【名古屋大学の英語】名大で8割取る対策!レベル/難易度と傾向。英語長文/会話/自由英作文/英訳の勉強法


名古屋大学の英語で8割を超える対策法!配点や時間配分も

 

名古屋大学/名大の英語

名古屋大学の英語の傾向とレベル/難易度

 

名古屋大学の英語は英語長文と自由英作文がメイン。

会話問題や和文英訳問題が出題されることもあり、このあたりも対策しておかなければいけません。

全体的に記述問題がとても多く、国立大学らしい問題形式です。

細かい文法や単語の知識が問われるというよりは、長文の大意や、主張が理解できているかに重きが置かれています。

東京大学のように深い内容理解を求めるような要約問題や、細かい文法の誤りを訂正させるような問いはあまりありません。

国公立大学の2次試験としては、スタンダードな難易度であると言えるでしょう。

 

文学部、教育学部、法学部、経済学部

情報学部、理学部、医学部、工学部、農学部

9個の学部がありますが、問題は共通です。

 

長文はよく耳にするテーマ(例えば環境保護など)が出題されることは少ないので、論理や著者の主張が冒頭部分から予想しにくくなっています。

背景知識を使った予想が難しいので、その場で英語を読み、内容を理解しなければいけません。

そういった観点では他の国公立大学と比べて、やや長文の難易度は高いと言えるでしょう。

名古屋大学の英語は時間の制限にある程度は余裕があるので、1つの長文に過度に時間をかけなければ、十分に解き終えられるはずです。

長文が読みにくい時に1つの問題に固執して先に進めないということがないように、日ごろから時間配分を意識してください。

 

記述問題が多いので大学入学共通テスト(旧センター試験)を終えてから、二次試験の対策に入ると間に合わない可能性が高いです。

できる限り早い段階から二次試験を想定して、記述式の問題にも積極的に取り組むようにしてください。

記述問題の対策を後回しにしてしまうと、どんどん記述型の問題にニガテ意識を持つようになってしまいます。

>>名古屋大学の英語で合格点を取る方法、知りたくないですか?➡

 

名古屋大学の英語長文の対策法

 

名古屋大学の英語では、和訳問題や下線が引かれた英文をより深く問う問題が多く出題されます。

大まかに英文が読めるだけでなく、細かく正確に英文を読み取る力も必要です。

1文1文をしっかり読めるようになったうえで、筆者の主張をつかみ、論理展開を追っていけるようにしましょう。

英文を細かく正確に読めるようにするためには、英文法を理解していることは大前提。

例えば5文型や比較や仮定法など、基本的な英文法はしっかりと勉強しておいてください。

その上で英文解釈の技術シリーズなどで、1文1文の構文を取りながら正しく読めるようにしていきましょう。

それから英語長文ハイパートレーニング、英語長文ポラリス、英語長文レベル別問題集など、1文1文の構文の解説が詳しい問題集へと進んでいきます。

 

文が読めるようになったら、論理的に文章を読めるようにしていきましょう。

名古屋大学では理科系の学術的な内容が狙われやすいです。

特に文系の受験生は、なじみのない理科系の文章にも意識的に触れておいてください。

長い英語の文章を論理的に読めるようにするためには、日ごろから2つのことを意識して、長文を読んでいく必要があります。

 

・パラグラフごとの要点や主張を、コンパクトにまとめる

・常に「筆者は何を伝えようとしているんだ?この文章の要点はなんだ」と考えながら読む

 

の2点です。

いわゆる「パラグラフリーディング」と呼ばれる読み方ですね。

名古屋大学では、入学後に必修でパラグラフリーディングの授業があります。

これは名古屋大学が英語の読解をする際、パラグラフ毎の役割を理解することが重要だと考えているからでしょう。

そのため入試でも、パラグラフを意識した読解が得点につながっていくんです。

パラグラフごとに要点を簡単にメモしながら読んでいくと、内容を整理して読み進められます。

 

1文1文をただ訳すのではなく、文と文のつながりを意識して、1本のストーリーを追っていくようにしましょう。

その中で筆者の主張に常に注目していくと、文章の要点を捉えられるようになります。

こうした読み方ができるようになってきたら、徐々にスピードを上げていきましょう。

最初からスピードばかりを求めて長文を読もうとすると、雑に適当に英文を読んでしまい、成長することができません。

>>もっと詳しく名古屋大学の英語長文の対策法を知りたい受験生はこちら

 

和訳問題の解き方

 

和訳問題は下線部の前後だけで考えずに、文脈をヒントに解いていくことが大切。

機械的な訳にならないように、文脈に合った自然な日本語を書いていきましょう。

和訳が求められる部分は、分かりにくい箇所や難しい単語が含まれているケースが多いです。

訳しにくいと感じるのは当然なので、まずは訳せる部分を先に訳してから、文脈をヒントに推測していきます。

自力で推測するようにしていかないと、和訳問題はいつまでも解けるようになりません。

 

内容一致問題の解き方

 

名古屋大学の英語長文の内容一致問題は、選択肢が多く、その中から2つの正解を選ぶ形式が多いです。

選択肢が多ければそれだけ細かい部分まで問われるので、難易度が高くなります。

最後まで長文を読んでから解こうとすると、細かい内容が頭から抜けてしまっていて、正確に判断ができなくなってしまいます。

また長文を読みなおすということになると、時間もかかってしまうでしょう。

そうならないようにパラグラフを1つ読むごとに選択肢に目を通して、判断できるものからチェックをつけていくのがおすすめ。

この解き方を意識すれば、内容一致問題のスピードも正答率も上げられます。

>>もっと詳しく名古屋大学の英語長文の対策法を知りたい受験生はこちら

 

