まで登りつめました。
その具体的な「英語 長文の読み方」を、無料でお伝えしています。
短期間で一気に偏差値を上げ、色々な人に自慢したいあなたはぜひ登録してください。







3:54 PM