【大学受験エバースタディ】~大学受験の勉強法~

関正生の英語長文プラチナルールの使い方&勉強法!難しい?評判/評価は?


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

312秒で読めます。

関正生の英語長文プラチナルールの使い方&勉強法

関正生の英語長文プラチナルール

 

英語長文プラチナルールの特徴

 

英語長文プラチナルールは、解説がとても詳しい、英語長文の参考書です。

英語長文の参考書というと、問題を解いて丸付けをさせて、1つ1つの問題の解説が3行ほど。

あとは全訳が書いてあるだけ。

という形式が多い中で、英語長文プラチナルールは明らかにスタイルが違います。

1つ1つの設問の解き方、文章の論理展開、1文1文の構文解説まで、詳しく解説してくれています。

「問題を解く」ことだけを目的にせず、「問題を解いたうえで、長文の力を伸ばす」ところまで考えられているんです。

現存する英語長文の参考書の中では、最も解説が詳しい参考書の1つでしょう。

>>英語の偏差値が40から70に上がる方法、知りたくないですか?➡

 

英語長文プラチナルールのレベル

 

英語長文プラチナルールに掲載されている長文は、MARCH・中堅国公立レベル以上の大学から抜粋したものがほとんど。

センター試験の英語で8割程度は取れている受験生でないと、相当難しいと感じるでしょう。

ある程度の英語力がある受験生が、英語長文プラチナルールを1冊、深く学べば、英語長文の力はグッと上がります。

MARCH・中堅国公立はもちろん、難関国公立・早慶レベルの長文もたくさん読みこむことになりますからね。

>>あなたは天才?凡人?「勉強センス診断」はこちら

 

英語長文プラチナルールの使い方&勉強法

 

ステップ①まずは長文を解こう

 

まずは長文を解いてください。

大切なのは、1題読んだらじっくり復習して、完璧に理解してから次の長文へ進むこと。

長文を解いた後の復習が、あなたの長文の力を引き上げてくれますからね。

 

また長文を読んだら、その文章の要約を100字程度で作る練習をしましょう。

英語長文プラチナルールは「文章の論理展開」が詳しく書いてあります。

自分で作った要約と解説を見比べて、しっかり文章が読めているかを確認してください。

 

ステップ②丸付けをして、解説を読もう

 

丸付けをして、詳しい解説を読んでいきます。

関先生の解説をじっくり読んで、深く理解しましょう。

設問のマルバツだけでなく、「設問の解き方」、「文章の読み方」を学ぶことが大切です。

 

ステップ③全文にSVOCを振ろう

 

英語長文プラチナルールの文章には、全文にSVOCなどの文構造が振られています。

大変な作業ではありますが、自分でペンを使って、全文にSVOC+その他の文構造を振ってください。

難しい英語長文になると文が読めなくなってくるのは、「1文1文が長くなり、文構造が取れなくなってくるから」です。

この壁を打ち破るためには、自分で構文を振って、「文構造を身体で覚えていく」ことが大切。

 

ステップ④スラスラ読めるようにしよう

 

自分が振った構文と、解説の構文を見比べてください。

正しく文構造が振れなかった部分は、正しい文構造をしっかりと理解しましょう。

 

文構造を振る作業を終えたら、まずは構文が振ってある状態の長文を、何度も読んでください。

この作業をすることで、「目で見て構文が取れる」ようになります。

最後に何も構文が振っていない長文を、「構文を意識しながら」繰り返し読んで、スラスラ読めるようにしましょう。

1題の長文でここまでじっくり復習したら、次の長文へと進んでいきます。

英語長文プラチナルールを1冊終えた時には、英語長文を読む力が相当上がっているはずですよ。

 

英語長文プラチナルールについていけなかった人

 

英語長文プラチナルールを勉強してみたけれど、そもそも長文をどう読んだら良いのか分からない。

長文が難しく感じられて、上手く進められなかったという受験生は、もっと基本的な部分から勉強しなければいけません。

「どうすれば英語長文が読めるようになるか」を先に理解したうえで、たくさんの長文を解いていくことが大切です。

長文は1文1文の英文から成り立っていますから、まずは1文が読めるようにならなければいけません。

そして1文は単語や熟語、文法、構文で成り立っていますからこれらの知識も必要です。

このように必要な要素をピックアップしていって、基本から勉強していって最終的に英語長文を読めるようにしていきましょう。

>>難しい英語長文もスラスラ読めるようになる方法、知りたくないですか?

 

英語長文プラチナルールの使い方&勉強法まとめ

 

・とにかく解説が詳しい、英語長文の参考書

センター試験で8割以上取れるようになってから取り組もう

・100字で要約を作って、文章が読めているかを確認しよう

・全ての文に文構造を振って、英文を読む力を鍛えよう

>>英語の偏差値が40から70に上がる方法、知りたくないですか?

>>60秒でできる!あなたの勉強センス診断はこちら





⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡
大和@受験講師
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。
英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。

しかし、浪人期にインターネット上で 「誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法」 を発見し、偏差値を77.7まで上げ、早稲田大学に合格。
通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。

自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。
開発した「英語長文専用勉強法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。


⇒【天才?凡才?】60秒勉強センス診断はこちら!
⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら➡

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡



無料で、英語 長文の読み方を公開中


無料メールマガジン:英語 長文専用勉強法

たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める方法



単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値70.4、全国22位まで登りつめました。
その具体的な「英語 長文の読み方」を、無料でお伝えしています。
短期間で一気に偏差値を上げ、色々な人に自慢したいあなたはぜひ登録してください。







11:39 AM