【大学受験エバースタディ】~大学受験の勉強法~

【北海道大学/北大の英語】傾向と対策!参考書を使った勉強法!難易度も


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

444秒で読めます。

北海道大学の英語で合格点を取る対策&勉強法

 

【北海道大学の英語】傾向と対策!参考書を使った勉強法!難易度も【北大英語】

 

北海道大学の英語の出題傾向

 

例年、大問4題が出題されます。

長文読解2題、英作文が1題、会話文の穴埋め問題が1題となっていて、ここ数年では変動がありません。

リスニング問題の出題はありません。

最初の2題が長文で、マークが7割、記述が3割ほどの比率になっています。

3題目の英作文は、英語長文を読んでから、英語で回答を書いていく形式。

最後の設問は受験者自身の意見を問う自由英作文です。

文章自体はさほど難しくありませんので、対策をしておけば問題ありません。

4題目は会話問題で、空所に適する語句を選択肢から選んでいく問題です。

 

文学部、教育学部、法学部、経済学部、理学部、

医学部(医学科・保健学科)、歯学部、薬学部、

工学部、農学部、獣医学部、水産学部

たくさんの学部がありますが、問題は共通です。

 

北海道大学の英語の難易度

 

全体的に難易度はそれほど高くないものの、90分間で4つの長文問題が出題され、なおかつ記述問題も多いので、時間制限は厳しく感じるでしょう。

文章の理解度を問う問題も多いため、文章をサラッと読んでいるだけでは答えられません。

語彙力については、それほど難しいものは出ず、たとえ長文中に難しい単語があっても前後の文脈から容易に想像できるものが多いです。

細かな知識というよりは、英文を素早く正確に、深く理解しながら読む力が、北大に合格するために大切になってきます。

 

北海道大学の英語の対策&勉強法

 

大問1,2 英語長文の対策法

 

大問1,2の長文は、スピードと読解力の両方が求められます。

700words前後の長文が4つあり、それらを90分で解かなければいけません。

難しい単語はあまり出てこないものの、問題はどれも内容をしっかり理解していないと解けないものばかりです。

テクニックでの突破は難しく、「英語力」が要求されています。

大問3に自由英作文の問題がありますので、できるかぎり大問1,2に欠ける時間は節約したいところです。

 

速読力、読解力を高めるためには、まずは英文を1文1文しっかり読み取る力が必要になります。

1文1文が読めていない状態でスピードを求めていっても、いつまでたっても英文は読めるようになりませんからね。

英文をバッチリ読み取る!スラッシュリーディングのやり方」で、まずは精読力を鍛えましょう。

精読力が身についたら、北大のような700wordsほどの英語長文を、毎日読んでトレーニングしてください。

「正確に読む」意識は忘れずに、自然とスピードアップしていくのが理想的です。

 

北大の大問1,2では最後に、内容一致問題が出題されます。

6つの選択肢から、正しいものを2つ選ぶ問題です。

細かい部分にキズがある選択肢も多いので、文章を最後まで読み切ってから解こうとすると、どれが正解でどれが不正解か、わからないでしょう。

そうならないように、1つパラグラフ読むごとに、選択肢に目を通して、解いてください。

そうすれば内容がバッチリ頭に入った状態で解けるので、時間の短縮にもなりますし、正答率も上がりますよ。

 

大問3の対策法

 

大問3は英作文。

2問は文章の内容を踏まえて、英語で正しく答える問題。

1問は自由英作文で、自分の意見を英語で書き上げなければいけません。

日本語の文章を英訳する能力に加え、自分の意見を述べる自由英作文の対策も必要になります。

繰り返しになりますが、北大英語は時間に対する問題の分量がとても多いです。

少しでも時間を節約できるよう、使いやすい英文の「型」をいくつか用意しておくと良いでしょう。

 

英作文のコツは、難しい表現を使わないこと。

基本的に、英作文は減点方式です。

たとえ中学生レベルの簡単な文法のみで文章を作っていたとしても、ミスが無ければ点数を引かれることはありません。

詳しい英作文の対策法については「例文暗記がカギ!英作文の対策法」をご覧ください。

 

自由英作文の対策としては、小論文などと同じく論述力を高めることが重要。

北大では「〜についてどう思うか」といった受験生の意見を問う問題がよく出題されます。

構成としては、以下のように書いていくのが一般的ですね。

 

①私は○○と思う。その理由は、○個ある。

①I agree/disagree /think 〜.I have ○ reasons for this.

 

②第一に、・・・・。第二に、・・・・・。・・・・・

②Firstly,〜.Secondly,〜. Thirdly, ~. ……

 

③これらの理由から、私は○○と考える。(①の繰り返しの締め文)

③That is why I think〜.

 

自分なりに書きやすい「型」を持っておくと、自由英作文にかかる時間を短縮できますよ。

日ごろから新聞やコラムなどを見て、各ニュースに対して、日本語で良いので、自分の頭の中にある「型」に当てはめながら意見を考えるトレーニングをしておきくと、さらに効果的ですね。

 

参考書としては、「自由英作文ハイパートレーニング」がおすすめ。

北大のように「自分の意見を求められる」タイプの自由英作文をたくさん演習できます。

オーソドックスな型も学べるので、自由英作文ハイパートレーニングを1冊勉強してから、過去問演習を行うと良いでしょう。

詳しくは「自由英作文ハイパートレーニングの正しい勉強法」をご覧ください。

 

大問4 会話/空所補充問題の対策法

 

大問4は会話文と、その内容をまとめた長文が出題されます。

内容をまとめた長文に空所があり、その空所を埋めていく問題です。

解き方のコツとしては、会話文を読みながら、空所補充問題も同時に解いていくこと。

 

会話文をすべて読んでから空所を補充しようとすると、内容が頭から抜けてしまって、もう一度読み直さなければいけなくなってしまうでしょう。

時間制限が厳しい北大では、このタイムロスは命取り。

そうならないように、会話文を3分割して、3分の1読むごとに、空所補充問題を解きましょう。

解けない問題はパスして、文章を最後まで読み切ってからもう一度解いてくださいね。

 

会話文を読む際には、会話をしっかりとイメージしてください。

「どんな人が、どこで、どんな雰囲気で」会話しているかをイメージしながら読んでいくことで、内容が頭に入りやすくなりますよ。

 

北海道大学の英語の対策&勉強法まとめ

 

北海道大学の英語は、テクニックではなく、本物の英語力が問われます。

日ごろから英語に触れる機会を増やして、「受験英語」としてではなく、言語として英語を学んでいきましょう。

ぜひもう一度ここまでの内容を読み直して、より深く対策法を学んでくださいね。

 

>>安定して合格点を取る!最強の過去問演習法はこちら

>>北海道大学の英語長文が、どうしても読めない受験生はこちら

 



⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら




大和@受験講師
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。
英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。

しかし、浪人期にインターネット上で 「誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法」 を発見し、偏差値を77.7まで上げ、早稲田大学に合格。
通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。

自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。
開発した「英語長文専用勉強法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。
⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら



無料で、英語 長文の読み方を公開中


無料メールマガジン:英語 長文専用勉強法

たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める方法



単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値77.7、全国4位まで登りつめました。
その具体的な「英語 長文の読み方」を、無料でお伝えしています。
短期間で一気に偏差値を上げ、色々な人に自慢したいあなたはぜひ登録してください。










4:24 AM