大学入学共通テストの模試の2020年の日程と難易度!おすすめは?河合塾/東進/代ゼミ/駿台ベネッセ


大学入学共通テストの模試

共通テストの模試について、詳しく解説していきます!
筆者

記事と筆者の信頼性

・筆者は模試の成績優秀者に掲載され、早稲田大学に合格

・最新の受験のシステムを常に研究

・予備校講師として、2,000人以上の受験生を指導

>>1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた「秘密のワザ」はこちら

 

大学入学共通テストの模試はどんどん受けよう

センター試験が廃止され、2020年度から大学入学共通テストに移行されました。

移行されたばかりの今は過去問やプレテストなど全てを集めても、解ける問題がほとんどありません。

国語や数学に関しては、記述問題が見送りになったこともあり、同じ形式の問題を解くことが難しい状況。

 

だからこそ模試を積極的に受けて、大学入学共通テストと同じ形式の問題にたくさん触れておくことが大切なんです。

模試を受けなければ、過去問やプレテストがほとんどない今、実践的な演習ができなくなってしまいます。

>>1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた「秘密のワザ」はこちら

 

大学入学共通テストの模試の日程

駿台・代ゼミ・東進・ベネッセなどで、大学入学共通テストの模試が実施されています。

各予備校ごとに日程が変わりますが、それぞれ年に4回ほど開催されているので、1ヵ月に1回ほどは受験できます。

下の表は2020年夏以降の共通テストの模試の日程と締め切り日をまとめたものなので、ぜひ参考にしてください。

日程予備校締切日
7月12日駿台7月3日
7月27日駿台7月18日
8月2日代ゼミ-
8月10日河合塾-
8月23日東進8月20日
9月13日駿台ベネッセ9月4日
10月11日河合塾-
11月1日駿台ベネッセ10月23日
11月15日代ゼミ-
11月22日河合塾-
12月23日駿台12月4日
12月23日東進12月10日

「駿台 模試」、「代ゼミ 模試」などという形で検索すれば、どの予備校の模試の日程や詳細も見れるので、確認してください。

模試の申し込みの締め切りは意外と早いこともあるので、定期的にサイトをチェックしておく、もしくは日程をメモしておきましょう。

>>1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた「秘密のワザ」はこちら

 

どの予備校の模試を受けるべきか

受験生
色々な予備校で模試が開催されていますが、どれを受けるのが良いでしょうか?

大学入学共通テストは明確なモデルがありますから、その形式や難易度に合わせて問題を作成するので、予備校による特色はほとんどありません。

どの予備校の模試を受けてもあまり変わらないですから、特に気にする必要は無いでしょう。

自分が受けたい時期に近い時に開催されている模試に、申し込むという形で良いですね。

 

大学入学共通テストの模試の難易度

記述模試は予備校によって難易度の違いがありますが、大学入学共通テストの模試は本番を意識して作られます。

高校1,2年生向けの模試や、4月~9月ごろまでの模試の難易度は比較的易しい傾向にあります。

入試の日が近づくにつれて、模試の難易度も上がっていくので、自分もそのレベルについていけるように勉強をしていきましょう。

共通テストは基礎・基本が固まっていれば高得点が取れるようになっているので、背伸びをせずにステップアップすることが大切です。

予備校によって難易度の差はほとんどないので、前回は駿台が難しかったけれど、その次の回は東進が難しいなどといった変動もあります。

>>偏差値が1ヵ月で40から70に!私が実践した「たった1つのワザ」はこちら

 

大学入学共通テストの模試を受ける頻度

私としては1ヵ月~2ヵ月に1回、模試を受けるのが良いと思います。

入試までの日数が多すぎると、どうしても緊張感がなくなってしまい、中だるみしてしまうことも多いです。

ですから「次の模試で偏差値をこれくらい伸ばす!」といった形で、模試を中間目標として進んでいくと良いでしょう。

模試を受ける頻度があまりにも多いと、次の模試までに弱点の克服ができないので、「なんとなく模試を受ける」状態になってしまいます。

「模試を受ける→模試の反省を活かして、次の模試に向けて弱点を補強する」というサイクルを繰り返して、入試まで進んでいきましょう!

>>偏差値が1ヵ月で40から70に!私が実践した「たった1つのワザ」はこちら

 

共通テストの模試は徹底的に復習

共通テストの模試はとても貴重ですから、必ず復習しましょう。

「どんな形式で出題されるのか」「ミスした問題は、何が原因なのか」を深く分析することで、共通テストの傾向を理解してください。

これまでのセンター試験と違って過去問がほとんどないですから、しっかりと模試を分析することで、周りの受験生と大きく差をつけられます。

「誰よりも共通テストの形式に詳しい」と言えるほど、徹底的に分析してください!
筆者

 

大学入学共通テストの模試の情報まとめ

ポイント

・共通テストの過去問やプレテストがほとんどないので、模試を積極的に受けよう

・各予備校の公式サイトで、模試の日程をチェック

・共通テストの模試は、予備校によって難易度の差があまりない

・模試を1~2ヵ月に1回ほど受けて、モチベーションを上げよう





⇒【秘密のワザ】1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた方法はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら

⇒【速読】英語長文を読むスピードを速く、試験時間を5分余らせる方法はこちら









この記事も読まれています

1

私は受験生の時に、全国記述模 試で22位にランクインし、早稲田大学に合格しました。 そして自ら予備校を立ち上げ、偏差値30台の受験生を難関大へ合格させてきました。 早稲田大学卒という学歴があるため、今 ...

2

大学受験の勉強を始めるときに誰もが思うのが、「受験勉強って、何をすれば良いの!?」ということ。 「勉強を頑張るぞー!!」という気持ちはあっても、どう動けばよいか分からない。 そして少しずつ熱も冷めてし ...

3

大学受験の勉強、いつから本気出そうかな。 いつから受験勉強を始めれば、志望校に合格できるんだろう。 私も高校2年生の時、こんなことをいつも考えていました。筆者 高校がさほど頭の良いところではなかったの ...

4

模試の結果が返ってきて、良ければもちろん嬉しいですし、悪いとやる気がなくなってしまいますよね。 私が受験生の時も、模試の返却はビッグイベントで、結果を見るときはとても緊張したことを覚えています。 受験 ...

5

赤本の使い方と復習ノートの作り方!いつから何年分解く? 受験生受験勉強と言ったら赤本ですけど、いつから解くのか、どうやって復習するか全然分からないです・・・。 「赤本」は受験勉強の中で、合否に1番関わ ...

6

インターネットでは「ニッコマは超余裕」なんて書き込みを、目にすることが多いです。 私が受験生の時も「日東駒専は滑り止めにしよう」と、少し見くびってしまっていました。 現役の時の受験の結果はMARCH1 ...

7

志望校を決めるときに、国公立大学にするべきか私立大学にするべきか、悩みますよね。 少し学力の高い高校だと「国公立大学は私立大学よりも優れている」、「国公立大学を目指すべきだ」という先生方も多いです。 ...

Copyright© 予備校PISTA , 2020 All Rights Reserved.