【大学受験エバースタディ】~大学受験の勉強法~

新潟大学理工学部の数学の対策&勉強法!難易度と過去問の傾向も


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

239秒で読めます。

新潟大学理工学部の数学で合格点を取る勉強法

 

新潟大学理工学部

新潟大学理工学部の数学の傾向とレベル

 

2016年(平成27年度)から全学部共通問題が大幅に増えたために、標準的な問題が多くなりました。

特に、前半の設問は、文系受験生と同一の問題であるために、問題の全体的な難易度は下がりました。

しかしながら、受験生間の競争という意味では、難易度は同じですので、高得点が必要となります。

近年3年間の出題数は、5問となっています。

問題1から3までは、数学ⅠA・ⅡBの範囲の問題であり、問題4は数学ⅡBの応用問題となることが多いようです。

問題5は、理学部・工学部(一部医学部・歯学部含む)選択者用の問題となっているため、微分法・積分法(数学Ⅱ・Ⅲ)の範囲の問題となっています。

そのため、理系学部受験者にとって問題1から3までは、比較的易しい問題となっていますが、問題4、5は、例年難しい傾向があります。

理系学部での高得点は、問題4、5の出来が重要です。

大学入試の中では、地方国立大学ということもあり、平均値的な難易度です。

>>新潟大学の英語で合格点を取る方法、知りたくないですか?➡

 

新潟大学理工学部の数学の問題別対策&勉強法

 

対策&勉強法①大問1~3

 

問題1〜3は、数学IA・ⅡBの範囲となっています。

この範囲は、文系受験生と同一問題となります。

比較的出題の頻度が高いのは、ベクトル、方程式と解、場合の数と確率、平面図形です。

その次に出題される傾向があるのは、数列、指数・対数となっています。

ベクトルの問題は、平面図形と組み合わせ問題となることが多く、特に、ベクトルを利用して、三角形の様々な性質(重心、垂心、外心、内心)を解く問題が良い練習になると考えます。

>>あなたは天才?凡人?「勉強センス診断」はこちら

 

対策&勉強法②大問4~5

 

問題4に関しては数学ⅡBの応用問題、問題5は数学Ⅲの範囲を含めた応用問題です。

特に問題5は、微分法・積分法の応用問題が出題される傾向が強いです。

数列と合わせて出題される傾向がありますので、積分と数列の関係を深めておく必要があります。

具体的には、漸化式の問題で、等比数列、等比数列の和を利用する問題が頻出です。

 

対策&勉強法③全体のまとめ

 

問題1〜5、全体を通しては、指数・対数の問題は、毎年出題されています。

従って、指数・対数の問題は確実に解けるようにしておきましょう。

繰り返しになりますが、問題1〜3の難易度は、標準的なレベルの問題となっていますので、教科書レベルの問題を解けるようにすることで得点できます。

教科書の問題を真っ黒になるまでやってください。

問題4、5に関しては、教科書レベルを超えるものが出題される可能性があります。

三角関数を利用した置換積分等、積分範囲に注意する問題に慣れておいてください。

事前に難関大学の応用問題の学習を行い、自信を養うことも必要です。

 

対策&勉強法④受験に向けて

 

近年は理系学部の数学試験時間は120分、問題数5問となっていますので、今後も同様であることが予想されます。

120分集中できる体力を養ってください。

数学が不得意な理系学部受験者は、問題1〜3を確実に解けるようにすることが合格に近づくことになります。

問題1〜3については、教科書の例題・類題を解くことで、十分対策になりますので、この範囲をまずは固めることが重要です。

高得点を目指す受験者は、問題4、5の対策が必要になります。

問題は指数・対数、微分法・積分法の応用問題である可能性が高いですので、この分野の応用問題、特に過去問を多く解くことが重要です。

特に数列と微分・積分の関係を組み合わせる問題が頻出していますので、類似の練習問題は積極的に取り組みましょう。

また最後の問題ということで、時間との戦いになりますので、じっくり考えるというよりも、問題のパターンをたくさん暗記しておいて、時間を節約するということも有効です。

>>英語の偏差値が40から70に上がる方法、知りたくないですか?

>>60秒でできる!あなたの勉強センス診断はこちら





⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡
大和@受験講師
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。
英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。

しかし、浪人期にインターネット上で 「誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法」 を発見し、偏差値を77.7まで上げ、早稲田大学に合格。
通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。

自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。
開発した「英語長文専用勉強法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。


⇒【天才?凡才?】60秒勉強センス診断はこちら!
⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら➡

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡



無料で、英語 長文の読み方を公開中


無料メールマガジン:英語 長文専用勉強法

たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める方法



単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値70.4、全国22位まで登りつめました。
その具体的な「英語 長文の読み方」を、無料でお伝えしています。
短期間で一気に偏差値を上げ、色々な人に自慢したいあなたはぜひ登録してください。







5:29 PM

人気記事一覧