大学受験生の春休みの過ごし方!英語がポイント!勉強時間は?勉強計画の立て方も






417秒で読めます。

大学受験生の春休みの過ごし方!英語がポイント

 

受験生
大学受験に向けて、春休みはどんな過ごし方をすれば良いでしょうか?
春休みは新しい学年のスタートで、受験勉強においてとっても大切な期間なんだ。詳しく解説していくね!
先生

 

春休みは基礎固めを徹底しよう

 

新高1、高2、高3、浪人生と色々な学年の方がいらっしゃいますが、どなたでも春休みは基礎固めを徹底してください。

ここまで勉強した内容を春休みに復習するだけで、自分でも驚くほど成績が伸びるはずです。

例えば学校や予備校でこれまでに勉強した内容は、ほとんど頭から抜けてしまっているという方も多いでしょう。

これらの復習をおろそかにしたまま先へ進んでいっても、土台が固まっていないのでなかなか成績は伸びていきません。

 

中学生レベルからスタートし、高校基礎レベルの内容までを固めていけば、4月~6月ごろの模試では偏差値60以上が狙えるようになります。

基礎が固まってから少しずつレベルを上げていけば、着実にステップアップして、難関大学も目指せるようになっていくでしょう。

>>早稲田大学の卒業生が語る!最強の英語の勉強法はこちら

 

いつから勉強する?ではなく今から!

 

「いつから受験勉強を始めようか」と悩んでいる方も多いようですが、考えている暇があれば今からでも勉強をスタートしてください。

受験勉強はやるべきことが無限にあり、その中から成績に与える影響が大きいものから、勉強していく形になります。

ですから1日でも多く勉強できれば、それだけカバーできる範囲も広くなり、成績も伸びやすくなるんです。

 

受験の前日の1日も、春休みの1日も同じ24時間です。

ほとんどの受験生が入試の前に、「もっと早くから勉強しておけば」と後悔します。

そうならないように、春休みの1日1日を大切にして、勉強を進めていきましょう。

>>共通テストやTEAP・英検も攻略!最強の英語の勉強法はこちら

 

春休みの勉強計画の立て方

 

春休みのスケジュールを立てる際には、「1日何時間」という時間的な計画の立て方ではなく、「1日これくらいの量を勉強する」というノルマで考えてみてください。

「1日に5時間勉強をする」という計画の立て方ですと、机に向かっているだけになってしまう可能性もありますし、何よりモチベーションが上がりにくいです。

「1日に英単語を50個覚える、英語長文を1題解く、社会は参考書を20ページ進める」などと明確なノルマを決めましょう。

そしてそのノルマが終われば、ゲームをしても良い、遊んでも良いというようにすれば、ノルマを達成することが楽しくなっていくはずです。

 

部活動で忙しい方もいれば、友達と遊びたいと考えている方もいるでしょう。

忙しいとどうしてもスケジュールが崩れてしまいがちなので、1日の明確なノルマを決めることで、スキマ時間なども活用して勉強を進めていくことが大切です。

>>入試までもう間に合わない!諦めたくない受験生はこちら

 

模試を目標に勉強を進めていこう

 

春休みですとまだ受験までの期間が長く、どうしても危機感がわきにくいものです。

「5月の模試で偏差値60を超える!」などと目標を立てて勉強を進めていけば、ゴールまでの距離が短くなり、モチベーションも上がります。

目標が決まったら「この模試までに、どこまで勉強を進めるか」を考えてみてください。

例えば「英単語はここまで覚えて、古典文法は完璧にする」など。

目標が決まれば、そこまでのスケジュールを考えて、1日にどれくらい勉強しなければいけないかを逆算していきます。

すると1日のノルマが見えてくるので、後は模試に向かってどんどん勉強を進めていくだけです!

 

春休みはどの教科を勉強するべき?

 

「最初は英語から」など、1つの教科に絞って勉強を進める方も多いようですが、これはあまりおススメできません。

というのも受験は様々な教科が出題され、それらをバランス良く得点できなければ、合格できないからです。

1つでもニガテな教科があると、合格率が大きく下がってしまいます。

 

例えば最初に英語を一気に勉強したとしても、結局は他の教科も後で勉強しなければいけなくなります。

後回しにすればするほどニガテ意識を持ちやすく、スケジュールも厳しくなっていきます。

ニガテな教科も得意な教科も、バランス良く勉強するクセを、春休みからつけていきましょう。

 

春休みは英語長文も勉強しよう

 

英語の勉強をする際に「まずは単語と文法から」と、暗記ばかりをしてしまう受験生がとても多いです。

私が学生の時もそうでしたが、暗記ものの方がやはり楽なので、そちらを優先してしまうんですね。

しかし英語の配点は英語長文が大部分を占めていますし、大学入学共通テスト(旧センター試験)では全ての大問が英語の文章を読ませる問題に変更されました。

英語の文章を読む力は、これからますます問われるようになると予想されるので、後回しにしてはいけません。

英語長文は受験英語において最も難しい分野であり、勉強にも時間がかかりますからね。

 

いきなり難しい英語長文にチャレンジする必要は無いので、易しい英語長文から勉強していきましょう。

例えば中学生レベルの単語や文法を勉強したら、中学生レベルの英語長文に挑戦するという流れです。

配点が高い英語長文が攻略できれば、英語の成績を短期間で大きく伸ばせます!

>>英語の偏差値が40から70にアップ!正しい英語長文のトレーニング方法はこちら

 

大学受験生の春休みの正しい過ごし方まとめ

 

ポイント

・春休みは基礎固めを徹底して、土台を固める

・模試を目標にして、そこから逆算して1日のノルマを設定する

・教科ごとに偏りが出ないよう、バランス良く勉強する

・春休みから英語長文の勉強に取り組む


⇒センター試験が廃止!3分でわかる共通テストの解説はこちら

⇒時間がない!合格を諦めかけている受験生はこちら

⇒【1カ月で】英語の偏差値が30上がった勉強法はこちら

⇒早稲田大学の合格者が語る!最強の英語の勉強法はこちら

>>早稲田大学の合格者が語る!最強の英語の勉強法はこちら

受験エキスパート
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。 英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。 浪人期に図書館にこもって研究し、 「誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法」 を発券し、偏差値を73まで上げ、早稲田大学に合格。 通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。 自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。 開発した「独自の英語長文読解法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。 センター試験の英語の対策法も研究し、無料で公開している。


⇒知らなきゃマズい!新しい英語の勉強法はこちら

























センター試験廃止で、全ての大問が英語長文に変更!


旧センター試験が廃止され、大学入学共通テストでは全ての問題が英語の文章を読む問題に変わりました!


模試や過去問を解いても、英語の長文が全然読めない・・・。
英語長文の重要度がさらに上がった今、長文を攻略できなければ志望校には合格できないといっても過言ではありません。

私が受験生の時に、1ヶ月で英語長文をスラスラ読めるようにしたトレーニング方法をお伝えしています!
1ヶ月で40前後だった偏差値が、70を超えるようになり、模試の全国ランキングにも掲載されました。
その勉強法を詳しく解説しています!
勉強や受験に関する相談も受け付けています!



Copyright© 大学受験の偏差値上がる勉強法 , 2020 All Rights Reserved.