世界一わかりやすい英文読解の特別講座のレベル/難易度と使い方&勉強法【共通テスト/MARCH】


世界一わかりやすい英文読解の特別講座

英文を読む力を伸ばす参考書「英文読解の特別講座」について詳しく解説していきます!
筆者

記事と筆者の信頼性

・筆者は模試の成績優秀者に掲載され、早稲田大学に合格

・手元に「英文読解の特別講座」を用意して、中身を見ながらレビュー

・大量の参考書、問題集を分析している「参考書マニア」

・予備校講師として、2,000人以上の受験生を指導

 

世界一わかりやすい英文読解の特別講座とは

世界一わかりやすい英文読解の特別講座の特徴まとめ表

世界一わかりやすい英文読解の特別講座は、「大学受験における、基本的な英文を読めるようにする」ための参考書です。

大学受験の英文はレベルが上がるにつれて、「なんとなく」読んでいるだけでは、理解できなくなっていきます。

ですから易しい英文から、「世界一わかりやすい英文読解の特別講座」で正しく読むトレーニングをして、ステップアップしていくのがおすすめ。

下の写真のように左上の例題を訳して、解説を読んでいく形になります。

世界一わかりやすい英文読解の特別講座の中身

1文1文の構文の解説がとても詳しいので、正しいルールに沿って英文を読めるようになります。

1つ1つの例題の文章が短いので、「正確に読む」ことにフォーカスできます。

文章が長いと1文1文を正確に読むというよりは、文章全体の流れを把握する形になりますからね。

>>1ヶ月で早稲田慶應・難関国公立の英語長文がスラスラ読めるようになる方法はこちら

 

受験生がニガテとするポイントを学べる

受験生が訳しにくいと感じる、「強調構文」や「倒置」などを重点的に学ぶことができます。

これらは和訳問題や並び替え問題などでも狙われますので、対策しておくと得点に結びつきます。

>>1ヶ月で早稲田慶應・難関国公立の英語長文がスラスラ読めるようになる方法はこちら!

 

世界一わかりやすい英文読解の特別講座のレベル

世界一わかりやすい英文読解の特別講座の難易度は易しめで、高校の基礎レベルからスタートしていきます。

1冊最後まで取り組んでいけば、共通テストや日東駒専・産近甲龍レベルの英文は読めるようになっていくでしょう。

MARCH・関関同立レベルでも、読める英文が増えてくるでしょう。

もちろん早慶や東大京大といった難関大学であっても、ここで学んだ基礎は大きく活きてきます。

 

取り組む前の注意点

世界一わかりやすい英文読解の特別講座は、例題を訳して進めていく形になります。

例題を訳すことができないと前へ進めませんから、基礎的な語彙力、文法の知識は身につけておきましょう。

同じ著者が執筆している「関正生の世界一わかりやすい英文法の授業」は英文法の易しい参考書なので、こちらを先に取り組むと良いですね。

>>1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた「秘密のワザ」はこちら

 

ポレポレや英文解釈の技術、英文熟考などとの比較

英文解釈系の参考書は色々ありますが、「世界一わかりやすい英文読解の特別講座」は精読型の参考書。

1文1文の構文の解説が詳しく、「英文を正確に読む力」を身につけるタイプで、「英文解釈の技術シリーズ」や「英文熟考」などと似ています。

一方でポレポレや英文読解の透視図、英文解釈教室などは「難しい文章を論理的に解釈するための参考書」です。

レベルも目的も異なるので、実際に書店で中身を見て、必要なものを選びましょう。

 

世界一わかりやすい英文読解の特別講座の使い方

 

ステップ①設問の例文を訳す

設問の例文を訳していきましょう。

この時には、下の2つのポイントを意識してください。

2つのポイント

①訳を全て紙に書き出す

②SVOCなどの構文を書き込む

 

①訳を全て紙に書き出す

訳を頭で考えてすぐに解説を見る人が多いですが、これだとミスをした部分があいまいになってしまいます。

紙に訳を書き出すことで、細かなミスまで明確にできます。

また実際に訳を書いていくことで、和訳問題の対策にもなるのでおすすめです。

 

②SVOCなどの構文を書き込む

「なんとなく」ではなく、正しいルールに沿って英文を読めるようにならないと、難易度が上がるにつれてついていけなくなります。

例題を訳す際には必ず、SVOCや修飾部など、すべての文構造をペンで書き込むようにしてください。

この作業が、世界一わかりやすい英文読解の特別講座を学ぶうえで最も大切です。

>>1ヶ月で早稲田慶應・難関国公立の英語長文がスラスラ読めるようになる方法はこちら

 

