英語長文プラチナルール/関正生のレベル/難易度と使い方&音声の音読の勉強法!評判/評価【早慶MARCH】


英語長文プラチナルールのレベル/難易度!評価/評判も

関正生の英語長文プラチナルール

英語長文プラチナルールはどんな参考書?

英語長文プラチナルールは、解説がとても詳しい、英語長文の参考書です。

英語長文の参考書というと、問題を解いて丸付けをさせて、1つ1つの問題の解説が3行ほど。

あとは全訳が書いてあるだけ。

という形式が多い中で、英語長文プラチナルールは明らかにスタイルが違います。

1つ1つの設問の解き方、文章の論理展開、1文1文の構文解説まで、詳しく解説してくれています。

「問題を解く」ことだけを目的にせず、「問題を解いたうえで、長文の力を伸ばす」ところまで考えられているんです。

現存する英語長文の参考書の中では、最も解説が詳しい参考書の1つでしょう。

 

解説が詳しいことで有名な関正生先生が手掛けた1冊で、CDはついていませんが音声を無料ダウンロードできるようになっているのもポイント。

大学入学共通テストのリスニングや、TEAPや英検などのスピーキングにも活かすトレーニングができるでしょう。

>>1ヶ月で早稲田慶應・難関国公立の英語長文がスラスラ読めるようになる方法はこちら

 

英語長文プラチナルールのレベル

 

英語長文プラチナルールに掲載されている長文は、MARCH・関関同立・中堅国公立レベル以上の大学から抜粋したものがほとんど。

大学入学共通テスト・旧センター試験の英語で8割程度は取れている受験生でないと、相当難しいと感じるでしょう。

ある程度の英語力がある受験生が、英語長文プラチナルールを1冊、深く学べば英語長文の力はグッと上がります。

MARCH・中堅国公立はもちろん、難関国公立・早慶レベルの長文も読みこむことになりますからね。

偏差値でいえば、55~60ほどの受験生向けです。

今の時点でまだ実力が足りないと感じる場合は、基礎固めから取り組んでいきましょう。

「いつから取り組めば良いですか?」という質問をよく頂きますが、時期よりもご自身のレベルに合わせてスタートするようにしてください。

 

解説が詳しい英語長文の参考書としては、英語長文ハイパートレーニングレベル1,2や英語長文ポラリス1、英語長文レベル別問題集1~4あたりがおすすめ。

英語長文プラチナルールよりも難易度が易しく、それでいて解説が詳しいので、基礎固めに最適です。

>>1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた「秘密のワザ」はこちら

 

英語長文プラチナルールの使い方&勉強法

 

使い方ステップ①まずは長文を解こう

 

まずは掲載されている英語長文を解いてください。

大切なのは、1題解いたらじっくり復習して、完璧に理解してから次の長文へ進むこと。

長文を解いた後の復習が、あなたの長文の力を引き上げてくれますからね。

問題を解いて丸付けをして、ちょっと読み直して次へ進んでしまったら、英語長文を読む力は伸びていきません。

 

長文を解く際には必ず、制限時間を意識するようにしてください。

ストップウォッチで測りながら解くことで、スピードを上げて長文を解いていくトレーニングが大切です。

入試本番は時間との勝負になりますから、1秒でも速く解き進められるようにならなければいけません。

普段からスピードを意識していないと、模試や入試で焦ってしまい、実力が発揮できなくなってしまいます。

 

また長文を読んだら、その文章の要約を100字程度で作る練習をしましょう。

英語長文プラチナルールは「文章の論理展開」が詳しく書いてあります。

自分で作った要約と解説を見比べて、しっかり文章が読めているかを確認してください。

パラグラフごとの要約を作り、それをつなげていくとキレイな要約文が作れるようになります。

大学入試の問題でも要約の問題は出題されますし、文章の内容を整理しながら、全体像をつかむ力が身に付きます。

>>偏差値が1ヵ月で40から70に!私が実践した「たった1つのワザ」はこちら

 

使い方ステップ②丸付けをして、解説を読もう

 

丸付けをして、詳しい解説を読んでいきます。

関先生の解説をじっくり読んで、深く理解しましょう。

設問のマルバツだけでなく、「設問の解き方」、「文章の読み方」を学ぶことが大切です。

 

ミスした部分はノートに書き出して、原因を分析していきましょう。

自分がミスする傾向をまとめていくことで、ミスする原因を1つ1つ解消し、解き方が改良されていきます。

この作業を入試本番まで繰り返していくことで、得点力が上がっていきます。

 

使い方ステップ③全文にSVOCを振ろう

英語長文プラチナルールの文章には、全文にSVOCなどの文構造が振られています。

大変な作業ではありますが、自分でペンを使って、全文にSVOC+その他の文構造を振ってください。

難しい英語長文になると文が読めなくなってくるのは、「1文1文が長くなり、文構造が取れなくなってくるから」です。

この壁を打ち破るためには、自分で構文を振って、「文構造を身体で覚えていく」ことが大切。

 

自分が読めなかった文や、構文が振れなかった部分はマーカーを引くなどしておきましょう。

同じような英文が出てきた際に、次は絶対に読めるようにしなければいけません。

スキマ時間なども使って、何周も復習してください。

>>1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた「秘密のワザ」はこちら

 

使い方ステップ④音読しよう

 

自分が振った構文と、解説の構文を見比べてください。

正しく文構造が振れなかった部分は、正しい文構造をしっかりと理解しましょう。

 

