【大学受験エバースタディ】~大学受験の勉強法~

MARCHに入りたい!受かるための最強の対策&勉強法!合格するのは簡単?難しい?偏差値は?


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

315秒で読めます。

MARCHの難易度と、合格するための最強の対策法

MARCH

受験生にとっては、MARCHが1つの目標ラインになりますよね。

一般的にもMARCH以上が高学歴だという声も多く、だからこそMARCHは人気で、そう簡単には合格できません。

そこでここでは、MARCHがどれくらい難しいのか、そしてどうすればMARCHに合格できるのかをお伝えしていきましょう!

 

MARCHの偏差値・レベル

 

MARCHに求められる偏差値は、50後半から60前半。

いわゆる「勉強ができる」と言われる層の受験生が、合格するラインですね。

高校の偏差値で言えば、大体65ほどの学校に通っている受験生が多く合格しています。

偏差値が50中盤の高校となると、上位10%ほどに入らないと、合格できないラインです。

 

これらのことを考えると、やはりMARCHのレベルは一般的に見て高い。

だからこそMARCHは「高学歴」と呼ばれることが多いですし、就職活動も有利に進められます。

>>英語の偏差値が40から70に上がる方法、知りたくないですか?➡

 

MARCHに合格するための最強の対策&勉強法

 

MARCHに合格するためには何をすれば良いか。

私は現役の時にMARCHを8回受験しましたが、全滅。

逆に1年浪人して「どうすればMARCHに合格できるのか」を知ってからは、MARCHから5個の合格通知が届き、さらには早稲田大学にも合格。

MARCHに合格するカギは2つです。

・基礎、基本を徹底的に固めること

英語長文を攻略すること

この2つが何よりも大切です。

>>英語の偏差値が40から70に上がる方法、知りたくないですか?➡

 

MARCHに受かるには、基礎・基本がとにかく大切

 

早稲田大学と比較すると、MARCHの入試問題は圧倒的に基礎・基本の問題が多い印象。

基礎・基本の知識をうろ覚えになることなく、頭に完璧に叩き込めれば、合格点を取れる可能性は高いです。

基礎的な問題が多く出題されるのですから、基礎を固めるのが、もっとも得点に直結しやすいですからね。

多くの受験生は基礎が定着していないうちに応用に手を出してしまい、どっちもイマイチな状態で入試に挑み、不合格になってしまいます。

「自分が思っている以上に、基礎・基本が固まっていない可能性が高い」という事を、頭に入れておいてください。

私が現役の時もそうでしたが、「自分は基礎くらいはもうできている、成績を上げるなら応用だ!」という過信が、MARCH合格を妨げる最大の要因になってしまいます。

 

MARCHの壁は英語長文

 

MARCHに合格するのが難しい最大の要因は、英語長文

日東駒専レベルと比較すると、英語長文の難易度がグッと上がり、「読める受験生」と「読めない受験生」で明確に分かれてしまいます。

他の教科がそれなりにできても、英語長文の配点がかなり高いので、長文を攻略できないと合格は99%不可能と言えるでしょう。

現役時代の私もMARCHの英語長文がほぼ読めず、他教科や文法問題などはある程度できても、8回とも落ちてしまったわけです。

浪人して英語長文について深く深く研究し、正しい読み方をマスターしてからは、英語長文でガッポリ点数を稼ぎ、合格点を楽々超えるようになりました。

 

MARCHの英語長文は「精読」が攻略のカギ。

英語長文の勉強の仕方が分からないと、とにかくたくさん長文を読んで、丸付けをして、また解いて・・・と繰り返していきます。

しかしこれでは「解いているだけ」なので、長文を読めるようにはなっていかないんです。

単語をつなぎ合わせて、左から右へなんとなく読んでいるうちは、長文の読解力は上がりません。

1文1文を根拠を持って、正しく読めるようにしていかなければいけません。

 

精読力を鍛えるためには、1文1文の文構造をきちんと理解し、1文が長くなっても読めるようにトレーニングをしていきます。

世界一わかりやすい英文読解の特別講座」などを使い、1文1文にペンを使って構文を書き込んでいきましょう。

自分で書き込んでいくことで、構文が理屈としてだけでなく、感覚として分かるようになっていきます。

1文1文が理解できるようになったら、同じ作業を長文で行っていきます。

英語長文ハイパートレーニング」や「英語長文レベル別問題集」など、構文が全て解説してある問題集を使って、構文を振るトレーニングをしましょう。

長文も他の分野と同じで、基礎レベルから少しずつステップアップしていくようにしないと、力は伸びていきません。

>>もっと詳しく、私から英語長文の勉強法を教わってみたい受験生はこちら

 

MARCHの難易度と、合格するための勉強法まとめ

 

・偏差値は50後半から60前半ほどで、レベルは高い

・基礎、基本を固めることが何よりも大切

・英語長文の壁を乗り越えなければ、MARCHには合格できない

>>英語の偏差値が40から70に上がる方法、知りたくないですか?

>>60秒でできる!あなたの勉強センス診断はこちら





⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡
大和@受験講師
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。
英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。

しかし、浪人期にインターネット上で 「誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法」 を発見し、偏差値を77.7まで上げ、早稲田大学に合格。
通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。

自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。
開発した「英語長文専用勉強法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。


⇒【天才?凡才?】60秒勉強センス診断はこちら!

⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら➡

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡



無料で、英語 長文の読み方を公開中


無料メールマガジン:英語 長文専用勉強法

たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める方法



単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値70.4、全国22位まで登りつめました。
その具体的な「英語 長文の読み方」を、無料でお伝えしています。
短期間で一気に偏差値を上げ、色々な人に自慢したいあなたはぜひ登録してください。







12:50 PM