蔭山克秀の政治・経済が面白いほどわかる本の評判と使い方&勉強法【MARCH早稲田レベル】






241秒で読めます。

蔭山克秀の政治・経済が面白いほどわかる本の評価と使い方

蔭山克秀の政治・経済が面白いほどわかる本

 

蔭山克秀の政治・経済が面白いほどわかる本の特徴

 

蔭山克秀の政治・経済が面白いほどわかる本は、政治経済の講義の参考書です。

予備校の授業を受けているような感覚で、政治経済を深く学べます。

図やイラストも多くあるので、理解しながら楽しく勉強できるでしょう。

 

蔭山克秀の政治・経済が面白いほどわかる本のレベル

 

現存する政治経済の講義の参考書の中では、一番レベルが高いと言えるでしょう。

畠山のスパッとわかる政治・経済爽快講義」よりも、少し詳しいと私は感じました。

というのも早稲田大学の過去問を解いて分からなかったところは、蔭山克秀の政治・経済が面白いほどわかる本の細かい部分に書いてあることが本当に多かったんです。

私は蔭山克秀の政治・経済が面白いほどわかる本を隅々まで覚え切り、早稲田大学の入試で、平均点を大幅に上回れました。

過去問演習をしているときも、合格点を切った記憶はありません。

しっかりと勉強すれば、それくらい高いレベルまで到達できます。

 

蔭山克秀の政治・経済が面白いほどわかる本は、ある程度の知識が頭に入っていることが前提で作られています。

センター試験 政治・経済の点数が面白いほどとれる本」等を先に勉強して、一通り政治経済を学んでから取り組みましょう。

>>早稲田大学の卒業生が語る!最強の英語の勉強法はこちら➡

 

蔭山克秀の政治・経済が面白いほどわかる本の使い方

 

ステップ①まずは軽く読もう

 

まずは蔭山克秀の政治・経済が面白いほどわかる本を2周ほど、サラッと読みましょう。

政治経済の全体像をつかめればOK。

頑張って覚えようとする必要はないので、楽しみながら読み物として読んでいってください。

>>入試までもう間に合わない!諦めたくない受験生はこちら

 

ステップ②重要な部分を覚えよう

 

3周目以降は、頻出の赤字の用語は暗記し、太字の部分にも注意しながら読んでいきましょう。

漢字の用語もカタカナの用語も、必ず書けるようにしてください。

日本史と違って政治経済は、用語を書く練習をサボりがち。

しかし入試本番では、「あれ、この用語覚えたはずなのに書けない!」、「漢字が出てこない!」ということが頻発します。

必ず用語を書くトレーニングを繰り返してくださいね。

何周も繰り返して、用語を頭に叩き込んでいきましょう。

 

ステップ③隅々まで覚えよう

 

特に早稲田大学を志望する受験生は、蔭山克秀の政治・経済が面白いほどわかる本を隅々まで覚えましょう。

冒頭でもお伝えしましたが、蔭山克秀の政治・経済が面白いほどわかる本の細かい部分は、早稲田大学で本当によく出題されています。

私は入試本番までに20周以上繰り返して、隅々まで覚え続けました。

入試本番では「これは参考書のここに書いてあったな」と分かるほど。

早稲田大学でも平均的を大幅に超え、念願の早稲田生として4年間を過ごせました。

それくらい強力な参考書なので、毎日繰り返し勉強してくださいね。

 

ステップ④過去問演習をしよう

 

蔭山克秀の政治・経済が面白いほどわかる本が定着してきたら、過去問演習に入りましょう。

過去問で出てきた内容で、知らない知識はどんどんノートに書いていってください。

参考書に載っていない知識を1ずつ増やしていくことで、さらに得点力を上げていきます。

最終的に「政治経済のことなら何を聞かれても答えられるよ!」という自信を持って、入試本番に挑みましょう。

 

蔭山克秀の政治・経済が面白いほどわかる本の使い方まとめ

 

・レベルの高い政治経済の講義の参考書

・取り組む前に、政治経済の基本を学んでおこう

・隅々まで覚えて、知識量を増やそう

 

>>政治経済を使って早稲田に合格した私が、政経の勉強法を教えます

>>これで決まり!政治経済の参考書&問題集はこれを使え!


⇒センター試験が廃止!3分でわかる共通テストの解説はこちら

⇒時間がない!合格を諦めかけている受験生はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡

⇒【LINE講座!】受験の英語をLINEで相談したい受験生はこちら

>>30日で早慶・国公立の長文が読めるようになる方法はこちら

受験エキスパート
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。 英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。 浪人期に図書館にこもって研究し、 「誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法」 を発券し、偏差値を73まで上げ、早稲田大学に合格。 通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。 自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。 開発した「独自の英語長文読解法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。 センター試験の英語の対策法も研究し、無料で公開している。


⇒センター試験が廃止!3分でわかる共通テストの解説はこちら























LINEで英語長文の読み方を教えています!


たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める方法


単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値70.4、全国22位まで登りつめました。
その具体的な「英語長文の読み方」を、LINEにてお伝えしています。
勉強や受験に関する相談も受け付けています!



Copyright© 大学受験の偏差値上がる勉強法 , 2020 All Rights Reserved.