ステップ②丸付けをして解説へ

1題の設問を終えたら、すぐに丸付けをして解説を読みましょう。

1題ずつ完璧に理解してステップアップすることで、徐々に読解力が上がっていきます。

文構造や訳でミスをしていた部分には必ずチェックをつけて、入試までに何周も復習できるようにしてください。

「なぜこの文構造になるのか」「なぜこの訳になるのか」という、根本のところを理解することが大切です。

>>偏差値が1ヵ月で40から70に!私が実践した「たった1つのワザ」はこちら

 

ステップ③徹底的に読みなおす

世界一わかりやすい英文読解の特別講座の構造解析

まずは上の写真のように、文構造が振ってある英文を何周も読み直してください。

大げさに感じるくらい、文構造を意識して読んでいきましょう。

それから何も書き込まれていないの英文を、構文を意識して読んでいきます。

この作業を繰り返すことで、「文構造を理解しながら、文章を読む力」が自然と身についていきます。

 

音読について
受験生
音読が重要だと言われますが、やはり取り組んだ方が良いですか?

「世界一わかりやすい英文読解の特別講座」にはCDがついていないので、音声を使った学習はできません。

誤った発音で音読をしてしまうと、スピーキングやリスニングに悪影響が出てしまう可能があります。

音読をするのであれば、英文解釈の技術シリーズなど、CDがついている参考書を使うと良いでしょう。

「世界一わかりやすい英文読解の特別講座」ではひたすら黙読をして、英文を読む力を鍛えてください。

>>1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた「秘密のワザ」はこちら

 

世界一わかりやすい英文読解の特別講座が終わったら次は

英語長文レベル別問題集

世界一わかりやすい英文読解の特別講座が終わったら、英語長文レベル別問題集など解説が詳しい長文の問題集に進みましょう。

1文1文の構文の解説が書かれているので、身につけた精読の力を、英語長文に活かすことができます。

読んだ長文の全文に、自分でペンを使って文構造を書き込んで、精読力をどんどん鍛え上げてください。

そうすれば難関大学の難しい英語長文も、読めるようになっていきますよ。

 

私は英語長文を攻略したことで、1ヵ月で偏差値40から70を超えるようになり、早稲田大学に合格できました。

その時に実践した英語長文の読み方、トレーニング方法を知りたい方は下のリンクをご覧ください。

>>1ヶ月で早稲田慶應・難関国公立の英語長文がスラスラ読めるようになる方法はこちら!

 

世界一わかりやすい英文読解の特別講座まとめ

ポイント

・基礎的な英文を、正しいルールに沿って読めるようにする参考書

・訳を紙に書き出し、英文に構文を書き込んでいこう

・1つ1つの例題をスラスラ読めるようにすることが大切





⇒【秘密のワザ】1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた方法はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら

⇒【速読】英語長文を読むスピードを速く、試験時間を5分余らせる方法はこちら









この記事も読まれています

1

私は受験生の時に、全国記述模 試で22位にランクインし、早稲田大学に合格しました。 そして自ら予備校を立ち上げ、偏差値30台の受験生を難関大へ合格させてきました。 早稲田大学卒という学歴があるため、今 ...

2

大学受験の勉強を始めるときに誰もが思うのが、「受験勉強って、何をすれば良いの!?」ということ。 「勉強を頑張るぞー!!」という気持ちはあっても、どう動けばよいか分からない。 そして少しずつ熱も冷めてし ...

3

大学受験の勉強、いつから本気出そうかな。 いつから受験勉強を始めれば、志望校に合格できるんだろう。 私も高校2年生の時、こんなことをいつも考えていました。筆者 高校がさほど頭の良いところではなかったの ...

4

模試の結果が返ってきて、良ければもちろん嬉しいですし、悪いとやる気がなくなってしまいますよね。 私が受験生の時も、模試の返却はビッグイベントで、結果を見るときはとても緊張したことを覚えています。 受験 ...

5

赤本の使い方と復習ノートの作り方!いつから何年分解く? 受験生受験勉強と言ったら赤本ですけど、いつから解くのか、どうやって復習するか全然分からないです・・・。 「赤本」は受験勉強の中で、合否に1番関わ ...

6

インターネットでは「ニッコマは超余裕」なんて書き込みを、目にすることが多いです。 私が受験生の時も「日東駒専は滑り止めにしよう」と、少し見くびってしまっていました。 現役の時の受験の結果はMARCH1 ...

7

志望校を決めるときに、国公立大学にするべきか私立大学にするべきか、悩みますよね。 少し学力の高い高校だと「国公立大学は私立大学よりも優れている」、「国公立大学を目指すべきだ」という先生方も多いです。 ...

Copyright© 予備校PISTA , 2020 All Rights Reserved.