【大学受験エバースタディ】~大学受験の勉強法~

神戸市外国語大学の英語の対策&難しいリスニングの勉強法!傾向と難易度も【神戸市外大英語】


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

315秒で読めます。

神戸市外国語大学の英語の対策法

神戸市外国語大学の英語

 

神戸市外国語大学の英語の傾向と難易度

 

神戸市外国語大学の英語は、長文2題と自由英作文英訳の大問が1つ。

加えてリスニング(音声テスト)の試験。

長文読解、英作文リスニングと総合的な英語力を問われます。

難易度はさほど高くありませんし、筆記試験のみで90分の試験時間が設けられているので、時間にはある程度の余裕を持てるでしょう。

リスニングは問題用紙に設問も選択肢も書かれておらず、全て音声で流れます。

読まれる英語も長いので、音声を聴きながら要点をメモしていく練習を繰り返しておきましょう。

 

神戸市外国語大学の英語長文の対策法

 

神戸市外国語大学の長文は、文章の理解を問う設問がメイン。

文章のストーリーを最初から最後まで、しっかり追っていくことが大切です。

 

・長文の一番上のタイトルを、まず初めに見る

・長文の「テーマ」と「要点」を意識しながら読む

・1つのパラグラフを読むごとに要点をメモしていく

 

この3点を意識しながら長文を読むことで、内容を深く理解できるようになります。

 

また神戸市外国語大学の長文では、指示語を明らかにしたうえで説明させる問題が頻出。

日ごろから長文を読むときには、指示語を「これ、それ」と訳すだけでなく、指示語が何を示しているかを頭の中で整理するクセをつけておきましょう。

そうすれば長文が読みやすくなりますし、神戸市外国語大学の設問の正答率も上がりますよ。

>>英語の偏差値が40から70に上がる方法、知りたくないですか?➡

 

語彙問題の解き方

 

神戸市外国語大学の英語長文では、語彙力を問う問題が出題されます。

下線が引かれた語彙を知っていれば問題ありませんが、自分が知らない語彙を問われることもあるでしょう。

すぐに諦めてはいけません。

下線部の前後だけでなくパラグラフや全体の流れをヒントにして、「こんな意味の語句が入りそうだな」と推測します。

推測した語句と一番近い選択肢を選びましょう。

日ごろから難しい語句が出てきたときにも辞書を引かずに、推測するトレーニングを繰り返しておくと、推測力が鍛えらえますよ。

>>あなたは天才?凡人?「勉強センス診断」はこちら

 

神戸市外国語大学の英作文の対策法

 

自由英作文の対策法

 

神戸市外国語大学の自由英作文は、自分の意見を100語ほどで述べる形式。

基本的には「主張→理由付け」の流れで進められるので、骨組みは大きく変わらないでしょう。

英語で自分の意見を主張する時にどんな表現を使うか、テンプレートを用意しておき、それにそって英文を書いていくトレーニングを繰り返してください。

おすすめの参考書は「英作文ハイパートレーニング 自由英作文編」。

英作文のテンプレートを覚えられますし、演習もたくさんできますよ。

 

英訳問題の対策法

 

英訳問題は日本語の文章の一部に下線が引かれていて、その文を英語に直す問題。

まずは日本文をすべて読んで、文章の全体像をとらえましょう。

その上で下線部に注目します。

前後の文脈を考慮し、なおかつ文の意味を変えない状態で、易しい文に置き換えます。

書きやすくなった文を最後に英語に直して、英訳完了。

 

このタイプの英訳問題は、大阪市立大学や新潟大学、東北大学などで出題されます。

これらの大学の過去問も演習して、英訳問題に慣れておきましょう。

 

神戸市外国語大学のリスニングの対策法

 

神戸市外国語大学のリスニングは、問題文や設問が印刷されていないので、音声だけが頼りになります。

音声は2回流れます。

解き方のステップは以下の通り。

 

STEP1:音声を聴きながら、全体のストーリーを理解する

STEP2:ストーリーを理解しながら、キーワードと要点をメモする

STEP3:設問と選択肢が流れたら、可能な限りメモをする

STEP4:メモした設問で問われていることを中心に、2度目の音声を聴く

STEP5:答えとなりそうな部分をメモする

 

このステップに沿って音声を聴き、問題を解くことで、正答率がグッと上がります。

特徴のある出題形式ですので、何度も過去問を解いて自分の中で問題を解くルールを確立しましょう。

リスニングの解き方のルールが確立していないと、緊張する入試本番で大崩れしてしまう可能性がありますからね。

 

神戸市外国語大学の英語の対策法まとめ

 

神戸市外国語大学の英語は、対策に時間がかかる問題が多いです。

センター試験の対策はなるべく早めに終えて、二次試験の対策を十分に行いましょう。

>>安定して合格点を取る!最強の過去問演習法はこちら

>>神戸市外国語大学の英語長文が、どうしても読めない受験生はこちら

>>英語の偏差値が40から70に上がる方法、知りたくないですか?

>>60秒でできる!あなたの勉強センス診断はこちら





⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡
大和@受験講師
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。
英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。

しかし、浪人期にインターネット上で 「誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法」 を発見し、偏差値を77.7まで上げ、早稲田大学に合格。
通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。

自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。
開発した「英語長文専用勉強法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。


⇒【天才?凡才?】60秒勉強センス診断はこちら!
⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら➡

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡



無料で、英語 長文の読み方を公開中


無料メールマガジン:英語 長文専用勉強法

たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める方法



単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値70.4、全国22位まで登りつめました。
その具体的な「英語 長文の読み方」を、無料でお伝えしています。
短期間で一気に偏差値を上げ、色々な人に自慢したいあなたはぜひ登録してください。







1:00 PM