名古屋大学の会話問題の対策法

 

名古屋大学では会話問題も出題されています。

長い会話文が出題されることもありますから、会話文には十分慣れておかなければいけません。

名古屋大学の会話問題では「会話を深く理解できているか」を問われる問題がメインになっています。

そして語彙力も問われますから、日ごろからできるかぎり英単語や英熟語をインプットしておきましょう。

 

長い会話文を攻略するコツは、「会話のイメージを膨らませること」

会話文をただ追っていくだけでなく、「どんな人たちが、どこで、どんな雰囲気で」会話しているのかといった、イメージを想像することが大切です。

会話を想像しながら読んでいくことで、内容が頭に深く入りやすくなります。

その中で空所にぶつかったら、「自分だったら何を言うだろう」と推測して、最も近い選択肢を選ぶようにしましょう。

先に選択肢を見てしまうとどうしても、先入観が入って正答率が下がってしまいます。

詳しい会話文の対策法は「会話文はこう読む!会話問題の解き方」をご覧ください。

>>【LINE講座】名古屋大学の英語の攻略法を教わりたい受験生はこちら

 

名古屋大学の自由英作文/和文英訳問題の対策法

 

英作文に関しては、エッセイの一部を英訳する問題と、グラフ等を要約する自由英作文、どちらも出題される可能性があります。

ステップとしては、英訳・英作文の勉強をしてから、自由英作文の対策をして、過去問演習に入っていくという流れになります。

 

和文英訳型の問題はまず、日本語の文章を全て読んで全体像を理解します。

その上で文脈をヒントにしながら、下線部を英語に訳していきましょう。

日本語の文章は英語と表現の方法が違いますから、まずは下線部を英語に訳せる形にかみ砕いてください。

それから英文を書くようにすると、難易度が少し下がります。

和文英訳型の問題の対策用の参考書は「英作文ハイパートレーニング 和文英訳編」がおすすめ。

東北大学でも同じ形式の問題が出題されているので、こちらを演習してみると良いでしょう。

 

自由英作文は50-100ワード程度と短いので、文章を論理的に構成できるようになれば問題なく解けるはずです。

文章や論理展開をしっかりと理解したうえで、まずは日本語で文章の構成を考えます。

いきなり英語で書こうとしてしまうと、どうしても質の低い構成になってしまいます。

日本語で考えた内容を、自分が表現できる英語で書き出していくという流れです。

 

広島大学や早稲田大学の文学部・文化構想学部で少し似た問題が出題されています。

似た問題をたくさん解いて、「どのように英文を書いていくべきなのか」というルールを学んでいってください。

出来れば予備校や学校の先生に添削してもらい、理想の形に日々近づいていくのがベストですね。

自由英作文については「英作文ハイパートレーニング 自由英作文編」といった参考書がおすすめ。

>>1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた「秘密のワザ」はこちら

 

名古屋大学の英語の対策と勉強法まとめ

 

名古屋大学の英語は記述問題が多いので、小手先のテクニックでは全く通用しません。

英文をしっかりと読み、文章を深く理解する力が必要になります。

日ごろから受験のための勉強と考えるのではなく、英語を言語として楽しく学んでいきましょう。

>>名古屋大学の英語長文が、どうしても読めない受験生はこちら


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら

⇒【秘密のワザ】1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた方法はこちら

⇒【速読】英語長文を読むスピードを速く、試験時間を5分余らせる方法はこちら


>>【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら



⇒【秘密のワザ】1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた方法はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら

⇒【速読】英語長文を読むスピードを速く、試験時間を5分余らせる方法はこちら









この記事も読まれています

1

目次1 1ヶ月で東大京大・早 慶の英語 長文を攻略する勉強法とは2 全国22位なのに、もともとバカだった!?3 高3の8月、某大手予備校に通い始める4 英語 長文が読めないと、私のような失敗を繰り返す ...

2

目次1 大学受験勉強は何から始める?何からすればいい?2 受験勉強は英語からという考えはNG3 英語は「英単語から」というのもNG4 ステップ①国公立か私立のどちらを志望するか決める5 ステップ②まず ...

3

目次1 大学受験勉強はいつから準備すれば間に合う?始める時期は?2 みんなはいつから勉強を始めている?3 受験勉強は、想像以上に勉強量が多い4 スタートが遅いと、メンタル面でも悪影響5 部活やアルバイ ...

4

目次1 模試の判定の受け止め方。E判定、D判定、C判定の場合の対処法2 模試の判定の合格率と基準3 E判定、D判定では基本的に合格できない4 模試でE・D判定なら志望校を変えた方が良い?5 模試を受け ...

5

目次1 赤本の使い方と復習ノートの作り方!いつから何年分解く?2 赤本ってなに??3 赤本/過去問を勉強する目的4 赤本に取り組む前に知っておいて欲しいこと5 赤本/過去問の使い方と復習法6 赤本/過 ...

6

目次1 日東駒専は普通にむずい!私がニッコマに落ちた体験談2 日東駒専の難易度を詳しく解説3 日東駒専が「簡単」と思われてしまう理由4 日東駒専に合格するための対策法5 日東駒専の「基礎固め」って何を ...

7

目次1 国公立大学と私立大学の特徴と違い!おすすめはどっち?2 国公立大学と私立大学って何が違うの?3 国公立大学と私立大学の運営元の違い4 国公立大学と私立大学ってどっちが難しい?5 国公立大学と私 ...

Copyright© 予備校PISTA , 2020 All Rights Reserved.