速読英熟語とCDや音声の使い方と勉強法【早慶レベル攻略】






352秒で読めます。

速読英熟語のハイレベルな使い方&勉強法はこれ!

 

 

速読英熟語は、受験生なら一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?

もちろんほかにも、解体英熟語システム英熟語英熟語ターゲットなど様々な英熟語帳の名前を聞いたことがあるかもしれません。

どの熟語帳を使えばいいかわからないという受験生が多いです。

自分はどの英熟語帳がベストなのかを知り、その1冊を完璧にこなすことが最も効率の良い英熟語帳の使い方・勉強法です。

 

なのでこの記事では、

「速読英熟語とはどのような英熟語帳なのか」

「どのような受験生が速読英熟語に向いているのか」

「速読英熟語の点数に直結する使い方&勉強法」

の3つのポイントについて詳しくお伝えしていきます。

>>早稲田大学の卒業生が語る!最強の英語の勉強法はこちら➡

 

速読英熟語のレベル

 

速読英熟語でMARCH・中堅国公立であれば8割方の英熟語はカバーできます。

早慶レベルの英語であっても、正しい使い方と勉強法で速読英熟語を1冊完璧にしていれば、英熟語が不合格の要因になるようなことはありません。

「速読英熟語じゃ足りないんじゃないの?」という受験生も多いですが、まずは速読英熟語を完璧にしてください。

過去問を解き、さらに英熟語が必要だと感じたら、「解体英熟語」などで、速読英熟語に掲載されていなかった英熟語のみを覚えるようにしてください。

>>入試までもう間に合わない!諦めたくない受験生はこちら

 

速読英熟語が優れているポイント

 

速読英熟語の優れているポイントは

・英熟語の量が適量

・適量の英語構文も勉強できる

英語長文がついているので、熟語・構文の使い方が理解できる

の3つです。

 

英熟語は英単語に比べて出題頻度は圧倒的に低いので、優先順位はあくまで英単語です。

英熟語の暗記ばかりしていても、点数には結び付きません。

なので適量の英熟語だけを覚えられる速読英熟語は非常に効率が良いです。

また難関大学を中心に出題される英語構文もカバーされており、こちらも無駄なく勉強することができます。

それだけでなく、熟語と構文を使った長文も50題収録されているので、英熟語の文章中での使い方まで理解できるのです。

こういった条件がそろっているので、速読英熟語は良い英熟語帳と言えます。

 

速読英熟語の点数に直結する使い方&勉強法はこれ!

 

速読英熟語が最強な理由が分かったところで、ここからは点数に直結する使い方と勉強法を伝授します。

基本的には普通に英熟語と英語構文を暗記していきます。

その際に、「自分で例文を作れるようにする」ことが大切です。

大学入試の問題では、前置詞を問う問題が非常に多いです。

 

explain A to B

という熟語であれば、

AとBのどちらが人でどちらがモノか

そして前置詞は何でどの部分に入るのか

といった部分が整序問題や文法問題で問われます。

なので、それを先に知っておき、前置詞をしっかりと覚え、例文を作れるところまでできれば、全国の受験生と大きく差をつけることができるのです。

 

速読英熟語を1冊隅々まで完璧に暗記する使い方&勉強法

 

英熟語の成り立ちから覚える勉強法

 

英熟語を覚える際には「英熟語の成り立ち=語源」から覚えてください。

例えば、「speak out~」という英熟語は「~をはっきり言う」という意味です。

speak=話す out=外側

直訳すれば外側に話すという事になります。

それを噛み砕いて解釈すると、「はっきりと言う」という意味にも取れますよね。

 

英熟語は1つの語句に対して前置詞がくっついているものが多いです。

語句が前置詞とどのように結びついているかを理解すると、語源から暗記できます。

これがまだ難しいという受験生は、まずは前置詞の意味から勉強してください。

 

苦手な英熟語には印をつける使い方

 

英熟語に限らず、暗記物を覚える際には必ず「自分の苦手なものにチェックをつける」癖をつけてください。

自分の苦手な英熟語はとにかく何度もミスします。

逆にすでに覚えているような英熟語は少し時間がたっても覚えているものです。

ですので自分が苦手な英熟語を重点的に暗記し、得意な英熟語はたまにメンテナンスするというような使い方をしてください。

こうしたメリハリのつけた使い方をしておかないと、本番当日になっても結局苦手な英熟語で苦労することになってしまいます。

 

速読英熟語のCDの使い方と勉強法を教えて!

 

英熟語を覚えるという目的で速読英熟語を使っているのであれば、CDは必要ありません。

速読英熟語のCDは英文を読んでくれるものなので、英熟語の暗記と直結するものではありません。

CDの使い方・勉強法を間違えて、ひたすら英文を聞き流していても、英熟語の暗記にはつながりません。

リスニング音読を行いたいということでしたら、リスニング音読の専用の参考書を使うことをオススメします。

 

速読英熟語の使い方&勉強法まとめ

 

ここまで、

「速読英熟語とはどのような英熟語帳なのか」

「どのような受験生が速読英熟語に向いているのか」

「速読英熟語の点数に直結する使い方&勉強法」

の3つのポイントについて詳しくお伝えしてきました。

 

あなたがどの英熟語帳を使うかはもちろんあなたの自由です。

しかし「なぜその英熟語帳を使うのか」を必ず明言できるようにしてください。

そして自分の現状のレベルと、志望校のレベルの差を埋められる英熟語帳を選んでください。

 

>>英熟語は、大学受験に必要?それとも不要??

 


⇒センター試験が廃止!3分でわかる共通テストの解説はこちら

⇒時間がない!合格を諦めかけている受験生はこちら

⇒【1カ月で】英語の偏差値が30上がった勉強法はこちら

⇒早稲田大学の合格者が語る!最強の英語の勉強法はこちら

>>早稲田大学の合格者が語る!最強の英語の勉強法はこちら

受験エキスパート
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。 英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。 浪人期に図書館にこもって研究し、 「誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法」 を発券し、偏差値を73まで上げ、早稲田大学に合格。 通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。 自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。 開発した「独自の英語長文読解法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。 センター試験の英語の対策法も研究し、無料で公開している。


⇒知らなきゃマズい!新しい英語の勉強法はこちら

























センター試験廃止で、全ての大問が英語長文に変更!


旧センター試験が廃止され、大学入学共通テストでは全ての問題が英語の文章を読む問題に変わりました!


模試や過去問を解いても、英語の長文が全然読めない・・・。
英語長文の重要度がさらに上がった今、長文を攻略できなければ志望校には合格できないといっても過言ではありません。

私が受験生の時に、1ヶ月で英語長文をスラスラ読めるようにしたトレーニング方法をお伝えしています!
1ヶ月で40前後だった偏差値が、70を超えるようになり、模試の全国ランキングにも掲載されました。
その勉強法を詳しく解説しています!
勉強や受験に関する相談も受け付けています!



Copyright© 大学受験の偏差値上がる勉強法 , 2020 All Rights Reserved.