関西大学の理系数学の対策&勉強法!関大数学の傾向と難易度も【化学生命工/環境都市工/システム理工】






関西大学の理系数学の対策法

 

関西大学理系学部の数学の傾向と対策&勉強法【関大理系数学】

関西大学の理系数学の傾向

 

関西大学の理系数学において、出題頻度が最も高い分野は数学Ⅲの微分法・積分法

この分野は、ほぼ毎年出題されています。

十分に対策をしておく必要があります。

他にも数学Bのベクトルや数列、数学Ⅲの複素数平面からの出題が、比較的狙われやすいです。

数学ⅠA・ⅡB・Ⅲのすべての範囲からまんべんなく出題される大問もあるので、バランス良く勉強しておかなければいけません。

 

例年、関西大学の理系数学は4つの大問で構成されています。

2つの大問が完全記述式(計算の途中過程などを示す必要がある問題)で、残りの2つの大問が空欄補充形式(計算結果のみを示す問題)。

数学Ⅲの微分法・積分法の問題が完全記述式の大問に割り当てられ、他の分野が空欄補充形式の大問に割り当てられるケースが多いです。

>>早稲田大学の卒業生が語る!最強の英語の勉強法はこちら➡

 

関西大学の理系数学の難易度/レベル

 

関西大学の理系数学で出題される問題は大部分は、大学入試の標準的なレベルの問題

一部、難易度が高い問題が紛れていますが、この問題は多くの受験生が失点していると考えられます。

多く出題される標準レベルの問題を、ミスなくキッチリ得点していくことが合格を左右します。

応用的な問題の勉強よりも、まずは基礎~標準レベルの問題を徹底的に演習し、確実に点数を稼げるようにしていきましょう。

>>浪人する人は必見!私が自宅浪人で早稲田大学に合格した話

 

関西大学の理系数学の対策法

 

大学入試で合格点を取るためには、やはり過去問の傾向を分析して、効率的に対策していくことが大切です。

ここからは関西大学の傾向に合わせた、合格点を取るための対策法をお伝えしていきます。

 

(1)完全記述式の大問の対策

 

完全記述式の大問には、ほぼ毎年、数学Ⅲの微分法・積分法の分野の問題が含まれています。

記述を求められる問題は、他の大問よりも深い理解を求められるので、できる限り早く対策に入りたいところです。

まずは数学Ⅱの三角関数・指数関数・対数関数・微分積分のおさらいをしましょう。

これらを理解していなければ、数学Ⅲの微分法・積分法を本質的に理解することはできません。

 

数学Ⅲの微分法・積分法の演習では、難しい問題集を使う必要はありません。

教科書の例題や章末問題、標準的な参考書などを理解することができれば、関西大学の理系数学の問題は解けます。

微分法ではグラフを書けるようにすること、積分法では、面積、体積、曲線の長さを求められるようにすることを最終目標として学習するとよいでしょう。

微分と積分の計算はミスをしやすいので、日ごろからミスなく計算できる力を鍛えることを意識してください。

また常に計算式を書き出していくことで、記述式の問題にも対応できるようにすることも必要です。

最初は教科書や参考書の途中式や説明を、マネすることからスタートするのも良いですね。

>>私が模試で全国ランキングに入った、秘密の勉強法を知りたい方はこちら

 

(2)空欄補充形式の大問の対策

 

空欄補充形式の大問には、小問の集合問題も含まれています。

小問の集合問題では、数学ⅠA・ⅡB・Ⅲのすべての範囲から基本問題がまんべんなく出題されます。

これらの問題は難易度が易しく、基礎的な内容をきちんとおさえておけば、対処できる問題ばかりです。

 

数学Bの数列も、空所補充形式で問われることが多いです。

数列は発展問題が作りやすく、難易度の高い問題が出題されています。

数列に特化した参考書を勉強して、対策するのが良いでしょう。

他の大学の過去問から数列の問題をピックアップして、解いてみるのも良い対策になります。

空欄補充形式の大問は、途中式などは採点の時に考慮されないので、部分点がありません。

計算ミスなどをすると、その箇所は0点になってしまいますので注意してください。

 

関西大学の理系数学の傾向と対策まとめ

 

関西大学の理系数学は出題傾向がはっきりしていて、対策がしやすくなっています。

形式をしっかりと分析して、日ごろから合格点を取るために、効率的な勉強を進めていきましょう。


⇒センター試験が廃止!3分でわかる共通テストの解説はこちら

⇒浪人する人は必見!私が宅浪で早稲田大学に合格した話

⇒【1カ月で】英語の偏差値が30上がった勉強法はこちら

⇒早稲田大学の合格者が語る!最強の英語の勉強法はこちら


>>浪人生は必見!宅浪で早稲田大学に合格した話


>>早稲田大学の合格者が語る!最強の英語の勉強法はこちら

受験エキスパート
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。 英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。 浪人期に図書館にこもって研究し、 「誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法」 を発券し、偏差値を73まで上げ、早稲田大学に合格。 通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。 自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。 開発した「独自の英語長文読解法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。 大学入学共通テストや英検、TEAPの対策法も研究し、無料で公開している。


⇒知らなきゃマズい!新しい英語の勉強法はこちら



























センター試験廃止で、全ての大問が英語長文に変更!


旧センター試験が廃止され、大学入学共通テストでは全ての問題が英語の文章を読む問題に変わりました!


模試や過去問を解いても、英語の長文が全然読めない・・・。
英語長文の重要度がさらに上がった今、長文を攻略できなければ志望校には合格できないといっても過言ではありません。

私が受験生の時に、1ヶ月で英語長文をスラスラ読めるようにしたトレーニング方法をお伝えしています!
1ヶ月で40前後だった偏差値が、70を超えるようになり、模試の全国ランキングにも掲載されました。
その勉強法を詳しく解説しています!
勉強や受験に関する相談も受け付けています!



Copyright© 大学受験の偏差値上がる勉強法 , 2020 All Rights Reserved.