関西大学の理系数学の対策&勉強法!関大数学の傾向と難易度も【化学生命工/環境都市工/システム理工】



関西大学の理系数学の対策法

 

関西大学理系学部の数学の傾向と対策&勉強法【関大理系数学】

関西大学の理系数学の傾向

 

関西大学の理系数学において、出題頻度が最も高い分野は数学Ⅲの微分法・積分法

この分野は、ほぼ毎年出題されています。

十分に対策をしておく必要があります。

他にも数学Bのベクトルや数列、数学Ⅲの複素数平面からの出題が、比較的狙われやすいです。

数学ⅠA・ⅡB・Ⅲのすべての範囲からまんべんなく出題される大問もあるので、バランス良く勉強しておかなければいけません。

 

例年、関西大学の理系数学は4つの大問で構成されています。

2つの大問が完全記述式(計算の途中過程などを示す必要がある問題)で、残りの2つの大問が空欄補充形式(計算結果のみを示す問題)。

数学Ⅲの微分法・積分法の問題が完全記述式の大問に割り当てられ、他の分野が空欄補充形式の大問に割り当てられるケースが多いです。

>>1ヶ月で早稲田慶應・難関国公立の英語長文がスラスラ読めるようになる方法はこちら

 

関西大学の理系数学の難易度/レベル

 

関西大学の理系数学で出題される問題は大部分は、大学入試の標準的なレベルの問題

一部、難易度が高い問題が紛れていますが、この問題は多くの受験生が失点していると考えられます。

多く出題される標準レベルの問題を、ミスなくキッチリ得点していくことが合格を左右します。

応用的な問題の勉強よりも、まずは基礎~標準レベルの問題を徹底的に演習し、確実に点数を稼げるようにしていきましょう。

>>1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた「秘密のワザ」はこちら

 

関西大学の理系数学の対策法

 

大学入試で合格点を取るためには、やはり過去問の傾向を分析して、効率的に対策していくことが大切です。

ここからは関西大学の傾向に合わせた、合格点を取るための対策法をお伝えしていきます。

 

(1)完全記述式の大問の対策

 

完全記述式の大問には、ほぼ毎年、数学Ⅲの微分法・積分法の分野の問題が含まれています。

記述を求められる問題は、他の大問よりも深い理解を求められるので、できる限り早く対策に入りたいところです。

まずは数学Ⅱの三角関数・指数関数・対数関数・微分積分のおさらいをしましょう。

これらを理解していなければ、数学Ⅲの微分法・積分法を本質的に理解することはできません。

 

数学Ⅲの微分法・積分法の演習では、難しい問題集を使う必要はありません。

教科書の例題や章末問題、標準的な参考書などを理解することができれば、関西大学の理系数学の問題は解けます。

微分法ではグラフを書けるようにすること、積分法では、面積、体積、曲線の長さを求められるようにすることを最終目標として学習するとよいでしょう。

微分と積分の計算はミスをしやすいので、日ごろからミスなく計算できる力を鍛えることを意識してください。

また常に計算式を書き出していくことで、記述式の問題にも対応できるようにすることも必要です。

最初は教科書や参考書の途中式や説明を、マネすることからスタートするのも良いですね。

>>1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた「秘密のワザ」はこちら

 

(2)空欄補充形式の大問の対策

 

空欄補充形式の大問には、小問の集合問題も含まれています。

小問の集合問題では、数学ⅠA・ⅡB・Ⅲのすべての範囲から基本問題がまんべんなく出題されます。

これらの問題は難易度が易しく、基礎的な内容をきちんとおさえておけば、対処できる問題ばかりです。

 

数学Bの数列も、空所補充形式で問われることが多いです。

数列は発展問題が作りやすく、難易度の高い問題が出題されています。

数列に特化した参考書を勉強して、対策するのが良いでしょう。

他の大学の過去問から数列の問題をピックアップして、解いてみるのも良い対策になります。

空欄補充形式の大問は、途中式などは採点の時に考慮されないので、部分点がありません。

計算ミスなどをすると、その箇所は0点になってしまいますので注意してください。

>>偏差値が1ヵ月で40から70に!私が実践した「たった1つのワザ」はこちら

 

関西大学の理系数学の傾向と対策まとめ

 

関西大学の理系数学は出題傾向がはっきりしていて、対策がしやすくなっています。

形式をしっかりと分析して、日ごろから合格点を取るために、効率的な勉強を進めていきましょう。






⇒【秘密のワザ】1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた方法はこちら
⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら
⇒【速読】英語長文を読むスピードを速く、試験時間を5分余らせる方法はこちら







この記事も読まれています

1

私は受験生の時に、全国記述模 試で22位にランクインし、早稲田大学に合格しました。 そして自ら予備校を立ち上げ、偏差値30台の受験生を難関大へ合格させてきました。 早稲田大学卒という学歴があるため、今 ...

2

大学受験の勉強を始めるときに誰もが思うのが、「受験勉強って、何をすれば良いの!?」ということ。 「勉強を頑張るぞー!!」という気持ちはあっても、どう動けばよいか分からない。 そして少しずつ熱も冷めてし ...

3

大学受験の勉強、いつから本気出そうかな。 いつから受験勉強を始めれば、志望校に合格できるんだろう。 私も高校2年生の時、こんなことをいつも考えていました。筆者 高校がさほど頭の良いところではなかったの ...

4

私は受験生の時に、全国記述模試で22位にランクインし、早稲田大学に合格しました。 そして自ら予備校を立ち上げ、偏差値30台の受験生を難関大へ合格させてきました。 もちろん模試は下の写真のように、ほとん ...

5

赤本の使い方と復習ノートの作り方!いつから何年分解く? 受験生受験勉強と言ったら赤本ですけど、いつから解くのか、どうやって復習するか全然分からないです・・・。 「赤本」は受験勉強の中で、合否に1番関わ ...

6

インターネットでは「ニッコマは超余裕」なんて書き込みを、目にすることが多いです。 私が受験生の時も「日東駒専は滑り止めにしよう」と、少し見くびってしまっていました。 結果として、現役の時は日東駒専には ...

7

志望校を決めるときに、国公立大学にするべきか私立大学にするべきか、悩みますよね。 少し学力の高い高校だと「国公立大学は私立大学よりも優れている」、「国公立大学を目指すべきだ」という先生方も多いです。 ...

Copyright© 受験の相談所 , 2021 All Rights Reserved.