文構造を振る作業を終えたら、まずは構文が振ってある状態の長文を、何度も読んでください。

この作業をすることで、「目で見て構文が取れる」ようになります。

最後に何も構文が振っていない長文を、「構文を意識しながら」繰り返し読んで、スラスラ読めるようにしましょう。

1題の長文でここまでじっくり復習したら、最後に音読をしてください。

 

長文を解いてすぐに音読に進んでしまう人もいますが、声を発しているだけになってしまう可能性が高いです。

声に出しながら英文を理解するというのはかなり難易度が高いですから、完璧に理解してから音読しなければいけません。

スラスラ読めるようになった長文を、音声を聴いて正しい発音で音読するようにしてください。

誤った発音で音読をしてしまうと、スピーキングやリスニングに悪影響が出てしまう可能性があります。

 

音読を何周も繰り返して、完璧に理解しながら、スラスラ音読できるようになったら次の長文へと進んでください。

ここまで1題1題を復習して、英語長文プラチナルールを1冊終えた時には、英語長文を読む力が相当上がっているはずですよ。

 

英語長文プラチナルールが終わったら次は

 

英語長文プラチナルールが終わったら、英語長文ハイパートレーニング3、英語長文ポラリス2、3へと進んでいきましょう。

難易度は英語長文プラチナルールよりも高く、なおかつ解説がとても詳しいです。

また世界一わかりやすい英文読解の特別講座、ポレポレや英文読解の透視図、ビジュアル英文解釈など解釈系の参考書へ進むのも良いでしょう。

>>偏差値が1ヵ月で40から70に!私が実践した「たった1つのワザ」はこちら

 

英語長文プラチナルールについていけなかった人

 

英語長文プラチナルールを勉強してみたけれど、そもそも長文をどう読んだら良いのか分からない。

長文が難しく感じられて、上手く進められなかったという受験生は、もっと基本的な部分から勉強しなければいけません。

「どうすれば英語長文が読めるようになるか」を先に理解したうえで、たくさんの長文を解いていくことが大切です。

長文は1文1文の英文から成り立っていますから、まずは1文が読めるようにならなければいけません。

そして1文は単語や熟語、文法、構文で成り立っていますからこれらの知識も必要です。

このように必要な要素をピックアップしていって、基本から勉強していって最終的に英語長文を読めるようにしていきましょう。

 

私は配点がものすごく大きい英語長文を攻略したことで、1ヵ月で偏差値40から70を超えるようになり、早稲田大学に合格できました。

その時に実践した英語長文の読み方、トレーニング方法を知りたい方は下のリンクをご覧ください。

>>1ヶ月で早稲田慶應・難関国公立の英語長文がスラスラ読めるようになる方法はこちら!

 

英語長文プラチナルールの使い方&勉強法まとめ

 

ポイント

・とにかく解説が詳しい、英語長文の参考書

・センター試験/大学入学共通テストで8割以上取れるようになってから取り組もう

・100字で要約を作って、文章が読めているかを確認

・全ての文に文構造を振って、英文を読む力を鍛えよう

・完璧に理解した長文を音読して、さらに力を伸ばす


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら

⇒【秘密のワザ】1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた方法はこちら

⇒【速読】英語長文を読むスピードを速く、試験時間を5分余らせる方法はこちら


>>【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら



⇒【秘密のワザ】1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた方法はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら

⇒【速読】英語長文を読むスピードを速く、試験時間を5分余らせる方法はこちら









この記事も読まれています

1

目次1 1ヶ月で東大京大・早 慶の英語 長文を攻略する勉強法とは2 全国22位なのに、もともとバカだった!?3 高3の8月、某大手予備校に通い始める4 英語 長文が読めないと、私のような失敗を繰り返す ...

2

目次1 大学受験勉強は何から始める?何からすればいい?2 受験勉強は英語からという考えはNG3 英語は「英単語から」というのもNG4 ステップ①国公立か私立のどちらを志望するか決める5 ステップ②まず ...

3

目次1 大学受験勉強はいつから準備すれば間に合う?始める時期は?2 みんなはいつから勉強を始めている?3 受験勉強は、想像以上に勉強量が多い4 スタートが遅いと、メンタル面でも悪影響5 部活やアルバイ ...

4

目次1 模試の判定の受け止め方。E判定、D判定、C判定の場合の対処法2 模試の判定の合格率と基準3 E判定、D判定では基本的に合格できない4 模試でE・D判定なら志望校を変えた方が良い?5 模試を受け ...

5

目次1 赤本の使い方と復習ノートの作り方!いつから何年分解く?2 赤本ってなに??3 赤本/過去問を勉強する目的4 赤本に取り組む前に知っておいて欲しいこと5 赤本/過去問の使い方と復習法6 赤本/過 ...

6

目次1 日東駒専は普通にむずい!私がニッコマに落ちた体験談2 日東駒専の難易度を詳しく解説3 日東駒専が「簡単」と思われてしまう理由4 日東駒専に合格するための対策法5 日東駒専の「基礎固め」って何を ...

7

目次1 国公立大学と私立大学の特徴と違い!おすすめはどっち?2 国公立大学と私立大学って何が違うの?3 国公立大学と私立大学の運営元の違い4 国公立大学と私立大学ってどっちが難しい?5 国公立大学と私 ...

Copyright© 予備校PISTA , 2020 All Rights Reserved.